ハチワンダイバー

ドラマ『ハチワンダイバー』詳細

放送期間  2008年5月3日 – 7月19日
放送局 フジテレビ
話数 11
キャスト 溝端淳平
仲里依紗
安田美沙子
富澤たけし
伊達みきお
木下優樹菜
渡辺哲
小日向文世
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション
一度はプロ棋士の夢をあきらめ、場末の棋場で賭け将棋で日銭を稼ぐ「真剣師」に身を落としていた主人公・菅田が、巨乳でメイド服の「謎の女」の手ほどきで、毎回、強烈なキャラクターの敵たちと対局し、派手なバトルを繰り広げる。
菅田は、集中すると81マスの将棋盤に“潜り”、最高の手をイメージすることができる通称「ハチワンダイバー」だった。
原作マンガでは賭け将棋の「真剣師」の道を行く、という設定だが、今回のドラマ化では“野望”を再燃させた主人公が賭け将棋へのガサ入れをきっかけに、アンダーグラウンドの世界から次第に這い上がり、本物の棋士を目指す、という“なりあがりドラマ”の世界観を導入する。毎回、現れる強敵を倒すたびに、主人公は本物の「棋士」へと一歩一歩近づいてゆく。そして、巨乳メイドとの恋の行方は!?
出典:FOD
各話あらすじ
第1話

菅田は、賭け将棋を生業とする真剣師として圧倒的な強さを誇る。菅田はかつてプロの棋士養成機関「奨励会」でプロを目指していた。そんな菅田の強さは評判となり、やがて対局相手がいなくなる。そんな折、どんな金額でも相手をする“受け師”がいると聞き、会いに行く。菅田が将棋道場を訪ねると“受け師”は対局中だった。菅田は“受け師”を見て驚く。年若い女性だったからだ。菅田は、その女性・中静そよに一局5万円の勝負を頼む。そよはそれを受けると、“持ち時間10分切れ負け”での勝負を提案する。つまり、持ち時間の10分を消化した時点で負けというルールだ。菅田は逆に“5分切れ負け”を提案。対局が始まった。7分58秒後・・・負けたのは、菅田だった。アパートに戻った菅田はショックから立ち直ると、そよへのリベンジを誓い、再び将棋の勉強をしようと意気込む・・・が、あまりの部屋の散乱ぶりに、目当ての本が探せない。勉強の前に掃除だと気負ってはみるが断念。そこで、清掃代行サービスを頼む。ほどなくして、清掃サービスのスタッフと称してやってきたのは、セクシーなメイド服姿の女性だった。とまどいながらも女性の顔を見た菅田は衝撃を受ける。そよにそっくりなのだ。思わず、「“受け師”さん?」と尋ねた菅田に、彼女は・・・。

第2話

81マスの将棋盤の底に潜り、必殺技を手に入れるという不思議な体験をした真剣師・菅田は、再び“アキバの受け師”の中静そよと対局する。相変わらず鋼鉄のような受けをするそよに菅田はたじろぐが、真剣師・飛鷹に勝ったときのように、再び将棋盤へ潜ろうとする。しかし、なぜかダイブができない。動揺する菅田だったが、結果、時間切れで負けてしまう。所持金がわずかとなった菅田は、将棋センターで客に声をかけるが、強いと評判の菅田に相手は見つからない。勝ち過ぎるとろくなことがない、真剣師・角田からそう言われたとき、荒稼ぎをしていると噂の真剣師・桂が入ってくる。菅田は桂と10万円の勝負に挑む。追い詰められた菅田は潜ろうとするが失敗し、またもや時間切れに。あきれながらも10万円を立て替えてやった角田は、真剣師の正しい稼ぎ方を教えてやると言い、菅田を将棋サロンへ連れて行く。角田が伝授したのは、顔が知られていない場所で負けながらカモを探すという方法だった。菅田の脳裏には、「自分の将棋に嘘をつくな、プロを目指すなら常に高みを目指して指し続けろ」という師匠・鈴木歩人の言葉がよみがえる。そして、菅田は凶悪な敵・マムシとの対決に挑む。そこで彼を待ち受けるものとは・・・。

第3話

菅田健太郎は、“受け師”の中静そよに連れられ、ホームレスの真剣師・二こ神と対局することに。健太郎を3人の“本物の真剣師”と対戦させると言うそよが、1人目に選んだのが二こ神。二こ神を訪ねた健太郎に初老の真剣師は、本物の真剣とは意地とプライドを賭けて戦うものだと言い、お前にとって命の次に大事なものは何かと尋ねる。答えに困った健太郎は二こ神に同じことを尋ね、あなたが勝ったらどうするかと迫る。すると、二こ神は自分が勝ったらそよの胸を揉むと返答。そよが居心地の悪さを感じる一方、「オッパイとはロマンだ」と言う二こ神の気持ちが理解できる健太郎は、自分もオッパイを賭けると宣言する。20分切れ負けの勝負の中、健太郎は二こ神の指し手が江戸時代に生まれた「雁木の構え」であることに気づく。自信の手なのだろうが、そんな古い戦法に負けるわけがないと健太郎は強気に攻めるが、次第に押されていく。
そんな中、健太郎は幼少の頃にこの戦法が流行ったことを思い出す。それは、神野神太郎という強豪が「雁木の構え」でアマチュア名人戦三連覇という偉業を成し遂げたことがきっかけだった。ちなみに、神野神太郎は、名前に神がふたつあることから“二こ神”と呼ばれていた。記憶がよみがえった健太郎は、この初老の男が二こ神と呼ばれていたことを思い出す。

第4話

菅田は、中静そよの指示で売れっ子マンガ家の文字山ジローと戦うことに。超高級車を乗り回す文字山は、ハンパなヤツが嫌いだと、プロになり損ねた菅田を見下すような態度を取る。菅田が苦々しい思いをする中、文字山は「人生を賭けてみないか?」と言い、菅田が敗れたら、自分の下で働きながらマンガ家を目指してもらいたいと条件を提示。冗談のような提示に面食らうが、文字山と対局したい菅田はこれを飲む。そして代わりに、自分が勝ったら文字山が描くマンガの主人公を自分をモデルにした『ハチワンくん』に変えてほしいと条件を出す。そして、対局開始。先手の菅田が第一手を指すと、それまで黙って盤を睨んでいた文字山が、何やらブツブツ言いはじめる。怪訝な顔をする菅田に文字山は、しゃべっているのは自分ではなく駒なのだと説明。荒唐無稽な話だが、自信満々に言う文字山を見ているとあながち作り話には思えない。一方、菅田は文字山が組む「穴熊」という戦型に押さえ込まれてしまう。時間が経過する中、よくなる筋が見えてこない菅田は将棋盤の底に“ダイブ”する。そして、必殺技を手に入れると、俄然強気な姿勢で攻めはじめ、とうとう文字山を押さえ込む。勝利を予感した菅田は、笑みを浮かべ文字山を見る。ところが、文字山は微笑んだまま「このストーリーは、読んでいた」とつぶやく。

第5話

菅田健太郎は、中静そよが見守る中、売れっ子マンガ家・文字山ジローと互いの人生を賭けた勝負に挑み、追い込まれていた。ピンチの中、菅田は、文字山に局面を読ませるという無謀な賭けに出る。失うものがない菅田が余裕を取り戻す一方、ペースを狂わされた文字山は、救いを求めるように盤上を見つめる。すると、文字山の精神世界に現れる、しゃべる駒たちまでもが焦った様子で悲鳴をあげ始める。そして、敗戦が色濃くなる中、それでも駒たちに励まされた文字山は粘りを見せ、猛烈な指し手で攻めに転じる。そんな文字山に対し、菅田も一瞬で駒を指し返しチェスクロックを叩く。怯んだ方が奈落の底へと突き落とされてしまう、まさに真剣勝負の応酬だ。そよも、角田と飛鷹も、固唾をのんで戦況を見守る。ふたりの男の意地とプライドを賭けた戦いは、やがて、もっとも軽いとされる「歩」で劇的な幕切れを迎える・・・。
数日後、アパートに戻った菅田は、郵便受けに自分宛てではない封書を見つける。どうやら、隣人・六車里花のものが間違って配達されたらしいのだが、「六車里花」という宛て名を見た菅田の脳裏に、幼少時代のある記憶がよみがえる。その後、菅田は3人目にして最強の対戦相手・斬野シトと戦うことになる・・・。

第6話

菅田健太郎は、勝てば中静そよを自分のものにすると宣言した3人目の対局相手・斬野シトに敗れてしまう。その結果に呆然とする菅田は、気づくと二こ神の小屋の前にいた。そんな菅田の事情を察した二こ神は、オッパイを揉んだことが敗戦の原因だろうと見解を示す。菅田は否定しようとするが、あることに思い当たる。数日前、メイド姿のそよに抱きしめられたとき、オッパイの感触を知ったのだ。まさか、そんなことで・・・と半信半疑の菅田に二こ神は、必死で積み上げてきたものの隣に1秒で鎮座するのが「女」なのだと諭す。オッパイの感触を知った今、菅田の棋力は半分になっているという二こ神。その力を戻すためにも弟子になれと迫るが、自分には師匠・鈴木歩人八段がいるからと断る。
そんなところへ、男が二こ神を訪ねてくる。20年前に二こ神が打ち負かした、プロ棋士・海豚一郎だ。二こ神に再会した海豚は、自分を凌ぐ棋力の持ち主の二こ神が落ちぶれていることが信じられないという。その後、ふたりは一局交えるが、海豚が二こ神に対して、見下したような発言をする。これを聞いた菅田はカッと熱くなり、アマチュアのプライドに賭けて、二こ神に勝ってほしいと願う。そんな思いが通じたのか、二こ神は自信をのぞかせる。そして、自分が勝ったら弟子になれと念を押すように言うと、菅田はついに「はい!」と返事をする。

第7話

菅田健太郎は、斬野シトと再び対峙した将棋道場で、ガラスケースに入れられたみるく/中静そよを目撃する。それは、本職が人形師の斬野が作った等身大の人形だという。体の細部まで再現していると聞いた菅田は、自分が勝ったら人形をもらうと宣言するが却下され、代わりにそよへの告白を賭けることに。すると、そこにそよが現れる。そよに気持ちを知られた菅田は、対局に集中できない。そこで、告白を忘れてくれと頼むが、簡単には忘れられないと言われ、ますます混乱する。そんな菅田にそよは、「勝って!」と声をかける。これで自分を取り戻した菅田だが、間もなく苦しい局面に陥る。すると、突然、大声でそよへの告白を始める。その叫びを断ち切るように、冷酷に指し返す斬野。追い詰められた菅田は、無言のそよに対し、自分が勝っている間だけは嫌わないでほしいと懇願。そよが同意すると、力をみなぎらせ“ダイブ”する。
対局が終わると、角田と飛鷹がやってくる。ふたりが『鬼』の駒を見せるとそよの表情が変わり、その駒に通じる組織を潰そうとしていると明かす。しかし、それは命を賭けた戦いになると言うと、菅田は一緒に戦うと乗るが、角田と飛鷹は去っていく。そんなところへ、突然、女子高生が入ってきて菅田を飛び蹴りする。彼女を見て驚く菅田にそよが尋ねると、彼女は菅田の妹だと言い・・・。

第8話

菅田健太郎は、そよと妹・歩美とともに、みさきに連れられある雑居ビルの屋上へやってくる。怪しげな男に先導され、賭場へ入った菅田は中を見て驚く。そこに、さまざまな花で色鮮やかに飾られた、幻想的な異世界が広がっていたからだ。そして、そこには2人の男がいた。春日京介と弟・智也だ。最近、“春日兄弟”として人気の芸術家だが、その裏で「鬼将会」のメンバーとして活動する真剣師だという。そして、智也の側には口をふさがれ椅子に縛られている六車里花の姿もある。

そんな中、偽物の「鬼将会」の駒をばらまいた罰だといい、歩美が捕まり猛毒を飲まされる。毒は即効性で、解毒剤を飲まないと2時間で死に至るという。それを聞いた菅田は、解毒剤を奪おうとするが取り押さえられてしまう。すると、京介は、「真剣」で自分たちに勝てば解毒剤をやると宣言し、京介、智也も自ら毒を飲み干す。お互いの命を賭けて「真剣」に臨む――それが、鬼将会の将棋だというのだ。歩美の命がかかった菅田は、勢い込んで将棋盤に向かうが、そよは自分が戦うと言って菅田を退ける。菅田が冷静さを失っていると判断したのだ。そして、そよと智也の真剣が始まる・・・。同じ頃、鈴木歩人八段の自宅に、「鬼将会」からの封筒が届いていた。そこには、彼らの目的とも思われるものが書かれていて・・・。

第9話

菅田健太郎は、そよと妹・歩美とやってきた鬼将会本部で、歩美から自分も鬼将会だと明かされる。突然の告白に驚愕する中、歩美はそこにピアノがあるかのように、宙で手を動かし始める。菅田には聴こえないが、そよにはそれがショパンの「革命」として聴こえる。鬼将会は、夢を奪われた者たちの革命の場所だと言う歩美。彼女も菅田に夢を奪われたひとりだという。歩美は菅田よりも将棋の才能がありプロを志すが、経済的な理由から諦めざるを得なかったのだ。それを恨み、兄を倒そうと鬼将会に入ったという。歩美は菅田に向き合うと、対局を迫る。負けたほうが、将棋を捨てることを条件にした勝負だ。拒めばそよが傷つけられると知った菅田は、それを受けることに。歩美は絶対音感の持ち主で、菅田が指す駒の音を音符に言い換えたり、そのときの精神状態までをも言い当てる。宙でピアノを弾きながら、両手で駒を指すという独特のスタイルだが、リズミカルに手を繰り広げる歩美に菅田は引きずられる。
同じ頃、プロであるが故に、鬼将会に立場を狙われている鈴木歩人八段は、鬼将会に菅田が立ち向かっていることを聞かされ、ある決断をする。数時間後、菅田がそよと鬼将会の廊下を歩いていると、ひとりの男を見る。大将に違いないと思い声をかけると、男は振り向いてあいさつをする。男は、菅田の奨励会の同期、粕屋義英だった。

第10話

菅田健太郎は、「鬼将会」大将・桐嶋清十郎が、中静そよの父親だと知り、愕然とする。一方のそよは、拳を握り締め、怒りに震えている。桐嶋はそよに、自分が憎ければ将棋で勝負しろと言うと、菅田が名乗り出る。
そして、命を賭けた対局が始まる。ところが、あらゆる戦術を吸収し、千手先まで見通せるという桐嶋に、菅田は手が出ない。桐嶋は、この程度の男では自分のいる将棋の高みには届かないと菅田を見限ったように言う。するとそよが、桐嶋は高みにいるどころか将棋を汚している、金に目がくらんだせいでプロになれなかったのだと反論。そして、自分は「関ヶ原の対局」のことを知っているのだと言う。「関ヶ原の対局」とは、18年前、東西の天才棋士が対局した真剣勝負で、関西最強の真剣師に対し、関東からはプロ入りを控えた桐嶋が選出。桐嶋は勝負には勝利するが、警察に踏み込まれ逮捕されてしまう。当然、プロ入りもなくなり、出所した桐嶋は荒れた挙句に「鬼将会」を作ったのだ。
しかしその後も、将棋に取り付かれ、家族も省みず、病弱だったそよの母・凪は亡くなる。それを聞いた菅田は怒りを爆発させるが、桐嶋は、最強の将棋を目指すとはそういうことだと言い、だから、菅田も師匠・鈴木歩人もダメなのだと切り捨てる。鈴木の名前を聞き、菅田は驚くが、16年前の凪が亡くなった日、桐嶋の相手をしたプロ棋士が、鈴木だったと知り・・・・・・。

第11話

菅田健太郎は、中静そよが父親・桐嶋清十郎の死を受け、「鬼将会」の大将を継ぐと宣言したことに驚愕する。鬼将会が最強であることを証明するために、すべてのプロを倒すと言うそよ。菅田はそんなそよに、あなたを倒してでも連れ戻すと宣誓。そして、ふたりの対局がはじまる。桐嶋の退会駒を得たそよは、父の魂が自分を導くといって、父と同じ戦法で菅田の手を見切り、早々に勝利を収める。そんなところへ、師匠・鈴木歩人八段がやってくる。師匠の顔を見た菅田は、父親への想いをさらなる力にしているそよには勝てないと明かす。菅田と対峙した鈴木は、何もない盤上に駒の配置を示すと、それが江戸の名人が残した詰め将棋であると言う。「大迷路」と呼ばれる超難関の百番で、鈴木がかつて桐嶋を破るために一晩かけて戦ったものだ。それをお前ならどう解くかと、鈴木は尋ねる。
“ダイブ”し覚醒した菅田は、目隠し将棋をするが、やがて行き詰まる。すると、鈴木は、それが今のお前の限界だ、将棋盤に潜るだけではこの難問を解くことはできないと言う。しかし、それでも諦めないという菅田の意思を知ると、将棋盤に潜るだけでは届かない境地があると教える。そこは、一局のすべてを悟り得る場所で、自分の殻を突き破らなければ到達しないという。しかし、そこにたどり着けば勝てると教えられた菅田は、力を得て、そよの元へ向う。

出典:FOD

YouTube関連動画


主題歌:新垣結衣「Make my day」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『ハチワンダイバー』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD

レンタル
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『ハチワンダイバー』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『ハチワンダイバー』はFODで配信中!

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画

各動画配信サービス詳細

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『ハチワンダイバー』感想コメント

漫画原作の作品はどうしても酷評されがちですが、溝端淳平さんや仲里依紗さんの振り切った演技がハマり役で勢いもあり、最後まで楽しませていただきました。そもそも将棋を取り扱う作品自体が少ない為、将棋ファンとしては実写化してくれただけでも大満足です。30代男性)

漫画が原作のドラマは沢山ありますが、このドラマはイメージが違いましたね。漫画を面白くリメイクしようとした意図は分かりますが、少しずれていた感じがします。キャストもイメージが違ったかな。秋葉の受け師なんて、もっとクールでもっとエロチックなイメージだし、主人公はもっと冴えないイメージの役者で、キーアイテムはコーヒー牛乳だと思うんだけどな。再度リメイクするなら期待します。(40代男性)

関連作品