それでも、生きてゆく

ドラマ『それでも、生きてゆく』詳細

放送期間  2011年7月7日 – 9月15日
放送局 フジテレビ
話数 11
キャスト 永山瑛太
満島ひかり
風間俊介
田中圭
安藤サクラ
段田安則
小野武彦
柄本明
風吹ジュン
時任三郎
大竹しのぶ
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション

ある悲しい事件があった。15年の歳月を経て、本来会うことのない被害者の兄と加害者の妹が出会う。
このドラマは・・・
悲劇を背負った男と女の“魂の触れ合い”を軸に、時が止まってしまった家族が、明日への希望を見いだそうと懸命に生きる姿を描いた生きていくうえでの“勇気”を示す物語。
人を愛する“勇気”
人を信じる“勇気”
人と向き合う“勇気”
家族と向き合う“勇気”
事実と向き合う“勇気”
そして・・・
どんなにつらいことがあっても、どんなに悲しいことがあっても、それでも、生きていく“勇気”を描いた希望を見いだすドラマなのです。

出典:FOD
各話あらすじ
第1話

湖畔の釣り船屋『ふかみ』。深見洋貴(瑛太)は、ここで父の達彦(柄本明)を手伝いながら暮らしている。翌日は、15年前に亡くした妹、亜季(信太真妃)の誕生日。洋貴は亜季の顔をはっきりと思い出せなくなっていた。そんな時、達彦が倒れてしまう。
遠山双葉(満島ひかり)は婚約者から別れを告げられて帰宅。双葉の家族は、15年前から名字を三崎から母、隆美(風吹ジュン)の旧姓に変えていた。父の駿輔(時任三郎)だけが三崎を名乗っていたためか、家族は執拗な中傷に追い続けられ、耐え難い現実に双葉は行動を起こす。
達彦は重い病に冒されていた。洋貴が病院から夕暮れの釣り船屋に戻ると見慣れぬ女性、双葉がいた。洋貴は双葉を自殺志願者ではと警戒。空腹を訴える双葉のために洋貴が食料を買い出しに行こうとすると、弟の日垣耕平(田中圭)が車で達彦を連れて来た。達彦は病院を抜け出し、別れた妻、野本響子(大竹しのぶ)に会いに行ったらしい。会わせなかったと言う耕平は、達彦を洋貴に託して帰る。洋貴の家族は15年前の悲劇でバラバラになっていた。
達彦を落ち着かせた洋貴は、双葉とファミリーレストランへ。そこで洋貴は、15年前の悲劇・・・妹の亜季が殺害されたことを話す。犯人は洋貴の友人だった。洋貴がなぜか話す気になった亜季の殺害状況を淡々と語っていると、双葉はいたたまれずに店を出る。亜季を殺したのは双葉の兄、文哉(風間俊介)だった。

第2話

深見洋貴(瑛太)は三崎文哉(風間俊介)を見つけるのだが、遠山(三崎)双葉(満島ひかり)が「逃げて」と声を上げたため見失ってしまう。その時、洋貴の上着の中にはナイフが忍ばされていた。双葉は洋貴に文哉の妹だと明かす。洋貴はなぜ今まで文哉の居場所を探さなかったのかと問うが、双葉には答えられない。放っておいたら、さらに犠牲者が出るという洋貴を双葉は否定してしまう。敵だと宣言して立ち去ろうとする洋貴は、双葉から連絡先を書いたメモを渡されるが受け取らなかった。
双葉の家族は嫌がらせから逃れるため、またしても引っ越す。引っ越し先に着いた途端、警官が来た。付近で小学生の女の子が行方不明になっていたのだ。双葉に、洋貴から言われた言葉がよみがえる。
父、達彦(柄本明)の葬儀を終えた洋貴は、耕平(田中圭)が養子に入った家に誘われる。そこでは、母の響子(大竹しのぶ)も暮らしていた。洋貴は耕平から文哉と会ったことは話すなと口止めされたのだが、つい話そうとしてしまう。気まずい雰囲気から帰ろうとした洋貴は、車に乗るときに双葉から渡されたメモを見つける。
釣り船屋に双葉が来た。洋貴が呼び出したのだった・・・。

第3話

祭りの夜、深見洋貴(瑛太)と遠山双葉(満島ひかり)は、洋貴の母・響子(大竹しのぶ)、と弟の耕平(田中圭)の嫁・日垣由佳(村川絵梨)と出くわしてしまう。洋貴は双葉に響子を母だと紹介。しかし、響子の動揺を恐れた洋貴は、双葉が何者かは言わなかった。再び2人になると、洋貴は響子が自分を許していないと双葉に話す。そんな洋貴に、双葉は自分の家族が嫌がらせを受けていると打ち明けた。知り合うまでは洋貴を疑っていたという双葉。洋貴には、嫌な予感が走る。
遠山家は引っ越したのだが、嫌がらせが終わる気配はない。そんな時、バイトの面接帰りに双葉は響子と会い、ボウリングに誘われる。
その頃、洋貴は耕平から、響子がおかしな行動をとっていることを教えられる。
耕平が帰った後、湖でつり客の世話をした洋貴が店に戻ると双葉と響子が来ていた。洋貴は双葉を帰らせると、今度は響子におかしな行動はやめるように言う。しかし、響子はやめるわけないと言い放って出て行ってしまう。
店の近くで佇んでいた双葉は、再び響子と会う。そしてバスを待つベンチで双葉は、響子が抱える、亡き娘への思いを知る事に・・・。

第4話

深見洋貴(瑛太)は、遠山(三崎)双葉(満島ひかり)と彼女の家族が事件当時に住んでいた家の跡地で果物を見つける。それは、東京で2人が雨宮健二=三崎文哉(風間俊介)を見た時に、彼が残していった果物と同じ。洋貴は、文哉がつい最近ここに訪れたことを確信するが、双葉は否定的だった。
洋貴と双葉が釣り船屋に行くと、野本(深見)響子(大竹しのぶ)が来ていた。響子の様子がおかしい。響子は、双葉が遠山家の娘だと知っていた。興信所で教えられた住所をたどって、遠山家を訪ねていたのだ。双葉が帰ると、響子は事件当時の遠山家の様子を洋貴に話す。
双葉は深見の人々と会っている事を、家族に明かす。父の駿輔(時任三郎)、母の隆美(風吹ジュン)は過敏な反応を示した。妹の灯里(福田麻由子)が嫌がらせを警察に訴えようと言うのを、自分たちは加害者家族なのだと双葉が止める。すると、隆美が生まれる前の灯里に事件は関係ないとかばう。隆美の言い方に引っかかりながらも、双葉は深見家への謝罪を促すのだが、駿輔たちは取り合おうとしない。
出かけようとした駿輔は、双葉が拾った果物を見つけて日向夏だと教える。送ってもらう車の中で、双葉は東京で文哉を見た事を駿輔に話した。駿輔も数年前に文哉と会ったと言う。そして、駿輔は人を殺してしまった息子・・・文哉への思いを話しだす。

第5話

深見洋貴(瑛太)は釣り船屋『ふかみ』で、藤村五月(倉科カナ)に医療少年院で三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)の担当看護師だった東雪恵が行方不明になっていることを話す。事件性を疑う洋貴に、五月は文哉探しの協力を申し出た。そこに、遠山(三崎)双葉(満島ひかり)が現れる。自分と文哉の出生の秘密を知ってしまった双葉は、行き場所を失ってやって来たのだ。その夜『ふかみ』に泊まる事になると、五月は双葉の洋貴への気持ちを探ろうとする。
その頃、文哉は自分の過去を知る臼井紗歩(安藤サクラ)を車で連れ出していた。ひたすら森の闇に車を走らせる文哉に紗歩は恐怖をつのらせる。翌朝は朝早く起きなければならないと訴える紗歩に、文哉は・・・明日が来ると思っているのか?・・・と、冷たく言い放った。
夜が明けると、五月は東京に帰った。昨晩は寝付けなかったと、遅く起きた双葉が帰ろうとすると駿輔(時任三郎)が洋貴を訪ねてきた。改めて挨拶をしに来たと言う駿輔を洋貴は達彦(柄本明)の部屋へ通した。駿輔は響子(大竹しのぶ)に謝罪させて欲しいと洋貴に頼み、文哉も見つけ出すと約束する。すると洋貴は文哉が描いた絵を駿輔に見せた。文哉に反省の意志はないと突きつける洋貴に、駿輔は言葉を失う。
うたた寝をしていた双葉を促し帰ろうとする駿輔。双葉が自分と文哉を産んだ母のことを尋ねると、駿輔は死んだと答えた。2人の会話を洋貴が聞いてしまう。

第6話

深見洋貴(瑛太)の母、響子(大竹しのぶ)は亜季(信太真妃)の死亡時の足跡をたどり、娘への思いを再確認。耕平(田中圭)と一緒に住んでいた日垣家を出て三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)を探すため洋貴が暮らす釣り船屋『ふかみ』に身を移した。そんな時、遠山(三崎)隆美(風吹ジュン)が来る。家出した双葉(満島ひかり)を探しに来た隆美なのだが、響子と顔を遇わせてしまった。すると隆美の携帯電話に連絡が入り、駿輔(時任三郎)も来る事になる。駿輔と隆美は、響子に謝罪しようとするのだが会話が上手く噛み合わない。結局、謝罪の言葉を伝える事は出来なかった。
一方、双葉は祖母のいる介護アパートで文哉に再会。文哉が帰ろうとすると双葉は一緒に連れて行って欲しいと頼み動物園へ。そこで文哉は小さな島に住みたいと言う。その島は文哉と双葉の母親が産まれた場所だった。一緒に行くかと問う文哉に、双葉はうなずく。文哉は翌日の出発を約束して双葉と別れた。
洋貴は藤村五月(倉科カナ)から東雪恵(酒井若菜)が生きていたと連絡を受ける。早速2人は雪恵の母親に会い、勤め先を聞き出した。雪恵の仕事が終わるのを待つ間、洋貴は五月と別行動。その時、洋貴はようやく双葉と連絡がついた。カラオケ店で、双葉は洋貴に文哉と会ったと話しだすのだが・・・。

第7話

深見洋貴(瑛太)は藤村五月(倉科カナ)と会いに行った東雪恵(酒井若菜)を、雨宮健二=三崎文哉(風間俊介)の話を聞くために釣り船屋『ふかみ』へと連れていく。ちょうど『ふかみ』には日垣耕平(田中圭)も来ていて、野本(深見)響子(大竹しのぶ)と一緒に雪恵の話を聞く事になった。雪恵が語る医療少年院での文哉との出会いから別れまでの話は、洋貴たちに衝撃を与える。また、雪恵は文哉が現在、千葉の果樹園で働いていることも教えてくれた。
果樹園では文哉が幼女を手にかけたと知った草間真岐(佐藤江梨子)が、落ち着かせようとする父・五郎(小野武彦)の言葉も聞かずに激しく怯えていた。真岐にも小さな娘・悠里(原涼子)がいたからだ。
そんな時、文哉の居場所を知った駿輔(時任三郎)から連絡があり、五郎は会いに行くため果樹園を留守にする。その間、真岐が目を離したすきに悠里の姿が消えた。真岐は文哉を疑い部屋に行くのだが、悠里はいない。そこで真岐は文哉に詰め寄るが答えはなかった。悠里を求めて、外へと飛び出す真岐。
実は悠里は臼井紗歩(安藤サクラ)と果樹園で遊んでいた。そんな2人に、近づいて来たのは・・・。

第8話

深見洋貴(瑛太)と日垣耕平(田中圭)が三崎文哉(風間俊介)が働いているという果樹園に向かっている頃、その果樹園で新たな事件が発覚。草間五郎(小野武彦)が文哉に会いたいという駿輔(時任三郎)を果樹園に連れて行くと、娘の真岐(佐藤江梨子)が倒れていたのだ。動揺する五郎に変わって、駿輔が救急車を呼ぶ。付近に文哉の姿はなかった。五郎が真岐に付き添った救急車が出て行くと、臼井紗歩(安藤サクラ)が現れる。呆然としている駿輔に、紗歩は文哉の仕業だと言い放った。その後、ようやく到着した洋貴たちに、駿輔は果樹園で起きた事を話す。
洋貴たちを釣り船屋『ふかみ』から送り出した野本(深見)響子(大竹しのぶ)は遠山(三崎)双葉(満島ひかり)と連絡を待っていた。と、双葉の携帯が着信。電話は文哉からだった。双葉は文哉に会いたいと話すのだが、お前が嫌だと言うからこんなことになったと電話を切られてしまう。双葉がショックを受けていると、店の電話が鳴る。それは、耕平から果樹園での出来事を知らせるものだった。一方、駿輔も隆美(風吹ジュン)に電話して、15年前のことも考え、灯里(福田麻由子)と家を出る準備をするよう促す。
真岐の容態は重篤だった。救急隊からの報せを受けた警察も捜査に乗り出すが、文哉の足取りは不明。その頃文哉は、ある場所へと向かっていた。

第9話

深見洋貴(瑛太)が、三崎文哉(風間俊介)が新たに事件を起こした千葉から遠山(三崎)双葉(満島ひかり)を車で家に送ろうとしている頃、釣り船屋『ふかみ』では激しい攻防が繰り広げられていた。双葉を求めて訪ねて来た文哉と、息子の日垣耕平(田中圭)の妻、由佳(村川絵梨)と孫を守ろうとする野本(深見)響子(大竹しのぶ)が争っていたのだ。家具で文哉を殴り倒した響子は、どうして亜季(信太真妃)だったのかと積年の問いをぶつける。文哉はふらふらと立ち上がりながら、たまたま道で会った、誰でもよかったと言って店を出て行ってしまう。響子からの連絡で洋貴は双葉も伴って『ふかみ』に急いで戻って来た。意外にも落ち着いている様子の響子に安堵した洋貴は、双葉を遠山家へ送って行く事に。
一方、警察署で聴取を受けていた駿輔(時任三郎)は文哉を逮捕して欲しいと懇願していた。だが、駿輔が留守にしている遠山家には『ふかみ』から離れた文哉が訪ねていようとは思ってもいない。遠山家で隆美(風吹ジュン)と灯里(福田麻由子)が文哉に対応していると洋貴に送られた双葉が帰って来た。そのまま来た道を帰ろうとする洋貴に、双葉から文哉がいるとメールが入る。すぐさま車を反転させ、再び遠山家に向かう洋貴。遠山家では、双葉に続いて帰って来た駿輔が文哉に自首を促していたのだが・・・。

第10話

深見洋貴(瑛太)は三崎駿輔(時任三郎)から三崎文哉(風間俊介)の亡くなった母の出身地を聞き、広島行きの新幹線に乗る。その頃、すでに遠山(三崎)双葉(満島ひかり)は、その地で文哉を探していた。
駿輔は隆美(風吹ジュン)、灯里(福田麻由子)と別居し、果樹園の草間五郎(小野武彦)のもとに謝罪のため足を運ぶのだが、会ってはもらえない。
目的地に着いた洋貴は双葉を見つける。洋貴は、自分の車から持ち出した凶器を返すよう双葉を説得。初めは拒否した双葉だが、もし凶器を使う時が来たら共犯者になるということで了承した。
文哉は亡き母の親戚の家で写真を探していた。家中をひっくり返して写真を探す文哉の異様さに親戚は警察に連絡。自殺すると文哉が家を出て行った後に、警官に説明する親戚たちの話を洋貴と双葉が聞きつけた。
加害者家族として顔写真がタブロイド紙に掲載されてしまった隆美と灯里。15年前のことを知らなかった灯里は激しく絶望してしまう。そんな母子が暮らすアパートを野本(深見)響子(大竹しのぶ)が訪ねて来た。一方、ようやく五郎に会ってもらえた駿輔は、真岐(佐藤江梨子)が入院する病院に連れて行かれて厳しい現実を突きつけられてしまう。
文哉が自殺をほのめかしたことを知った双葉は、このまま死んでしまえば・・・と考えるのだった。

第11話

深見洋貴(瑛太)の目の前で三崎文哉(風間俊介)は逮捕された。亜季(信太真妃)を殺害したことに何の反省もせず、感情のかけらさえ見せない文哉を殴り続けた遠山(三崎)双葉(満島ひかり)は拳から血を流している。警察署の医務室で治療を受けた双葉は文哉の自殺を止めなければ良かったと後悔するのだが、洋貴はこれからの自分たちを考えようと語った。
釣り船屋『ふかみ』に戻った洋貴は、藤村五月(倉科カナ)に今回の出来事を報告。五月は文哉に面会して反省を促すよう洋貴に勧める。しかし、洋貴は終わったことだと首を横にふった。
洋貴は野本(深見)響子(大竹しのぶ)、日垣耕平(田中圭)と一緒に、達彦(柄本明)と亜季が眠る墓に報告に向かう。そこには、双葉、隆美(風吹ジュン)、灯里(福田麻由子)の姿もあった。響子が呼んだのだ。墓参りが済むと、洋貴と双葉は2人だけで話す機会を得る。そこで洋貴はずっと一緒にいたいと双葉への想いを打ち明けるのだったが、双葉はすでにある決意を胸に秘めていた・・・。

出典:FOD

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『それでも、生きてゆく』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD

見放題
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS

レンタル
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『それでも、生きてゆく』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『それでも、生きてゆく』はFODで配信中!

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画

各動画配信サービス詳細

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『それでも、生きてゆく』感想コメント

1つの事件についての物語。加害者家族と被害者家族、2つの家族どちらも苦悩があるということがよく表現されて複雑で苦しくて切ない物語でした。キャストさんの演技力が素敵でとても引き込まれました。今までで一番感銘を受けました。(20代女性)

犯罪についてとても考えさせられたドラマでした。被害者の家族という立場からの嘆き、加害者の家族からの嘆き…両者からの視点で描かれています。もちろん犯人が一番悪いんですが、二人の家族の幸せ、未来について胸が締め付けられます。(30代女性)

兄が小さな女の子を殺してしまった。大切な娘を未成年に殺されてしまった。加害者家族と被害者家族、見ていてどちらの家族も辛いです。『3年B組金八先生』で兼末健次郎を演じたジャニーズJr.の風間俊介さんが未成年で女の子を殺して少年院から出て来たことから話が始まります。印象に残っている言葉は「死んだ人はいい。お兄ちゃんは可哀想だ。生きていかなきゃならないんだ」です。この人の精神的なところは理解できませんが、辛くても死なずに生きて行かなければならないのは本当だと思いました。主演は満島ひかりさん。兄の罪を償おうとする健気に妹でした。(50代女性)

友人に妹を殺された兄と加害者の妹が出会ってしまい、互いの苦悩を知りわかりあっていく話。主演の瑛太さんや満島ひかりさんはもちろん、全てのキャストが素晴らしくて、加害者役の風間俊介さんの演技もほんとにすごいです。そしてなにより、大竹しのぶさんの超ロングセリフシーンがあるんですが、一時も目が離せず号泣でした。(30代女性)

タイトルに表されているように、まさに、それでも生きていく…って辛い状況に毎回胸が痛くなりました。加害者家族と被害者家族が出会ってしまったら…そこから始まる切ない物語です。辛い現実を様々な視点から描いている問題作です。(30代女性)

殺人事件の被害者家族と加害者家族のどちらの目線からも描かれているのがとても新鮮で、全体的に暗くて重くあまり救いのあるストーリーではないのですが、役者さん達の自然体な演技が素敵で最後まで引き込まれて見ました。(30代女性)

フランダースの犬について「何のために、こんな悲しい話があるの?」と少女が尋ねるシーンがあり、本作はまさにその問いかけが当てはまる作品になっている。小道具や俳優に関しては完璧で、細かい部分まで仕上げてきている。(30代女性)

関連作品