だから私は推しました

ドラマ『だから私は推しました』詳細

放送期間 2019年7月27日 〜 9月14日
放送局 NHK
話数 8
キャスト 桜井ユキ
白石聖
細田善彦
松田るか
笠原秀幸
田中珠里
松川星
天木じゅん
澤部佑
村杉蝉之介
公式SNS 公式HP
イントロダクション

地下アイドルと出会い、オタク沼にハマったOLを待ち受ける意外な運命とは―。

「他人からのイイネが無いと不安…」 「みんなが良いって言うものしか良いって思えない…」
そんな生きづらさを抱えるヒロインの人生を変えたのは、一人の冴えない地下アイドルだった…。 自ら愛したものに突き進むヒロインの転落と成長を、“地下”のディープな世界の中で描いていきます。

出典:公式サイト

各話あらすじ
第1話

リア充に見られたいアラサーOLの遠藤愛(桜井ユキ)は、友人の中でちょっとした見栄を張る日々を送っていたが、結婚を意識していた彼氏からその姿がみっともないとフラれてしまう。失意の中スマホを落とした愛が拾い主(細田善彦)を訪ねてあるライブハウスへ向かうと、オタクたちの異様な熱気の中、地下アイドルのライブが行われていた。愛はその中で歌もダンスも下手な栗本ハナ(白石聖)を見つけ、そのみっともなさに自分を重ねる。

第2話

愛はハナを応援するために度々ライブへ顔を出すようになった。オタク仲間たちとも打ち解けてきた頃、ハナには瓜田(笠原秀幸)というストーカー気質のオタクがいることを知る。その闇は深く、運営のブラックさやハナの貧困状況も知った愛は、あまりの危うさに関わるのを辞めたい気持ちと、どうにかしてハナを助けてあげたい気持ちとの板挟みになって悩む。

第3話

瓜田撃退作戦を経て、愛とハナの距離が縮まった。オタ活に精を出し、仕事にもメリハリが生まれて愛の毎日は充実感を増すが、オタクであることは周囲に隠し続けている。小豆沢からは「所詮みんなが良いって言うものしか、良いって言えない奴だ」と鋭い指摘を受けるが、自分がドルオタだと認めることに抵抗感のある愛。そんなある日、愛はライブ会場の近くで会社の同僚と出くわしてしまう。

第4話

物語は前半戦クライマックスへ。サニサイが夏フェスにエントリーすることになった。推しを晴れ舞台に立たせるべく投票権を買い漁るオタクたち。愛もハナの夢を叶えてあげたいと思うものの、お金で夢を買うかのようなシステムに納得できず、複雑な思いを抱える。そんなある日、ライブ中にある出来事が起こり…

第5話

夏フェスから9か月。人気も知名度も上がったサニサイには様々な仕事が舞い込んでくるようになる。しかし忙しくなるにつれてメンバーのプロ意識にズレが生じ始め、センター花梨と、2番手の凛怜が大激突。やがてそれはオタクたちをも巻き込んだ代理戦争になっていく。そんなある日、ハナ推し・中立派の愛のもとに、意外な人物から連絡が来て…

第6話

不仲を乗り越えウェブCMへの出演を果たし、絶好調のサニサイとオタクたち。しかしある時からハナにまつわる黒い噂が出回るようになる。信じないと自分に言い聞かす愛だが、それ以来ハナの態度に裏があるように思えて、悶々とした気持ちになる。そんなある日、ライブ会場にハナの過去を知る人物が訪れた―。

第7話

物語はいよいよ最終章に突入。ハナの過去が暴露されたことで、愛はハナを推すことが出来なくなってしまった。グッズを捨て、オタクを辞めた愛。しかし運営がハナを切ろうとしている噂を聞き、居ても立ってもいられず小豆沢らとともにハナの本当の過去を探るために動き出す。自分が推してきたハナは虚像だったのか?それとも…。

第8話

愛の取り調べはいよいよ核心に迫り、瓜田に誘拐された時の詳細を語り始める。しかし担当刑事の聖護院は愛の供述内容がどうも腑に落ちない。取り寄せた防犯カメラの映像を再度チェックしたうえで、聖護院は一つの推理を語り始める…。果たして事件の全容とは?「推し」との出会いが愛にもたらしたものとは?愛はオタク沼の果てに何をみたのか、衝撃と感動の最終話。

出典:公式サイト

YouTube関連動画

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『だから私は推しました』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
(NHKオンデマンド)

見放題
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD
×
配信
なし
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『だから私は推しました』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『だから私は推しました』はU-NEXTで配信中!

U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ

ほか動画配信サービス詳細

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画
Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『だから私は推しました』感想コメント

NHKさんは、特撮オタクのドラマも放映していましたが、本作もアイドルオタクの話でとてもおもしろかったです。彼女がアイドルを推すようになった理由も共感できたし、カミングアウトとか、自分でオタクではなくてファンだと言い張るところとかオタクあるあるでおもしろかったです。主人公が推しているアイドル役の白石聖さんがほんとかわいらしく、私まで推したくなりました。(30代女性)

アイドルとそれを推すオタクの話ってだけ聞いて見始めたんだけど、いやこれは凄いよ。地下アイドルの現場の、こういうオタクいるよね!が詰まった感じとか、アイドルを推す心境とか、分かる〜〜!!ってなる感じが良かった。最初は推しを見つけてそれを推していくキラキラした話なんだけど、だんだんサスペンスぽくなるのもハラハラして面白かった。これが放送されてた時、ドラマの感想でハッシュタグ付けて呟く人を見て、ドラマ知らない人が自分の推し語りしてるのがちょっとあれだったな…(私は感想が見たかったので)(推しを紹介するタグだと勘違いしたんだろう)。まあでも「だから私は推しました」って使い勝手良すぎるから仕方ないか。桜井ユキが本当に最高でした。(30代女性)

このドラマで桜井ユキさんを初めて認識したのですが、こんなに上手な人どこに隠してたの、と思うぐらいハマり役で良かったです。どんどんアイドルに夢中になっていく感じとかリアルでした。最終回で、えっと思わせてくれるので、最後まで飽きずに楽しめました。(40代女性)

なんでなのかははっきり説明できないけれど、澤部佑さん好きだわと何度となく思いました。全体の雰囲気というか醸し出しているオーラのようなものが、観ている人を自然と落ち着かせる効果があるのかもしれないという気がいました。(20代女性)

地下アイドルとファンたちの様子を楽しいことだけではなく、闇の部分についても描かれていてリアルだと思いました。冒頭から気になるシーンで始まるので一体何が起こるのだろうと毎回ハラハラしながら観ていました。(30代女性)

大人になっても、何かにはまることができるのは羨ましいなと思いました。周りの目ばかりを気にしていた自分を自分で変えた所もスカッとしました。何かに夢中になる人はすごく素敵です。大人の女性が女性アイドルに夢中になるドラマは、今までなかった感じで新鮮なドラマでした。(30代女性)

NHKが地下アイドルの世界を本気で描いた傑作ドラマです。地下アイドルグループと、その子たちを推すファンたち。それぞれの事情を孕んだ独特の世界観がリアルに描かれていて、ネットがざわつきました。登場人物が皆それぞれの世界でがんばっている姿がなぜか痛々しいドラマです。(40代女性)

人に合わせてばかりで、自分の好きなものを言えなかった女性が地下アイドルに出会いその子を応援することにより本当の自分や、好きなものに夢中になる姿をかっこよく思えたりしてこちらまで勇気をもらえる作品だと思います。(30代女性)

最初から最後まで面白かったのでのめりこめました。愛ちゃんが最初、はなを自分の分身として見ていたように、私も最初、愛を昔の自分のように見ていた、気がします。昔はそんな言い方なかったけど、いいねが欲しくて、つまり人の評価ばかり気にして。そんな愛がだんだん変わっていくのが面白かったです。小豆さんとの関係も、一昔前のドラマのように面と向かって好きだ、とか、告白するわけでもなく、しかし周りにはちゃんとバレてるよ〜っていうそーゆーゆるい終わり方です、画面自体が時々、昔っぽいフィルターかかってるような感じのも良かったです。アングラぽくって。又、ラストライブのシーンも良かったです。(20代男性)

関連作品