Mother

ドラマ『Mother』詳細

放送期間 2010年4月14日 – 6月23日
放送局 日本テレビ
話数 11
キャスト 松雪泰子
山本耕史
酒井若菜
倉科カナ
芦田愛菜
尾野真千子
綾野剛
高畑淳子
田中裕子
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション

このドラマは、現代を生きる「女性たち」の物語です。
女性たちが、それぞれの生きる道の中で、自分を見つめ直し、
自身で生き方を探し求めていく物語です。

そしてこのドラマの中枢に据えるキーワードは「母性」。
彼女たちはそれまで見向きもしなかった自らの奥底にある「母性」を発見し、
時に戸惑い、時に翻弄され、
そして心の寄る辺とし、女性として、人間として成長します。
物語を通し、女性たちが女の生き方や幸せについて自ら考え、
女性として生まれてきたことに自信と誇りを持ち、
前向きに明るく生きていこうと、そんな気持ちを起こさせるドラマを目指すものです。

このドラマを、すべての女性たちへ捧げます

各話あらすじ
第1話

鈴原奈緒(松雪泰子)は、30歳半ばに至るまで恋人も作らず結婚もせず、室蘭の大学でひたすら渡り鳥の研究に励んでいた。そんな中、突然大学の研究室が閉鎖され、奈緒は仕方なく近隣の小学校で理科の教師となった。

ある日、産休の教師の代わりに一年生の担任を任された奈緒は、クラスの中で浮いた存在の道木怜南(芦田愛菜)と出会う。幼いくせに、どこか自分を見透かしているような怜南が苦手だったが、怜南は無愛想な奈緒のことを慕ってきた。

風変わりな怜南と接しているうちに、奈緒は気づく。彼女の身体にいくつか痣があることを。それが何を意味するのか、奈緒は直感でわかった。周囲の大人たちは見て見ぬフリをしていた。始めは奈緒も傍観する大人の一人だった。
だが、そんな奈緒がある事件をきっかけに、重大な決意をする。怜南を誘拐し彼女の母親になることを…。

第2話

怜南(芦田愛菜)を連れて夜行列車に飛び乗った奈緒(松雪泰子)は、怜南に継美という名前を付け、新しい人生を歩もうとしていた。しかし、新聞で怜南の海難事故の記事を見つけると、途端に不安に駆られるのだった。

人目を避けて思わず途中下車した二人。しかし、その駅で奈緒は財布を盗られてしまう。警察に届けるわけにもいかず、途方に暮れる奈緒。そこで奈緒は、自分と縁のある施設を訪ねることにした。それは、捨てられた奈緒が一時的に預けられていた児童養護施設だった。

一方室蘭の奈緒のアパートを訪ねた果歩(倉科カナ)と耕平(川村陽介)は、行方が分からない奈緒を案じる。奈緒を捜して小学校に行くと、そこには怜南の取材に来ていた雑誌記者の藤吉駿輔(山本耕史)がいた。

計らずも忘れたい過去と向き合うことになった奈緒は…
そして、奈緒の行動に疑念を抱く駿輔は…

第3話

室蘭から東京に逃げる途中で無一文になってしまった奈緒(松雪泰子)は、事件や継美(芦田愛菜)のことは伏せたまま母親の籐子(高畑淳子)と再会し、お金を借りる。ひとまずビジネスホテルに宿を取った奈緒は、翌日から仕事と住む場所を探しに街へ出た。留守番をしていた継美は、ひょんなことからやさしげな中年女性・葉菜(田中裕子)と仲良くなる。継美をなにかと気にかけてくれる葉菜に、奈緒もまた親しみを感じるようになっていた。

一方室蘭で怜南の事件を取材する駿輔(山本耕史)は、怜南の事故と同時に姿を消した奈緒が、何らかの鍵を握っていると確信し始めていた。

そんななか奈緒はようやく清掃員の仕事を見つけ、働き始める。だがホテルで奈緒の帰りを待っていた継美は熱を出し、葉菜を頼って電話をかける。継美に無理をさせていることを不甲斐なく思う奈緒は…。

第4話

奈緒(松雪泰子)は継美(芦田愛菜)のためにと、母親の籐子(高畑淳子)に娘だと紹介し、実家に身を寄せる。困惑しながらも籐子は、孫として継美を歓迎する。束の間の安らぎの中、奈緒は継美を学校に通わせようとするが、偽名で身分を明かせない継美の転入手続きは困難だと知り、思い悩む。

そんな奈緒の様子を心配する籐子だが、次女の芽衣(酒井若菜)のお腹の子が重病を抱えていることを知り、投げやりな芽衣を無理矢理病院に連れて行く。しかし芽衣は、お腹の子供は諦める決心をする。

一方室蘭から奈緒を追って戻ってきた雑誌記者・駿輔(山本耕史)は、ついに怜南が継美として鈴原家で暮らしていることをつかむ。そしてこれまで何かと親切にしてくれた葉菜(田中裕子)が、二人の事情に気づいたことを知った奈緒は、再び継美を連れて逃げようと考える。しかし葉菜は全てを知った上で二人の味方となり、奈緒はそんな葉菜を信じて留まる決意をするのだが…

第5話

奈緒(松雪泰子)はひょんなことから葉菜(田中裕子)が自分を捨てた実の母親だったことに気づき、怒りから葉菜を拒絶する。

そのころ、奈緒と継美(芦田愛菜)の真相に気づいた雑誌記者・駿輔(山本耕史)は「黙っている代わりに、お金を用意しろ」と奈緒を脅迫し、付きまとうようになる。追い詰められた奈緒は、金融業者に借金しに行くが融資を断られる。

一方、継美は奈緒がお金に困っている様子を感じ取り、こっそり葉菜のところに相談に行く。あくる日奈緒の前に現れた葉菜は、自分の通帳と印鑑を奈緒に渡そうとする。「あなたとはもう関係ない」と奈緒が拒むと、葉菜は奈緒の目の前で通帳をゴミ箱に捨てて立ち去った。二人のやり取りを見ていた駿輔は、捨てられた葉菜の通帳を持ち去る。奈緒はその通帳を取り返そうとするが…。

同じころ、北海道で怜南(=継美)の葬儀を終えた母親の仁美(尾野真千子)は、虐待の事実がばれることを恐れ、奈緒に探りを入れるべく行動を起こし始めていた――。

第6話

仁美(尾野真千子)からの電話に出てしまった継美(芦田愛菜)を目撃した籐子(高畑淳子)は、奈緒(松雪泰子)に継美の素性を問いただす。奈緒はついに籐子と妹の芽衣(酒井若菜)、果歩(倉科カナ)に打ち明けた。「継美は私が誘拐してきた教え子です」――凍り付く籐子たち。籐子は奈緒に継美を母親の元へ帰すよう諭すが、奈緒は「戸籍を外して、私たちのことを忘れて欲しい」と言う。

そんな奈緒を見た継美は、奈緒宛てに置き手紙を残して家を出て行ってしまう。必死で継美を捜す奈緒。駿輔(山本耕史)は「本人が出ていくつもりなら、そうしたほうがいい」と言いつつも、奈緒と一緒に継美を捜す。

葉菜(田中裕子)は、主治医の珠美(市川実和子)の説得に応じ、入院する。しかし、駿輔から奈緒と継美の話を聞き、何とか力になりたいと病院を抜け出す。

いっぽう仁美は刑事に娘への虐待を疑われ始め、独り不安をつのらせていた。しかし、怜南が生きていることを確信した仁美は…。

第7話

室蘭から東京にやってきた仁美(尾野真千子)から奈緒(松雪泰子)と継美(=怜南、芦田愛菜)を守るため、葉菜(田中裕子)は「二人を必ず守る」と決意し、二人を理髪店2階の自宅にかくまう。

怜南が奈緒と一緒にいることを確信し、二人の居場所をつきとめようとする仁美に駿輔(山本耕史)は「今更会ってもあなたが困るはず」と言い返す。

一方、継美の提案で葉菜の誕生日を遊園地で祝った3人は、つかの間の楽しいときを過ごした――。

葉菜との暮らしから子どもを守ることの本当の意味に気づいた奈緒は、葉菜に歩み寄りたいと気持ちを伝える。「ただ自分を捨てた理由だけは聞かせて欲しい。」と。そう尋ねる奈緒に葉菜は衝撃的な告白をする――。

そんな中、仁美はついに怜南のいる理髪店にやってきた――。

第8話

奈緒(松雪泰子)は継美(=怜南、芦田愛菜)に会いに来た仁美(尾野真千子)をギリギリのところで制止する。しかし襖の向こうにいる怜南に「ママとぎゅうってしよ?」とやさしく声をかける仁美は、怜南を虐待していた彼女とは別人のようだった。

そのころ駿輔(山本耕史)は昔の仁美と怜南を知る克子(五月晴子)を訪ねていた。「仁美ちゃんみたいにいい母親はなかなかいない」と言う克子に駿輔は驚く。いったい仁美と怜南に何があったのか……?

2003年、仁美は数ヶ月の怜南と夫・健史(並木幹雄)と幸せな生活を送っていた。数年後、女手ひとつで怜南を育てることになった仁美は次第に孤独を感じるようになっていた。そんな時に出会ったのがスナックを経営する浦上(綾野剛)だった…。

仁美の優しい言葉に、ついに怜南(継美)は襖を開けて自分から姿を現す。たまらず怜南を抱きしめる仁美。怜南も「ママ」と言って仁美の体に腕を回した。その様子をただ悲しく、成す術もなく見守る葉菜と奈緒は…

第9話

奈緒(松雪泰子)と葉菜(田中裕子)は、新しい戸籍を手に入れるために伊豆に行く準備をする。何も知らない継美(=怜南・芦田愛菜)は、三人で旅行に行けると大喜び。そんなある日、葉菜の主治医の珠美(市川実和子)が奈緒を訪ね、葉菜の病状を告げる。奈緒は葉菜の身体を心配するが、葉菜はあくまでも奈緒には病気のことを隠し続ける。そして、三人は伊豆に向かう。

一方室蘭で仁美(尾野真千子)から誘拐の話を聞いた警察は、捜査に動いていた。そして、鈴原家に刑事がやって来る。母・籐子(高畑淳子)は、奈緒とは疎遠になっていてよく知らないとその場を切り抜ける。果歩(倉科カナ)から相談を受けた駿輔(山本耕史)は、仁美に告訴状を出さないよう説得するため室蘭へ発つ。

伊豆で束の間の安らかな時間を過ごす奈緒と葉菜と継美。この安らぎが永遠に続けばいいと願う三人だったが、駿輔や籐子たちから警察の動きを知らされ愕然とする奈緒。とにかく戸籍を手に入れ、逃げようと決意する奈緒だったが…。

第10話

伊豆で事情聴取を受けた奈緒(松雪泰子)は、継美(=怜南・芦田愛菜)を誘拐したことを認め、逮捕される。葉菜(田中裕子)は、全ては自分が指示したことだと警察に訴えるが、奈緒を助けることは出来なかった。いっぽう継美は室蘭の児童養護施設に送られる。

奈緒が逮捕されたことで、鈴原家には連日マスコミが押しかけ、籐子(高畑淳子)は社長を辞任し、果歩(倉科カナ)は就職内定が取り消される。だが、それでも鈴原家では家族として奈緒を支えていく決意をする。

やがて奈緒は起訴され、裁判が始まろうとしていた。駿輔(山本耕史)は奈緒に面会に行くが、奈緒の頭にあるのは継美の心配だけだった。駿輔は、奈緒のこの強い母性そのものが奈緒の罪なのだと皮肉に思うのだった。

そんな中、怜南を虐待していたことで、母親の仁美(尾野真千子)が逮捕された。そして、いよいよ裁判の判決が奈緒に下される。それは…

第11話

奈緒(松雪泰子)のもとに室蘭の児童養護施設にいる継美(=怜南・芦田愛菜)から電話がかかってきた。そして、継美は奈緒に言った。

「お母さん、もう1回誘拐して」と。

奈緒は継美に会いたい気持ちと葛藤するが、電話はすぐに切れてしまった。

その後、葉菜(田中裕子)の命が残りわずかだと知った奈緒は、葉菜を理髪店に連れて帰ることを決意する。

そして葉菜と暮らす奈緒の元に室蘭の児童養護施設にいるはずの継美が――

出典:公式サイト

YouTube関連動画


主題歌:hinaco「泣き顔スマイル」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『Mother』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD
×
配信
なし
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi

見放題
※2021/5/31まで
2週間無料
お試しする
Hulu
見放題
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video

見放題
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『Mother』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『Mother』はHuluで配信中!

Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×

各動画配信サービス詳細

U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
FOD
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画
Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『Mother』感想コメント

女性として奈緒の選択に共感する部分もありながら、現代で子供の虐待が増えつつある中に、とても衝撃的なストーリーでした。それぞれの立場での母性が描かれていて、芦田愛菜ちゃんの悲しそうな表情や松雪泰子さんの静かに見守る演技は素朴だったが心打つものがありました。人を育てながら自分も成長しているとあらためて考えたドラマでした。(50代女性)

泣きながら見てました。実際に有り得る話だと思いました。絶対に見た方がいいドラマだと思います。演技はもちろんのことひき込む力が本当に素晴らしいです。今のご時世虐待をする親御さんや生まれて間もない赤ちゃんを殺してしまう方はなんでそうい風に考えてなって行動してしまったのか子供に対しての想いが変わると思います。本当に見て欲しいです。(20代女性)

どうして他人の子を誘拐してしまったのか、子供の欲しい家庭はたくさんいます。それなのに、子供の出来てしまう方は子供を大事にしない、矛盾している世の中です。子供は宝といいますが、それを大事にしているドラマでした。芦田愛菜ちゃんを起用してくれた意味もなんとなく分かる気がしました。芦田愛菜ちゃんの人の気持ちへの温かみが良く表現してくれているドラマでした。それでも親子の絆は深いんだなと思いました。(30代女性)

親子愛について深く考えさせられるストーリーでした。虐待を受けていた子どもを誘拐した母ナオ(松雪泰子)は自信も幼い時に母親に捨てられたトラウマを抱えています。誘拐したツグミ(芦田愛菜)と暮らす日々は短かったけれどナオの人生を根底から変えたと思いました。誘拐犯として逮捕されることになっても、きっとナオはツグミを誘拐したことを後悔していないと思います。ナオの実母ハナの抱えていた秘密が分かる最終回は衝撃を受けました。(40代女性)

母と毎回泣きながら見ていたくらい好きで、泣かされたドラマでした。芦田愛菜ちゃんが有名になった作品でもあり彼女が演じるれなちゃんがとっても良い子で…れなちゃんを連れ出した先生が捕まる所を見て、周りから良い判断だと思われても、いけない事もあるのかと複雑な気持ちになりましたが最後は満足して見終えることができました。(20代女性)

芦田愛菜さんはじめ、とにかく出演者の皆さんの演技が素晴らしく、入り込んでしまいました。虐待や毒親の描写が多くてとても軽い気持ちで見られるドラマではないのですが、そんな子どもをどうしても救ってあげたい、大事に守ってあげたいと思ってくれる大人もきっといる、と希望を持てるストーリーだと思います。(30代女性)

芦田愛菜ちゃんの演技には、毎回、泣かされました。まさに「天才子役」という感じの演技は、見ているうちに、私が母親になってしまいたいと思ったことが何度あったかわかりません。海外でもリメイクされているというのは納得できます。(40代女性)

感動の一言です。親子の絆とか愛情とかすごく感じられて涙が出てしまいます。偶然助けた命。2人の過ごす日常だったり、少しずつ縮まる距離だったり。一つ一つ心に響いてきて感動してしまいます。1話1話目が離せないドラマです。(20代女性)

何度みても泣けます。芦田愛菜ちゃんがかわいそうで、虐待が多い世の中に、こんな状況で子どもが被害にあっているんだと思うと、心が苦しくならずにはいられませんでした。子どもは母親を選べませんし、子どもを産む前に現実を知るためにも、色んな人に見てもらいたいと思ったドラマでした。このドラマで綾野剛さんがすごく憎い役で出ていたのが衝撃的でした。(30代女性)

「Mother」は、親子の愛の物語でありながら、逃避行ものでもあるのでハラハラドキドキしながら見れて楽しめます。小さな芦田愛菜ちゃんが、「もう一度誘拐して」って電話で言うシーンは、胸をえぐられるような気持ちになりました。(40代女性)

関連作品