モテキ

ドラマ『モテキ』詳細

放送期間 2010年7月16日 – 10月1日
放送局 テレビ東京
話数 12
キャスト 森山未來
野波麻帆
満島ひかり
松本莉緒
菊地凛子
でんでん
リリー・フランキー
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション

2005年10月にスタートしたテレビ東京の深夜ドラマ“ドラマ24”が2010年7月に記念すべき第20弾を迎えます。
この第20弾を記念する“特別企画”はコミックの売り上げが150万部を突破した、人気コミック『モテキ』(原作:久保ミツロウ)のドラマ化!!
モテキとは…人生のどこかに訪れるらしい、異性との縁が重なる時期
片思いのあの人、単なる友達だと思っていたあの人、会社の先輩、大学時代の後輩などなど…いままで全く連絡のなかった異性から、ある日突然、同時多発的に連絡がきたことありませんか?
恋愛に不器用で、優柔不断な低恋愛偏差値“男”に、ある日突然やってきたモテキ…。
急接近する関係、モテてモテて仕方がない!!
だけど、やることなすこと全て裏目に・・・。ねぇ、モテキって何なの!?
幸世に訪れたモテキは、禁断の果実か、はたまたパンドラの箱か!?男心も女心もトキメキ、心に突き刺さる恋物語!!

出典:公式サイト

各話あらすじ
第1話

派遣社員の藤本幸世(森山未來)は29歳にして、金なし夢なし彼女なしの冴えない男。
そんな幸世に、ある日突然やって来た「モテ期」!?
幸世の携帯には、周囲の女性たちから相次いで連絡が入る。
連絡をくれた女性の1人、土井亜紀(野波麻帆)は派遣先の会社で同じ部署だった女性。
1年前に親しくなりかけたのだが、亜紀との間には苦い思い出があった…。
そんな亜紀からの突然の連絡に、戸惑いながらも会う約束をした幸世だったが。

第2話

元同僚の土井亜紀(野波麻帆)とのデートで大失態を演じてしまった幸世のもとに、かかってきた電話は中柴いつか(満島ひかり)からだった。
2年前、飲み会で知り合ったいつかとは、趣味が合い友人関係が続いていた。
そのいつかに誘われ、ドラマのロケ地巡りに出かける幸世。
しかし、そこには思いがけない展開が…。

第3話

趣味の合う女友達の中柴いつか(満島ひかり)とのことで落ち込んでいた幸世(森山未來)は、バーで男性と一緒にいる小宮山夏樹(松本莉緒)の姿を偶然見かける。
夏樹はかつて幸世が人生で一番好きになった女性だった。
幸世は2年前、夏樹と出会った日のことを思い出す…。

第4話

人生で一番好きだった女性、小宮山夏樹(松本莉緒)からの電話を受けて幸世はバーへと向かう…。久し振りに会った夏樹にドキドキしながらも、最近モテ期であることを話す幸世。
そんな幸世を夏樹はいつもの口調で冷やかす。
そんな夏樹の態度に幸世は思わずイラついてしまい…。

第5話

小宮山夏樹(松本莉緒)とついに熱いキスを交わした幸世。
そして2人は…。
そんな中、幸世は30歳の誕生日を迎え、母からのメールで父が腰を痛めていることを知る。
久し振り帰った地元で幸世は元ヤンキーの同級生・林田尚子(菊地凛子)と再会し…。

第6話

地元の同級生で元ヤンの林田尚子(菊地凛子)に「モテない男なりの戦い方」を伝授された幸世。東京に戻り、モテキ復讐編スタート!…と意気込む幸世の元に、以前一夜を共にする寸前までいった友人いつか(満島ひかり)の誕生日を祝う飲み会が開かれるという連絡が…。
いつかと顔を合わせることを気まずく思いながらも林田に背中を押され飲み会に出席する幸世。
するとそこに下ネタトークを連発する中年の墨田(リリー・フランキー)が現れ…。

第7話

過去を引きずっていたいつか(満島ひかり)に、半ば強引にケリをつけるように後押しし、ケリをつけたら自分のことも考えてみてほしいと告げた幸世。
以来、いつかとはいい雰囲気のメールのやりとりが続いていた。
しかし、いつかの仕事が忙しいことでなかなか実際に会うチャンスがない。
幸世は、林田尚子(菊地凛子)に背中を押され、半年振りに土井亜紀(野波麻帆)と連絡を取るのだが…。

第8話

オム先生(浜野謙太)のところへ土井亜紀(野波麻帆)を行かせたことがどうしても気になる幸世はいつかを誘ってオム先生のところへ。
無邪気ないつかをよそに、土井亜紀は幸世がいつかを連れて来たことに激しく動揺、仲のよさそうな2人の様子に苛立ちを募らせていく。
一方、土井亜紀といつかの板挟みになったことにより幸世の気持ちは揺れ動き…。

第9話

オム(浜野謙太)は土井亜紀(野波麻帆)に、意を決してプロポーズをした。
一方、すっかり太ってしまった幸世は林田(菊地凛子)を相手に今までの経緯を説明しながら愚痴をこぼす。
そんな幸世のもとにオムからの電話が。
それはオムと土井亜紀が結婚することになったという報告の電話で…

第10話

ようやく土井亜紀(野波麻帆)とうまくいきそうな幸世だったが、亜紀から部屋に誘われた矢先に目に入った雑誌のページには小宮山夏樹の姿が…。
動揺した幸世は、荷物を持ち上げようとしてバランスを崩し、椎間板ヘルニアになってしまう。
そして、ヘルニアのために実家に帰ることになるのだが夏樹のことがどうにも引っかかる幸世は、夏樹にメールを送る…。
そんな中幸世は、昔フラれた高校の先輩、神崎桜子に関するあるニュースを知る。

第11話

親友の島田(新井浩文)の事実を知り混乱する幸世。
その頃、夏樹(松本莉緒)も島田の後を追って、幸世の地元にやって来ていた。
夏樹と会った島田は、2人には何もないという事実を幸世に打ち明けようとする。
幸世も島田と向き合おうとするのだが…。
一方、東京では土井亜紀(野波麻帆)はオム先生(浜野謙太)の新しい編集担当と出会う。

第12話

川に落ちた幸世と島田(新井浩文)に屈託の無い笑顔を向ける夏樹(松本莉緒)。
着替えるために家に帰ろうとした幸世は、なぜか夏樹も家に連れて行くこと。
幸世の両親も明るい夏樹のことをすっかり気に入り、なぜか夏樹はそのまま幸世の家に居ついてしまう。
そんな中、島田からいつか(満島ひかり)が話したがっていると告げられた幸世は…。
幸世は果たしてどこへ向うのか…。怒涛の最終話!

出典:公式サイト

YouTube関連動画

エンディングテーマ:Half-Life「J-POP」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『モテキ』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT

見放題
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD
×
配信
なし
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi

見放題
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS

レンタル
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『モテキ』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『モテキ』はParaviで配信中!

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×

各動画配信サービス詳細

U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
FOD
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『モテキ』感想コメント

「モテキ」という言葉が一般化して久しいですが、その概念や発想をうまく映像化したドラマです。ファンタジーが先行しながらも、現実として起こってほしい願望が止まない私のような普通の人の心を打つのは、出てくる女性が現実と理想のちょうどよい狭間の演技をするからで、より主人公目線に感情移入してしまいます。(30代男性)

映画版セカチューのイメージが強すぎて、本ドラマの森山未來さんの演技を初めて観たときはそのハジけっぷりに仰天しました。ノリの良い音楽と笑いを誘う空回り感がピッタリはまっていて、コメディタッチなのに切なく苦いものもある、なかなか深い作品だと感じました。(30代女性)

モテキの原作漫画も読んだ上で、ドラマ版モテ期を見ました。原作を知ってる立場からすると、どうしても実写化作品は比べがちになると思いますがほぼ原作を再現しておりとても面白かったです。森山未來さんが演じる主人公のヘタレさと、人気女優さん達が演じるヒロインの可愛さに圧巻でした。(20代男性)

いわゆる男子が想像しがちな、ある日突然女の子からモテ出すという男子必見のドラマです。相手の女の子は元職場の趣味が合う系女子、昔好きだったマドンナ、学生時代クラスメイトだった不良系などフェチズム様々、タイプも様々です。同時にたくさんの女性からモテてみたいという方には良いシチュエーションで見ていて幸せになれるドラマです。(20代男性)

自分自身もオタク気質があるから、主人公に肩入れする場面が何度もありました。誰にでも一度はあるとされるモテキ、自分にも来てほしけど中々来ないものですよね。ドラマの中ではオタクにモテキが来ているものだからテンションが上がりました。(20代男性)

森山未來さん演じる藤本幸世(29)は冴えないプライベート生活を送っていました。ある日突然、モテキが訪れ4人の女性に翻弄されます。男性としてはクズっぷりも発揮するものの、真実の愛を探し求める幸世の姿を応援したくなります。(30代女性)

関連作品