同・級・生

ドラマ『同・級・生』詳細

放送期間 1989年7月3日 – 9月25日
放送局 フジテレビ
話数 13
キャスト 安田成美
緒形直人
菊池桃子
山口智子
勝俣州和
中井美穂
戸田研一郎
伊藤智之
山崎宗委
大関正美
宅麻伸
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション

有名広告代理店に勤める鴨居透(緒形直人)と学生時代の同級生の名取ちなみ(安田成美)を中心に、すれ違う男女の恋愛模様をロマンチックに描いたトレンディドラマ。

出典:FOD
各話あらすじ
第1話

ちなみ(安田成美)と透(緒形直人)は大学の同級生。ちなみが透のマンションに泊まり、次の日、肩を並べて学校へ行くというような仲。ちなみはバイト先にそのまま就職することが決まったが、透は目下、就職活動中。
ちなみはバイト先の上司、海江田(宅麻伸)に、透の就職をたのんでいた。ある日、ちなみは透を海江田に会わせた。ところが透は、「就職は自分でさがす」といって席を立つ。ちなみは「おとなげない」と怒る。そのとき透は同級生の堤(戸田研一郎)の名前を出した。ちなみと堤は元恋人。ちなみはこの言葉を聞き、さらに怒りが増して・・・。
今回は、同級生で恋人同士のちなみ、透の別れを。

第2話

ちなみ(安田成美)と透(緒形直人)が別れて1年3ヶ月。透は第一電報堂の営業部で働いている。杏子(菊池桃子)も同じ営業部。ちなみは東京リサーチの調査部。会社から帰った透はやりきれない寂しさ。ちなみに電話した。なんとなく他人行儀な会話。それでも「今度、みんなで会おう」と約束する。
そして、大学時代の仲間が集まった。だが、ちなみは上司の海江田(宅麻伸)から用事を頼まれ、銀座で彼と会っていて、出席できない。がっかりする透。
翌日、ちなみは透を電話で呼び出した。やはり、ぎこちない会話。気持ちが伝わらない。
今回は、1年3ヶ月ぶりに会うちなみと透を。

第3話

透(緒形直人)と杏子(菊池桃子)は湾岸に食事に行き、帰りにキス。杏子はとてもしあわせだ。翌日、二人はホテルで行われた新車発表パーティに出かける。
会場で透と杏子は、ちなみ(安田成美)と海江田(宅麻伸)と出会った。ちなみと杏子は初対面。4人はなんとなく気まずい思い。
次の日、ちなみと透は昔よくデートしたカフェレストランで会った。ちなみは杏子のこと、透は海江田のことが気になって話はかみ合わない。本当の気持ちが伝わらないのだ。
ちなみは海江田と飲んだ。酔ったちなみは海江田に「わたしを抱いてください」と迫った。
今回はギクシャクしたちなみと透の関係を。

第4話

ちなみ(安田成美)は透(緒形直人)に会いたい。透も同じ思い。しかし、透には杏子(菊池桃子)がいる。
海江田(宅麻伸)のはからいで、ちなみと透は、ビアホールで会った。「本当は2人が結ばれるべきだったかもしれない。でも今は杏子さんがいるし・・・。わたしは自分で誰か探さなくては」というちなみ。
船上パーティがあった。拓也(勝俣州和)、堤(戸田研一郎)、優子(山口智子)ら、同級生が集まった。ちなみも透もやってきた。その帰り、ちなみは透のマンションに寄った。そして留守番電話のボタンを押すと・・・。
今回は、相変わらずしっくりいかないちなみと透を。

第5話

茜(中井美穂)のかわりに見合いに出かけたちなみ(安田成美)は、向こうも代理で来た飛鳥(石田純一)が、ちょっと気になった。翌日、飛鳥に電話し、夜、バーで会った。茜、優子(山口智子)も一緒だ。
さて、茜は先日、酔っ払ったとき、拓也(勝俣州和)と一緒に寝ていたことが気になった。茜はちなみを引きつれ、拓也と会う。拓也の方も透(緒形直人)らとやってきた。茜と拓也にあの夜何があったか-。
本人たちもよくわからない。
その夜、ちなみと透はカゼをひいた杏子(菊池桃子)のことが気になって・・・。
今回は新たに出現の飛鳥を。

第6話

杏子(菊池桃子)が透(緒形直人)の母校を見たいという。その日、2人のほか優子(山口智子)、拓也(勝俣州和)、茜(中井美穂)も一緒に出かけ、校内を歩き回る。透は図書室に入る。ちなみ(安田成美)とキスしたことなどを思い出す。そんな透に杏子は「あなたの本当の気持ちを知りたい」と迫る。
その夜、透の部屋で杏子の誕生祝い。あらためて杏子は透の気持ちを確かめる。透はまだちなみのことが忘れられないでいる。
翌日、ちなみから透に電話。2人は公園で会った。透はちなみにはっきりと言った。「もう会うのはよそう」。
今回はちなみに別れ話を切り出した透を。

第7話

透(緒形直人)から「もう会うのをやめよう」といわれたちなみ(安田成美)はショック。飛鳥(石田純一)になぐさめられたが、翌日は会社を休んだ。
飛鳥は優子(山口智子)、茜(中井美穂)に、ちなみと透が別れた理由を聞く。優子と茜はちなみのアパートへ行く。ちなみは飛鳥からプロポーズされたことを話す。そしていままでも透が一番好きだということも。
飛鳥が透と会った。「ちなみさんに結婚を申し込んだ」と告げた。透の心は揺れ動く。一方、杏子(菊池桃子)はいまだにちなみの存在が気がかり。みんなモヤモヤした気持ち。
今回は、透と別れ、飛鳥にプロポーズされ揺れ動くちなみを。

第8話

ちなみ(安田成美)の心の中には、透(緒形直人)との楽しい思い出がいき続けている。それを大切にしたいと思っている。
ちなみは飛鳥(石田純一)に誘われて会いに行く。2人は土手っぷちのグラウンドで子どもたちの野球を見る。そのうち2人は野球の仲間入り。野球をやっていて飛鳥は足首を捻挫してしまった。ちなみは飛鳥を彼のマンションに送っていく。するとそこへ女性が入ってきた。2人はとても親しい感じ。ちなみは部屋を出る。
ちなみのところに透から電話。さりげない日常会話だった。そして、また飛鳥から会いたいと言ってきた。
今回は飛鳥との関係を深めていくちなみを。

第9話

ちなみ(安田成美)にプロポーズした飛鳥(石田純一)は、返事に関係なく結婚の準備を進める。返事がノーでも平気だという。ちなみは困る。
堤(戸田研一郎)は福岡に転勤することになった。あわただしい転勤で、日曜日に羽田空港から飛び立っていった。同級生たちが見送りに来た。堤と恋人の優子(山口智子)とのさわやかな別れ。
堤を見送ったあと、ちなみと透は公園で話した。2人ともたっぷりと未練はあるものの、もう元のサヤには戻りそうもない。ちなみは決意した。飛鳥を呼び出してプロポーズの返事を。
今回は飛鳥との結婚を決意したちなみを。

第10話

ちなみ(安田成美)は飛鳥(石田純一)のプロポーズを受け入れたものの、何か不安がある。飛鳥の方も同じ思い。どうしても透(緒形直人)のことが気になる。
透は杏子(菊池桃子)と結婚しようと考える。だけど、うれしいはずの杏子がなぜかさみしそう。
杏子もちなみのことが気がかりなのだ。
ちなみは飛鳥のマンションへ行く。二人で食事。一方、透の部屋では透と杏子が食事している。そして、ちなみは一人でマンションを出る。透は杏子を車で送っていく。杏子を送り届けた透はあてどもなく街を走る。ちなみも深夜の街をうなだれて歩く。
今回は、何か満ちたりぬちなみと透を。

第11話

あてもなく深夜の街をさまよっていたちなみ(安田成美)と透(緒形直人)が公園で出会った。透は2年前の二人に戻ろうという。ちなみは「とてもムリだ」と言って透を振り切って帰ろうとする。透は泣いていた。ちなみは思わず透を抱きしめてキス。二人はホテルに入った。ベッドに倒れ込み激しく求め合う二人。
そして翌朝。二人はどうしたらいいか-。
ちなみのアパートに優子(山口智子)と茜(中井美穂)がやってきた。ちなみはいない。透の部屋では杏子(菊池桃子)が一人でしょんぼり。飛鳥(石田純一)が必死でちなみを探す。
今回は再び結ばれるちなみと透。そして飛鳥と杏子は・・・。

第12話

ちなみ(安田成美)と透(緒形直人)はヨリを戻したが、二人とも何か心にひっかかるものがあった。ちなみは飛鳥(石田純一)にどなられ、透は杏子(菊池桃子)から「ウソつき」と言われた。
ちなみと透の同級生・優子(山口智子)、茜(中井美穂)、堤(戸田研一郎)、拓也(勝俣州和)らは二人のこれからのことを心配する。ちなみと透が一緒になるのが一番いいという意見、いや、ちなみは飛鳥、透は杏子と結婚すべきだとう意見にわかれた。当然二人の心は揺れる。
ちなみと透は話し合った。思い出深い母校へ出かけた。そして二人は結論を出した。
今回はヨリを戻したものの揺れ動くちなみと透を。

第13話

優子(山口智子)と茜(中井美穂)がちなみ(安田成美)と話し込む。優子らはちなみに、明日、飛鳥(石田純一)のところへ行けと言った。そのころ杏子(菊池桃子)は透(緒形直人)のマンションへ行き、キーを返した。
翌朝、ちなみは飛鳥のマンションへ行く。飛鳥はもうニューヨークへ旅立っていた。ちなみは飛鳥にあやまるためにニューヨークへ向かう。
そして一年後、拓也(勝俣州和)と茜の結婚式に、同級生が集まった。ニューヨークで飛鳥と暮らしているちなみだけは出席できない。出張で日本へ来た飛鳥が、ちなみの手紙を透に-。
今回は飛鳥と結ばれたちなみ、そして同級生たちの動静を。

出典:FOD

YouTube関連動画


主題歌:ZIGGY「GLORIA」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『同・級・生』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD

見放題
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『同・級・生』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『同・級・生』はFODで配信中!

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画

各動画配信サービス詳細

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『同・級・生』感想コメント

この年代の恋愛ドラマといえば、柴門ふみさんです。大学時代から交際していた緒方直人と安田成美は、就職してからそれぞれの仕事の事ですれ違う日々が続いてしまいます。そして、2人は別れますが、最後は思いもつかない結末に、とても納得しました。(40代男性)

このドラマからは同時の時代背景が色濃く出ていた作品だったと思いました。大学の中でのドラマや話し方や服装などが、今の若い人達からすると驚くんじゃないのかなと感じました。主演の緒形直人さんが今では演じない役柄なのも魅力的な点の一つだと思いました。(40代男性)

大学の同級生のちなみと透。在学中は仲の良い恋人同士だったが、安田成美さん演じるちなみが一足先に社会人としての地位に立つことで、同い年の彼が頼りなく見えてしまい、その関係が徐々に崩れてしまう。お互いに違う人を好きになっていくが、心の片隅でお互いを思い続けてしまう、切ない心模様が絶妙に描かれています。主題歌のGLORIAも切なくて好きでした。(50代女性)

当時のファッション、アーティスト、ゲームなどトレンディーな部分を出し切っているドラマです。現代では少し古く見えますが、かえって新鮮に見てしまいます。現代のように携帯電話がなかった時代のドキドキハプニングはたまりません。(40代女性)

当時、中学生だった私には大人の恋愛でドキドキしながら見ていました。同級生内で、付き合ったり、別れたり。未練タラタラの中別の人にプロポーズされOKしたのに、元彼と友達が付き合って結婚話が出ると略奪するという昭和の王道の恋愛ストーリーです。昭和女子は自己中ですね。主人公ちなみ目線で見るとドキドキするけど、杏子目線で見ると有り得ない一生友達信じられない話です。携帯電話もなかったから、すれ違い放題。でも、ちなみと透は偶然出会いがち、ありえない話だけどキュンキュンしちゃいます。今思うと、豪華メンバーです。今みると、大人目線で見れて別の感情で楽しめそうです。(40代女性)

関連作品