悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』詳細

放送期間 2019年12月7日 – 2020年1月25日
放送局 フジテレビ
話数 全8話
キャスト 要潤
ベッキー
津田寛治
公式SNS 公式HP
イントロダクション

勝つためなら何でもする――
悪辣な手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司。
そんな事務所とは知らずにハローワークで紹介され就職してしまった事務員・日下部洋子。
ふとしたことから、洋子は御子柴がかつて、凶悪犯罪を犯した元少年Aであることを知り―――

岐阜県出身のミステリー作家・中山七里の大人気シリーズ既刊4作を贅沢に使用し、
二転三転する法廷劇をハイテンポに、
そして過去の罪と向き合う御子柴の苦悩をスリリングに描く。

どんな依頼人でも、どんな手段を使ってでも必ず勝たせる“悪魔の弁護人”
その戦慄の過去とは?

正義の意味とは?贖罪とは何か?
かつてないヒューマン法廷ミステリーの幕が上がる――

各話あらすじ
第1話『悪徳』

勝つためなら手段を選ばない“悪魔の弁護人”御子柴礼司(要潤)。失職中の日下部洋子(ベッキー)は、そうとは知らず御子柴法律事務所の事務員に採用されてしまう。そんな中、御子柴は主婦の津田亜季子(奥菜恵)による夫殺し裁判に興味を持ち、担当弁護士から強引な手で弁護を奪い取る。法廷で御子柴を敵視する次席検事・岬恭平(津田寛治)と対峙する御子柴。果たして御子柴の目的とは?二転三転の法廷ミステリーが幕を開ける!

出典:公式サイト

第2話『逆転』

洋子(ベッキー)は御子柴(要潤)がかつて凶悪犯罪を犯した元少年Aであることを知り動揺。親友で記者のあすみ(玄理)は「絶対に許せない」と御子柴を調べ始める。そんな中、御子柴は夫殺しの被告・亜季子(奥菜恵)が何かを隠していることに気付き、一路、亜季子の生家がある福岡に飛ぶ。一方、岬(津田寛治)は御子柴の狙いを図りかねていた。

出典:公式サイト

第3話『恩讐』

御子柴(要潤)の少年院時代の担当教官・稲見(勝野洋)が殺人容疑で逮捕される。入居していた老人ホームで介護士を殺害したというのだ。非合法な手段を取ってまで稲見の担当につく御子柴を、洋子(ベッキー)は不安な思いで見守る。一方、弁護士の宝来(本村健太郎)から御子柴が少年院時代の教官に復讐するつもりだと告げられた岬(津田寛治)は、再び法廷で御子柴と対峙することに。御子柴の目的は?稲見は本当に殺人を犯したのか?新たな裁判が幕を開ける!

出典:公式サイト

第4話『罪人』

無罪を拒絶する被告人・稲見(勝野洋)からクビを言い渡される御子柴(要潤)。それでも弁護を続けようと抗う御子柴。その様子に洋子(ベッキー)はある女性を訪ねる。そこで明らかになる御子柴の戦慄の過去!14歳で凶悪犯罪を犯した園部信一郎(大西利空)はなぜ弁護士・御子柴になったのか。稲見はなぜ下半身不随になったのか・・・。衝撃のエピソードゼロ解禁!そして、裁判は思わぬ方向へ・・・。

出典:公式サイト

第5話『呪縛』

「俺が必ずあんたを救ってみせる」ついにつかんだ逆転勝訴への糸口。御子柴(要潤)と洋子(ベッキー)は、稲見(勝野洋)を救う手がかりを求め奔走する。一方、検事の岬(津田寛治)は稲見を呼び出し、改めて問う。少年時代の御子柴と同じように罪を償わないのかと。事件に隠された真実とは?稲見の沈黙の意味は?裁判は誰もが予期しない衝撃の結末を迎え――

出典:公式サイト

第6話『母親』

ある日突然事務所を訪れた女性は、なんと御子柴(要潤)の妹・梓(森脇英理子)だった。依頼内容は――殺人容疑で逮捕された御子柴の母・郁美(浅野温子)の弁護。御子柴は拘置所の郁美と30年ぶりに対面する。郁美は、資産家の夫を自殺に見せかけて殺害したとして逮捕されたが、容疑を全面否認。しかし、物証も動機も完全にそろっており状況は最悪だった。果たして郁美は本当にやっていないのか

出典:公式サイト

第7話『暴走』

資産家保険金殺人の裁判は検察側の攻勢が続く。御子柴(要潤)をほうふつとさせる岬(津田寛治)の強引な攻撃に追いつめられる御子柴。そんな中、被告人・郁美(浅野温子)と御子柴(要潤)が親子であることが発覚。御子柴の凄惨な過去と相まって裁判は世間の注目を集め、妹である梓(森脇英理子)もまたマスコミの標的となってしまう。加熱する報道の中、御子柴はあすみ(玄理)の取材を受ける。しかし、その記事が洋子(ベッキー)をも窮地に追いやることになってしまい・・・・・・。

出典:公式サイト

第8話『贖罪』

犯罪者である自分に人は救えないのか・・・追いつめられる御子柴(要潤)。一方、岬(津田寛治)もまた自身が信じる正義に迷いを抱き始めていた。そんな中、洋子(ベッキー)は郁美(浅野温子)と梓(森脇英理子)を救うため事件を調べ続ける。裁判の継続すら困難な中、新しい事実をつかむ洋子。そして明らかになる壮絶な悲しい真実。御子柴は郁美を救えるのか?罪の償いに終わりはあるのか?正義の意味を問う衝撃の法廷ミステリー、慟哭の最終回!!最後の法廷の幕が上がる!

出典:公式サイト

YouTube関連動画

Lefty Hand Cream『ポーカーフェイス』Music Video / オトナの土ドラ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」主題歌

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD

見放題
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』はFODで配信中!

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画

各動画配信サービス詳細

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』感想コメント

“かつて未成年だった頃に「殺人犯」として世間を騒がせた男が成年後弁護士となって、様々な事件と関わっていくうちに自分の過去とも向き合わざるを得なくなるという設定が
斬新で、これまでにない法廷ドラマだと感じた。
主人公を演じた要潤の「新境地」ともいえる「常に謎めいている雰囲気」も印象に残った。”(40代男性)

元犯罪者が、弁護士にあるという面白いバックグラウンドで、話も意外性に満ちていて毎回どうなるのか興味津々でした。くらい話しで終わってしまいそうなところに、ベッキーのキャラクターが優しい感じで全体をまとめていて、彼女が本当に弁護士とはないかを考えたり、主人公のキャラクターを理解しようとすることろもよかったです。(40代女性)

弁護士である主人公、御子柴が抱える心の闇。かつて殺人を犯した犯罪者だったとは、今の姿からはとても想像出来ませんでした。御子柴の逮捕により、崩壊してしまった家族。犯罪を犯すという事は、その家族の人生までも巻き込んでしまうという事を改めて感じました。(30代女性)

このドラマの原作を書かれているのが中山七里さんとあって、非常に安心感を持って観ることができたのが個人的には1番良かったなと思いました。また、主演を務めた要潤さんをはじめとする出演者の圧巻の演技力に引き込まれたのも最高でした。(20代女性)

関連作品