64(ロクヨン)

ドラマ『64(ロクヨン)』詳細

放送期間 2015年4月18日 – 5月16日
放送局 NHK
話数 全5話
キャスト ピエール瀧
木村佳乃
永山絢斗
入山杏奈
新井浩文
山本美月
段田安則
柴田恭兵
尾美としのり
ほか
公式SNS 公式HP
イントロダクション

D県警の広報室と記者クラブが、加害者の匿名問題で対立する中、時効の迫った重要未解決事件「64(ロクヨン)」の被害者遺族宅への警察庁長官視察が1週間後に決定した。わずか7日間で幕を閉じた昭和64年に起きた、D県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」。長官慰問を拒む遺族。当時の捜査員などロクヨン関係者に敷かれたかん口令。刑事部と警務部の鉄のカーテン。謎のメモ。そして、長官視察直前に発生した新たな誘拐事件は、ロクヨンをそっくり模倣したものだった・・・。

出典:公式サイト

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『64(ロクヨン)』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

※現在『64(ロクヨン)』は配信されていません。

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
(NHKオンデマンド)
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD
×
配信
なし
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『64(ロクヨン)』を見逃し無料視聴する!

▼映画版『64-ロクヨン-(主演:佐藤浩市)』はU-NEXT(NHKオンデマンド)で配信中!
※ドラマ『64(ロクヨン)』は現在配信されていません。ご注意ください。

U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ

ほか動画配信サービス詳細

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画
Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『64(ロクヨン)』感想コメント

ミステリーの名手 横山秀夫の原作を忠実に再現したこの作品。D県で発生したある誘拐事件、その事件経過は昭和64年に発生した女児誘拐殺人事件と酷似していた。犯人は誰で何の目的を持っているのかという推理劇としてももちろん、新聞記者であった横山氏が描く報道陣と県警の駆け引きには大きな説得力と危ういスリリングがあり、社会事件における報道の有り様に対しても大きく切り込んだ面白さが感じられる。個人的な一番の見どころは、被害女児の父親役の段田安則さんの凄みある演技と、小道具の一つである古ぼけた電話帳。皺が寄り所々黒ずんだりもしているその使い込まれた電話帳一つが画面に映るだけでも、何が何でも犯人を追い詰めたいという信念を感じた。(30代女性)

一週間だけ存在した「昭和64年」に起きた誘拐殺人事件を巡る壮大な人間ドラマで、単なるミステリーを超えたスケールの大きさに圧倒された。ピエール瀧が今までのイメージを覆して様々な局面で思い悩む刑事に扮するなど主役から脇役まで見ごたえのある演技合戦に魅了された。(50代男性)

原作を知らずにドラマに目を通したけれど、十分過ぎるほどに楽しめて大満足と言うほかありません。そして、お目当てにしていた木村佳乃さんも、やっぱり素敵な女優さんであることをしみじみと実感できて良かったです。(20代女性)

見応えのあるサスペンスドラマでした。7日間しかなかった昭和64年に起きた誘拐殺人事件は未解決でした。犯人に振り舞わされる父親の姿には涙がでました。警察に不信感が残り、14年後に再び似た事件が起こり、三上が広報官として事件に関わるのは、因縁だと思います。しだいに真実にたどりついていくときには目が離せませんでした。父親が犯人を探すために、電話帳の初めから電話をかけ続けた執念は悲しかったです。(60代女性)

子供の行方不明になった所が、凄かったです。警察たちが動い行く所もかっこよかったです。出演している俳優陣が、豪華で、素晴らしい作品でした。いい話でした。事件の解決していく所が、凄かったです。勉強にもなりました。(20代女性)

関連作品