ちゃんぽん食べたか

ドラマ『ちゃんぽん食べたか』詳細

放送期間 2015年5月30日 – 8月1日
放送局 NHK
話数 全9話
キャスト 菅田将暉
本郷奏多
間宮祥太朗
泉澤祐希
森川葵
西田尚美
遠藤憲一
ほか
公式SNS 公式HP
イントロダクション

小説家としても活躍するシンガーソングライター・さだまさしが描く、涙と笑い満載の自伝的青春物語。
昭和40年代初頭、ひとりのヴァイオリン弾きの子供が、天才少年と期待されて、たった一人で長崎から上京し下宿生活。折から70年安保の騒ぎの頃にヴァイオリンに挫折。
それでも音楽への道断ちがたく、気づけば「グレープ」として歌い始めたていた・・・。
友人・先生・アルバイト先のおじさんなど、様々な人に囲まれて、少年が青年へと成長するまでを、高校・大学時代を中心に描く物語です。

※「食べたか」とは長崎ことばで『食べたい』という意味。

出典:公式サイト

各話あらすじ
第1話

天才バイオリン少年として、両親の期待を背負って単身上京をした雅志(菅田将暉)は、高校2年生。一流のソリストを目指してバイオリンの練習を繰り返す日々だったが、音楽系の高校受験に失敗して以来、自分の目標に疑問を持ち始めている。新しいクラスでは「ラブ・ミー・テンダー」を歌いながら好きな女の子に告白する少し変わったクラスメートのために、オリジナルのラブソングを作曲するはめになり、バイオリンに集中できない。

第2話

相変わらずバイオリンに精を出さなければならない雅志(菅田将暉)。そんな折、学校では文化祭の催し物を決めることに。文化祭とはいえ、毎年研究発表しかできないことに反発した雅志のクラスでは、雅志の一言で縁日をやることになる。文化祭は日曜日、バイオリンのレッスンのある日だ。しかし、そこでトラブルがおき、雅志は学校に残るはめになり、レッスンに大遅刻してしまう。青春を楽しむこととバイオリンとの間で雅志は悩む。

第3話

バイオリンのレッスンが気になりつつ、友人の誘いでバンドを始める雅志(菅田将暉)。コンテストに出場するために日々特訓していた。ある日練習をしていると、他のバンドがやってきて雅志たちの演奏をからかう。コンテスト当日、雅志たちの出番が終わり、くだんのバンドの演奏。ギタリスト・古田(本郷奏多)のテクニックに衝撃を受ける。一方、学校では、女優オーディションに参加した洋子(森川葵)が学校をやめることになり…。

第4話

ある日、友人の樫山(間宮祥太朗)が、雅志(菅田将暉)の下宿に古田(本郷奏多)を連れて現れる。はじめはコンテストの落とし前をつけるために古田の元に向かった樫山だったが、すっかり意気投合して、家出をしてきた古田を雅志の下宿に預けにきたのだった。数日間、古田と寝食を共にする中で、雅志は古田の音楽に対する真剣さにうたれる。雅志は、両親に電話をして、今一度バイオリンに真剣に向き合うことを約束するが…。

第5話

高校3年生となり、進路を決めなければならない雅志(菅田将暉)たち。そんな状況の中、友人たちと学生運動のデモに参加することになる。思想などは関係なく、パンがもらえるというからだ。機動隊との衝突に巻き込まれた雅志たちを救った大学生・太田(落合モトキ)と出会う。太田はいわゆる高等遊民で、学生運動にも背を向け日々を破滅的に生きていた。そんな太田の生き方を反面教師に、雅志は自らの将来と向き合うことになる。

第6話

高3になり、雅志(菅田将暉)には卒業後の進路を決める時期が迫っていた。雅志は一流のバイオリニストになるべく、芸大の音楽科へ進むことを望みつつ、本当にそんなふうになれるのかという不安を抱えていた。自分は一流のソリストになれるのだろうか? なれなければ、全て無意味なのではないか? 思い悩んだ末、雅志はバイオリンと決別する決意をする。夏休み、雅志は両親にバイオリンをやめることを伝えるが…。両親の反応は?

第7話

バイオリンを諦めた雅志(菅田将暉)は、大学生になった。友人の古田(本郷奏多)や樫山(間宮祥太朗)は、大学生活を続けながらキャバレー回りのハコバンに加入するという。菊田(泉澤祐希)は病気の父親(阿南健治)のかわりに店を継いだ。皆それぞれの道を見つける中、雅志は気まぐれにアルバイトを始める。器用な雅志は、アルバイト先の工務店の社長(徳井優)に気に入られ、正社員として働くことを薦められるが…。

第8話

雅志(菅田将暉)は居酒屋でアルバイトをすることに。程なくして店主・野沢(皆川猿時)が都合により休業してしまう。収入の無くなった雅志は、バイオリンを質入するまでに追い込まれる。帰ってきた野沢は実はギャンブルにはまり借金を作っていた。仕事を全て雅志に任せ、またばくちに出かける野沢。憤りの中で雅志は何かを吹っ切るように働く。一方、樫山(間宮祥太朗)がバンドを辞めてきたという。その手には質入したはずの…。

第9話

体調を崩してしばらく実家の長崎へ帰ることにした雅志(菅田将暉)。心身ともに立て直し、一から出直すつもりであった。帰郷した雅志を両親は温かく迎えてくれる。一方、古田(本郷奏多)は、ドサ回りのバンド生活に嫌気が差していた。そんな時、雅志の部屋で、雅志が書きためていた譜面を見つける。そして、突然長崎の雅志のもとを訪れる。雅志と古田は暇に任せて音楽を作り始める。やがてその曲が周りの関心を呼ぶことになり…。

出典:NHKオンデマンド

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『ちゃんぽん食べたか』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
(NHKオンデマンド)

見放題
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD
×
配信
なし
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『ちゃんぽん食べたか』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『ちゃんぽん食べたか』はU-NEXT(NHKオンデマンド)で配信中!

U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ

ほか動画配信サービス詳細

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画
Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『ちゃんぽん食べたか』感想コメント

菅田将暉さんのさだまさしさんをモデルとした横分けの髪型が新鮮でした。文化祭で落語を演じさせられたりして面白かったです。友人4人でバンドを組むことになり、最初に本郷奏多さんが技術が勝り、他のメンバーをバカにしてひねくれていたのですが、だんだん友情を結んでいくところが青春という感じで良かったです(50代女性)

さだまさしさんの自伝的な物語を、菅田将暉さんが主演で演じていましたが、普段のイケメンぶりがまるで封印されているかのようで、さだまさしさんになりきって演じていて、昭和40年代にタイムスリップした気分になれました。(40代女性)

バイオリニストの夢を背負い上京したものの、親の期待とは裏腹に挫折に苦しむ姿、親への辛い報告、高校で出会った友達とのバンド仲間との交流など、佐野雅志演じる菅田将暉さんの等身大の演技光っていました。昭和の独特の真面目な雰囲気も温かい交流など丁寧に描かれ自然と温かい気持ちになりました。吉田政美役の本郷奏多さんの洗練された雰囲気、菊田保夫役の泉澤祐希さんの親しみのある雰囲気が印象に残っています。(60代女性)

さだまさしの自伝をドラマ化した作品だが、バイオリニストになるべくまい進していた主人公が同級生と成り行きで組んだバンド活動に夢中になっていく顛末が賑やかかつ愛情深く主人公を支える家族の姿や夢を追うバンド仲間などがじっくりと描かれていて見ごたえがあった。(50代男性)

これが日本が誇る爆発的人気を手にしたカメレオン俳優菅田将暉さんかと、私の脳内では賛辞となる言葉の数々が次から次へと溢れていきました。彼が様々な作品に呼ばれて、たくさんの人を虜にする、その所以が詰まっている気がしてならなかったです。(20代女性)

関連作品