黒井戸殺し

ドラマ『黒井戸殺し』詳細

放送期間 2018年4月14日
放送局 フジテレビ
話数 1
キャスト 野村萬斎
大泉洋
向井理
松岡茉優
秋元才加
和田正人
寺脇康文
藤井隆
今井朋彦
吉田羊
浅野和之
佐藤二朗
草刈民代
余貴美子
斉藤由貴
遠藤憲一
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション

「原作・アガサ・クリスティー×脚本・三谷幸喜」

夢のコラボ再び!野村萬斎演じる名探偵・ポアロが帰ってくる!
映像化不可能とされた推理小説の金字塔を豪華キャストで実写化!

「原作・アガサ・クリスティー×脚本・三谷幸喜」の夢のコラボレーションが、再び実現します!2018年4月、『黒井戸殺し』が放送されることが決定しました。

アガサ・クリスティーが1926年に発表した人気長編推理小説「アクロイド殺し」を日本で初めて映像化。さらに、今作は舞台・映画・テレビドラマと数々の名作を世に送り出し、その作品の持つ魅力で日本中を虜にしている三谷が脚本を担当し、『黒井戸殺し』として「三谷流・アクロイド殺し」を作り上げました。
三谷×アガサ・クリスティーといえば、フジテレビ開局55周年特別企画として2夜連続で放送した『オリエント急行殺人事件』(2015年1月11日・12日)において初コラボレーションが実現し、記憶にも記録にも残る作品を世に送り出しています。

「アクロイド殺し」はアガサ・クリスティー(1890~1976)による6作目の長編小説であり、エルキュール・ポアロシリーズの3作目にあたります。事件が起きた人間関係を知るポアロの隣人による手記を読んでいく形で進んでいく本作は、その結末におけるトリックの斬新さによって、当時世界中に衝撃を与えました。そのトリックを巡って「フェア・アンフェア論争」が引き起こされ、長らく「映像化不可能」とされてきた推理小説史上における金字塔的な作品と言えます。

『黒井戸殺し』の主人公は、『オリエント急行殺人事件』同様、日本の伝統芸能・狂言の第一人者と言われている野村萬斎演じる名探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)。萬斎のドラマ出演は『オリエント急行殺人事件』以来、約3年3ヵ月ぶりとなります。そして勝呂の良き相棒としてコンビを組み、事件の謎に立ち向かっていく、いわば“バディ役”となる、医師・柴平祐を演じるのは、三谷作・演出による舞台「ベッジ・パードン」(2011年)で萬斎と同じ舞台には立っているものの、テレビドラマでの共演は今回が初めてとなる大泉洋。芸達者な二人が紡ぎ出す独特の世界観と圧倒的な演技力に今から期待が高まります。

さらに物語を彩る個性豊かな登場人物たちには豪華キャストが決定しました。三谷作品には初出演となる、余貴美子、草刈民代、向井理、佐藤二朗、和田正人、三谷ドラマには初出演の寺脇康文(舞台は三谷演出の2007年「コンフィダント-絆-」に出演、映画は2008年「ザ・マジックアワー」に出演)、三谷演出の舞台や映画、ドラマに出演している浅野和之、秋元才加、三谷脚本のNHK大河ドラマ『真田丸』に出演している、大泉をはじめ、吉田羊、松岡茉優、藤井隆、今井朋彦、斉藤由貴、遠藤憲一らがそろい踏みしました。

これらの出演者たちが代わる代わる事件の容疑者として浮上していく中、それを勝呂が柴の力を借りて解決していく、一瞬たりとも目が離せない珠玉の作品として作り上がっています。ミステリーの名手と言っても過言ではない三谷が伝説的名著を現代に蘇らせるこの春注目の『黒井戸殺し』。豪華ゲストの個性がぶつかり合う一夜限りの夢の3時間をぜひお楽しみ下さい。

出典:公式サイト
あらすじ

昭和27年、日本の片田舎で唐津佐奈子(吉田羊)が死亡しているのが発見された。医師・柴平祐(大泉洋)は、検死のために唐津邸を訪れる。死因は睡眠薬の過剰摂取。佐奈子には夫を毒殺した疑惑があり、柴の姉・カナ(斉藤由貴)は、佐奈子が夫殺害の罪にさいなまれ自殺したと推測する。柴の親友で富豪・黒井戸禄助(遠藤憲一)は、佐奈子に結婚を申し込んでおり、ショックを受ける。黒井戸は、自宅に柴を招き、姪・黒井戸花子(松岡茉優)、義妹・黒井戸満つる(草刈民代)、秘書・冷泉茂一(寺脇康文)、旧友・蘭堂吾郎(今井朋彦)らと食事をした後、柴に「佐奈子が夫殺しの件である男に脅されていると話していた」と明かす。そこへ、佐奈子から遺書が届く。黒井戸は1人で読みたいといい、柴は屋敷を出る。そこで復員服の見知らぬ男(和田正人)と会い、不審に思いながら帰宅。すると、黒井戸が殺害されたと執事・袴田(藤井隆)から電話が。
柴が駆け付けると、袴田はそんな電話をしていないと言う。部屋に入ると、黒井戸が背中を刺されて死んでいた。刑事・袖丈(佐藤二朗)が到着し、捜査開始。女中頭・来仙恒子(余貴美子)が、東京にいるはずの黒井戸の義理の息子・兵藤春夫(向井理)を村で見かけたと証言し、春夫に疑いが。春夫の婚約者である花子は疑惑を晴らそうと、柴家の隣に引っ越してきた不思議な男が、実は引退した名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)だと思い出し、捜査を依頼したいと柴に相談。花子の願いを受けて捜査を依頼する。勝呂は快諾し、柴に相棒としての協力を依頼。警部から、春夫だけでなく、あの晩黒井戸邸にいた全員が容疑者であると聞き、女中・明日香(秋元才加)を始め聴取すると不可解な事実が・・・。

出典:FOD

YouTube関連動画


主題歌:Sunny Clapp「Girl of My Dreams」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『黒井戸殺し』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD

見放題
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS

レンタル
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『黒井戸殺し』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『黒井戸殺し』はFODで配信中!

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画

各動画配信サービス詳細

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『黒井戸殺し』感想コメント

勝呂武尊の独特のキャラが面白くて、このシリーズは欠かさず観ています。原作を知らないので、一緒に犯人は誰なんだろうと考えながら観ました。登場人物も有名俳優が何人も出ていて、犯人は有名俳優のことが多いのですが、なかなか犯人に目指しが付きませんでした。目指しが付かないのも当然でした。まさかの犯人にビックリしました。たぶん録画してもう一度観れば、不自然さに気付くだろうが、頭で犯人ではない決め付けてしまっているので分かりません。勝呂武尊シリーズで1番面白い作品だと思います。(30代女性)

アガサクリスティの原作で感じたイメージとは違う、全く新しい作品として楽しめました。野村萬斎のポアロも他の出演者もとても良いです。映像も凝っていて、集中が途切れることなく観ることが出来ました。これまで3作シリーズが出ていますが、どれも面白いのでまた新作が見たいです。(30代女性)

アガサ・クリスティの作品を。三谷幸喜と野村萬斎のコンビでドラマ化したシリーズの第二弾。物語の舞台を原作のイギリスから日本に移し、そこで起きたミステリーを野村萬斎演じる勝呂武尊が謎を解きます。勝呂はもちろん、出てくるキャラクターを演じるみなさんが個性的な方ばかりで、話もリズムよくすすみ面白いです。(20代女性)

今作のドラマ「黒井戸殺し」では三谷幸喜監督が世界的有名の名探偵であるポアロの作品の1つである「アクロイド殺し」を題材にした時点でかなり面白そうだなと思いますし、主人公の名探偵役を野村萬斎さんが演じるので個人的に横溝正史さんの「金田一耕助」シリーズような作風が漂っているなと思いました。野村萬斎さんと実質ワトソン役の様な大泉洋さんの掛け合いが楽しみです。(20代男性)

関連作品