ライフ

ドラマ『ライフ』詳細

放送期間 2007年6月30日 – 9月15日
放送局 フジテレビ
話数 11
キャスト 北乃きい
福田沙紀
細田善彦
大沢あかね
星井七瀬
中村倫也
関めぐみ
酒井美紀
瀬戸朝香
真矢みき
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション

壮絶な“いじめ”をリアルに描き、累計部数700万部超という圧倒的な売り上げを誇る大人気コミック「ライフ」がついに連続ドラマ化され、土曜日の夜に登場!!

「別冊フレンド」(講談社)にて2002年4月号より連載開始、恐ろしいほどのリアルさと既存の少女漫画にはない迫力ある画力で「いじめ」をテーマに描いて大きな話題を呼び、累計部数700万部を突破するほどの圧倒的な売り上げと人気を博している少女コミック界の異色作・すえのぶけいこ著「ライフ」が、待望の連続ドラマ化。「ライフ」は平成18年度(第30回)講談社漫画賞少女部門を受賞、「別冊フレンド」の人気アンケートでは常に1位を獲得している大人気コミックで、この夏一番の注目と話題を集めること間違いなしの“熱い”ドラマとなりそうだ。

ストーリーは、とある高校を舞台に、椎葉歩が、安西愛海を中心とするクラスメートたちから過酷ないじめに遭い、追い詰められながらも、本当の友達と出会い、困難に立ち向かう姿を描いていくハード系青春ヒューマン・ドラマ。

〈番組内容〉
成績の良くない主人公・椎葉歩は、頭の良い親友・夕子が目指す高校に一緒に入学するため、夕子から勉強を教えてもらいながら見事、難関高校に合格。ところが、一番行きたがっていた夕子は不合格。歩は夕子から「あなたなんていなければ良かったのに!」と言われてしまう。友情が崩壊してしまったことにより、歩は他人と話さなくなってしまう。高校でも新しい人間関係を築くことをあきらめていた。しかし、クラスメイトの安西愛海を中心とした数名は歩を迎えてくれたため、歩は再び前向きになる。そんなある日、歩が愛海の恋人である佐古克己を奪おうとしていると誤解されたことから、歩は愛海を中心とする女子数名に執拗にいじめられるようになっていく。助けを求めたくても、親は体の弱い弟に気を取られ、歩の言うことに耳を傾けてくれない。そして、担任に相談しても担任は職員室内で「いじめ」にあっており、彼女を守れる人間は誰もいなかった。
最初は弱かった歩だが、次第に仲間を見つけていじめに立ち向かい、「生きる」ために強く成長していく──。

出典:公式サイト
各話あらすじ
第1話

点数の悪かったテストに落ち込んでいる中学3年生の椎葉歩(北乃きい)。親友で成績優秀な篠塚夕子(大沢あかね)と同じ西館高校を狙うと決めた歩は夕子に教わりながら受験勉強を続け合格するが、西館高校に強く憧れていた夕子は落ちてしまった。後日、夕子が校舎から飛び降り自殺を図った。歩は激しいショックを受ける。
2カ月後、西館高校1年2組の教室では安西愛海(福田沙紀)を中心とした廣瀬倫子(星井七瀬)らグループのそばで、孤立して座っているだけの歩。そんな歩に愛海は明るく声をかける。
ある日、職員室で担任の戸田和佳絵(瀬戸朝香)が仕事をしていると副担任の平岡正子(酒井美紀)が声をかけてきた。欠席の多い羽鳥未来(関めぐみ)を心配する平岡の言葉を戸田は面倒くさそうにあしらう。
一方、歩に愛海が、彼の佐古克己(細田よしひこ)との恋愛相談を持ちかけてきた。相談できるのは友達の歩だけだという言葉を聞いて、夕子の事件以来友達が作れずにいた歩は嬉しさのあまり泣き出してしまう。
数日後、学校では倫子が雑誌に載ったと話題になっていた。ちやほやされる倫子を見た愛海は岩本みどり(末永遥)らに倫子を無視するようにメールを送る。その後も愛海たちの倫子へのいじめはエスカレートしていく。愛海に怯えて同調するしかない歩だったが、ある日、歩の携帯電話に愛海からメールが届いた。

第2話

椎葉歩(北乃きい)は、佐古克己(細田よしひこ)に振られたショックで踏み切りに飛び込んだ安西愛海(福田沙紀)を救い出した。泣き崩れる愛海に、言葉がみつからない歩。翌日、愛海は学校を休むが1年2組の黒板には廣瀬倫子(星井七瀬)を中傷する文字が書かれていた。慌てて消す倫子を、歩はどうすることもできず切なく見つめるだけだ。
同じ頃、佐古建設の社長で克己の父・敏克(勝村政信)の元へ愛海の父・大治郎(小野武彦)が訪ねてきた。愛海へ別れを切り出した克己のことを大治郎に責められた敏克は、その夜、克己に愛海とよりを戻すように命令する。
翌日、愛海から別れの理由が知りたいと言われた歩は放課後に克己に理由を尋ねるがはっきりとした答えが得られない。雨の中、必死にくらいついてくる歩に克己は傘を貸すからと家へ誘うが、その様子を倫子が携帯の動画でこっそり撮影していた。克己の部屋に通された歩はアルバムに貼られた驚くべき写真の数々を見てしまう。慌てて元に戻すが、写真を見られたことで豹変した克己は歩に襲いかかり、ハサミを取り出して…。やっと克己から開放され、雨の中をふらふらと家路につく歩に傘がさしかけられた。羽鳥未来(関めぐみ)だった。
翌日、歩が学校へ行くと愛海が見せたいものがあると歩を連れ出す。その頃、校舎裏では倫子が携帯の動画を岩本みどり(末永遥)らに見せていて…。

第3話

椎葉歩(北乃きい)は、佐古克己(細田よしひこ)に振られたショックで踏み切りに飛び込んだ安西愛海(福田沙紀)を救い出した。泣き崩れる愛海に、言葉がみつからない歩。翌日、愛海は学校を休むが1年2組の黒板には廣瀬倫子(星井七瀬)を中傷する文字が書かれていた。慌てて消す倫子を、歩はどうすることもできず切なく見つめるだけだ。
同じ頃、佐古建設の社長で克己の父・敏克(勝村政信)の元へ愛海の父・大治郎(小野武彦)が訪ねてきた。愛海へ別れを切り出した克己のことを大治郎に責められた敏克は、その夜、克己に愛海とよりを戻すように命令する。翌日、愛海から別れの理由が知りたいと言われた歩は放課後に克己に理由を尋ねるがはっきりとした答えが得られない。雨の中、必死にくらいついてくる歩に克己は傘を貸すからと家へ誘うが、その様子を倫子が携帯の動画でこっそり撮影していた。克己の部屋に通された歩はアルバムに貼られた驚くべき写真の数々を見てしまう。慌てて元に戻すが、写真を見られたことで豹変した克己は歩に襲いかかり、ハサミを取り出して…。
やっと克己から開放され、雨の中をふらふらと家路につく歩に傘がさしかけられた。羽鳥未来(関めぐみ)だった。翌日、歩が学校へ行くと愛海が見せたいものがあると歩を連れ出す。その頃、校舎裏では倫子が携帯の動画を岩本みどり(末永遥)らに見せていて…。

第4話

視聴覚室に呼び出された椎葉歩(北乃きい)は、安西愛海(福田沙紀)らに佐古克己(細田よしひこ)に脅されていたことを訴えるが信じてもらえない。愛海は針を手に歩に近づき…。

愛海たちは歩が克己を奪ったと話を広め、戻ってきた歩はクラス中の冷たい視線を浴びながら席につく。同じ頃、職員室では視聴覚室で針が問題になっていた。戸田和佳絵(瀬戸朝香)は視聴覚室から走り去る歩を見ながらも口を閉ざす。授業が始まると歩の教科書には一面にいたずら書きがされていて、生徒間に「次は椎葉」とメモが回っていた・・・

第5話

坂入正弘(真田広之)に「好きだ」と言われた茅野明子(岸本加世子)、相川里美(桜田淳子)は、そんな明子がねたましいが表面は「一緒に日本に帰れば」と言う。相変わらず明子は田島雅之(田村正和)のことが気になっていた。張美姫(李恵淑)が田島に冷たくされ、自殺しようとしたのをきっかけに、明子は田島を訪ね、「女をおもちゃにしないで」と言う。だが、田島は明子の言葉には耳を貸さず、明子を抱きすくめ、キスをする。独立記念日の夜。マンハッタンの夜空を焦がす花火を窓の外に、明子は田島に身をゆだねる。

第6話

教室で机を並べ試験勉強をする椎葉歩(北乃きい)と羽鳥未来(関めぐみ)の楽しそうな様子にイラつき、にらみつける安西愛海(福田沙紀)たち。そんな折、佐古克己(細田よしひこ)が不良たちに襲われた。待ち合わせしていた戸田和佳絵(瀬戸朝香)が発見し、克己が病院へ運ばれると駆けつけた愛海は戸田の胸で泣き出す。
翌日、教室に入るなり泣き崩れる愛海に同情したクラスメートは、平然としている歩に冷たい視線を向ける。休み時間、廊下で1人電話をしている愛海。相手は昨晩、克己を襲った狩野アキラ(山根和馬)だ。実は昨晩の出来事は同情を引くための愛海の作戦だったのだ。後日、ホテルでアキラと会っていた愛海は「あれ、お願いね」と意味深に笑うのだった。
翌日、下校する歩と未来を遠くから見ていたアキラたち。帰宅後、歩は誕生日の母・文子(真矢みき)のためにケーキを焼くが大失敗。未来の働く喫茶店でケーキをわけてもらうことになり家を飛び出したが喫茶店の前でアキラの仲間の1人に連れ去られてしまう。なかなか来ない歩に、家にケーキを届けた未来は歩の不在を聞き不安になる。
その頃、歩はとある廃墟でアキラたちに監禁されていた。歩を捕まえたことをアキラから電話で報告を受け、家でほくそ笑む愛海。一方、未来は薗田優樹(北条隆博)に電話をして、歩の携帯に連絡を入れて欲しいと頼む。すぐさま歩に電話をする薗田だが…。

第7話

帰ってこない椎葉歩(北乃きい)を文子(真矢みき)が心配している頃、廃墟で監禁されていた歩の前に、アキラ(山根和馬)が手足をガムテープで動けないようにされた羽鳥未来(関めぐみ)を連れて戻ってきた。愕然とする歩に、アキラらは床に灯油を撒いて抵抗したら火をつけると脅す。そんな中、アキラの携帯に着信が入り、画面に“マナミ”という文字を見る歩。
一方、戸田和佳絵(瀬戸朝香)は、佐古克己(細田よしひこ)と話していて、歩の不在を心配する平岡正子(酒井美紀)からの電話に出ずにいた。1人がビデオカメラを回す中、暴れて抵抗する歩にアキラたちが襲いかかろうとしたその瞬間、ドアが開いて鉄の棒を持った薗田優樹(北条隆博)が現れた。震えながらも歩たちを救おうとする薗田だが、反対にやられてしまう。未来がアキラたちを罵ると、怒ったアキラは火を床に落とした。未来の鎖を外すカギをポケットにしまったまま部屋を出て行ってしまったアキラを薗田が追いかけ、部屋には歩と未来が取り残された。未来の鎖を解こうとする歩だが、鎖はビクともしない。必死で鎖を引っ張り続ける歩だが…。

第8話

職員室に呼び出された椎葉歩(北乃きい)と羽鳥未来(関めぐみ)は、安西愛海(福田沙紀)の父親・大治郎(小野武彦)から愛海をいじめていたと責められ、無理やり頭を下げさせられる。怒った歩は自分が愛海にいじめられているんだと訴え職員室を去っていく。教室へ戻ってきた歩と未来に、岩本みどり(末永遥)らは愛海が被害者だと言い切るが廣瀬倫子(星井七瀬)だけは席に座ったままだ。歩はトイレへ立った倫子を追いかけて何か知っているのかと聞く。かつてのことを謝り「みんなと普通の高校生らしいことがしたかった」という歩の言葉に、心を動かされた倫子は愛海の秘密を話すと個室から出てくるがそこに愛海が立っていた。
一方、佐古克己(細田よしひこ)は戸田和佳絵(瀬戸朝香)に歩からの嫌がらせが続いていて父親からも暴行されていると涙ながらに話し同情をひく。

第9話

椎葉歩(北乃きい)が登校すると学校は廣瀬倫子(星井七瀬)の話題でもちきりだ。倫子が安西愛海(福田沙紀)に脅されてると訴えていたことを思い出し、信川美紗(中村静香)は愛海から逃げるように教室を去る。夏休みに入ると、平岡正子(酒井美紀)は1年2組の女子生徒の自宅を回りいじめの調査を始めていた。歩は羽鳥未来(関めぐみ)に誘われ薗田優樹(北条隆博)と3人で旅行へ行くことに。
同じ頃、愛海らも旅行へ行くがそこに美紗の姿はなかった。愛海を前に明るく努める岩本みどり(末永遥)に、ウンザリしている宇田里絵(夏目鈴)。一方、ひまわり畑にやってきた歩たち。薗田が歩に見せたかったという一面に広がるひまわり畑を前に未来は歩に学校だけが世界のすべてじゃないと伝える。旅行帰り、駅に着くと1人でさっさと帰ってしまう愛海に里絵はついていけないとみどりに告げる。
そんなある日、ひまわりの種を植えるために学校にやってきた歩は教室に美紗を見つける。歩が声をかけると美紗は…。

第10話

学年集会に車椅子で現れ、椎葉歩(北乃きい)をいじめていたのは自分で、安西愛海(福田沙紀)を脅して歩をいじめさせていたと告白した廣瀬倫子(星井七瀬)。微笑みながら倫子に拍手する愛海に1年2組の生徒たちの驚きと戸惑いの視線が向けられる。職員室では平岡正子(酒井美紀)が倫子の謹慎処分に異議を唱えるが、逆に愛海を殴ったとして解雇を言い渡される。
同じ頃、椎葉文子(真矢みき)は佐古克己(細田よしひこ)の父・敏克(勝村政信)の会社へ押しかけていた。敏克に克己が歩を脅していたことを告げ写真とデータを渡すように訴える文子。平岡の解雇を知った歩は岩本みどり(末永遥)らに本当のことを言うよう迫るが、みどりは愛海をかばう。
その日の夕方、克己が家に帰ってくると荒らされた部屋の中で卑猥な写真が貼られたアルバムを手に敏克が立っていた。敏克に殴る蹴るの暴行を加えられ、逃げ出して公園のベンチで座っている克己の元へ戸田和佳絵(瀬戸朝香)がやってきた。戸田は克己を優しく抱きしめるが、その様子を愛海が見ていた。
その夜、歩の家へ来た敏克は文子に封筒を渡す。だが、その封筒は…。

第11話

椎葉歩(北乃きい)は、学校中の生徒に土下座コールをされながら囲まれている安西愛海(福田沙紀)の前に歩み寄る。しゃがみこんで地面に付いた手を震わせていた愛海は静かに動き出し・・・。岩城正志(矢島健一)がやってきたことで生徒たちは教室に戻るが、帰り際に戸田和佳絵(瀬戸朝香)を脅して睨みつける愛海。
一方、職員室には佐古克己(細田よしひこ)が父親の佐古敏克(勝村政信)を刺して逃亡しているとの連絡が入り動揺する戸田。その夜、帰り道に逃亡中の克己に声をかけられた戸田は警察に行くことを薦めるが、克己は暴言を吐いて走り去っていく。
翌朝からクラスメートによる愛海へのいじめが悪化、岩本みどり(末永遥)だけは必死でかばうが歯が立たない。このまま愛海へのいじめが続くかと思われたが・・・!!

出典:FOD

YouTube関連動画


主題歌:中島美嘉「LIFE」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『ライフ』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD

見放題
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『ライフ』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『ライフ』はFODで配信中!

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画

各動画配信サービス詳細

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『ライフ』感想コメント

漫画を原作としており、漫画ではかなり強烈なイジメに発展していましたが、大差なく映像化されており、この先どうなるんだろうとドキドキする内容です。どんな状況でも必死に生きようとする、女子高生の姿は必見です。(30代女性)

現代のドラマとは違ういじめをリアルに描いたすごくいい作品だなと思います。主人公の歩がいじめと戦い自分はほかの人のいじめに参加しない正義感が本当にすごいなと思いました。愛美を演じた福田沙紀さんのお芝居がリアルで上手だなと思いました。(20代女性)

いじめ問題を解決することを教師が無視している、自分のことのように考えてくれなかったことを社会問題としてとらえていることをよく描いてくれていました。変な奴にいじめを受けている歩を早く助けてあげてほしいと思って、白鳥さんがカッコよかったです。いじめは社会の中ではなくならないことではあります。社会問題、人間としての生き方は決して否定していいものではないです。楽しく生活をしていくことで、自殺者が少なることを考えてほしいです。(30代女性)

いじめの実情を知ったドラマでした。知らないだけで、酷いいじめはあるのかもしれない。でも、誰か1人でも信頼できる、守ってくれる友達がいたらほんとに心強いし、家族も味方でいてくれたら少しでも不安がなくなるのかな?と思いました。
何でも話せる人や抱え込まずに吐き出せれる場所がある事が大切な事だなと思いました。いじめに対してのドラマで壮絶ないじめで最初は驚きましたけど、でもこれが今の現状なのかな?とも思ったドラマでした。(2
0代女性)

今も昔もなくならない「いじめ」をとりあげ少女がめげずに生き抜いていくストーリーです。友達同士グループを作って学校生活を送る女子ならではの姿やどちらか上かマウントを取り合う陰湿な一面をリアルに描いている作品です。(30代女性)

関連作品