日本沈没ー希望のひとー

ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』詳細

放送期間  2021年10月10日 – 12月12日
放送局 TBS
話数 9
キャスト 小栗旬
松山ケンイチ

ウエンツ瑛士
中村アン
与田祐希
比嘉愛未
石橋蓮司
吉田鋼太郎
杉本哲太
風間杜夫
風吹ジュン
仲村トオル
香川照之
ほか
公式SNS 公式HP Twitter Instagram
イントロダクション

TBSでは、2021年10月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時放送)で『日本沈没-希望のひと-』を放送することが決定した。原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。翌年にはTBSでテレビドラマ化がされているが、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。
刊行から48年の時を経て、大きくアレンジを加えて新たにお届けする今作は、主人公を含めオリジナルキャラクターで、2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。
主人公・天海啓示(あまみ・けいし)を演じるのは小栗旬。2021年公開のハリウッド映画「GODZILLA VS. KONG」(原題)に出演、2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では主演が決定しており、令和の日本を代表する俳優の一人として、ドラマ・映画・舞台とジャンルを問わず活躍している小栗。2010年主演の日曜劇場『獣医ドリトル』以来、11年ぶりに日曜劇場に戻ってくる。小栗が今作で演じる天海は、目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭達を招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

どんな状況でも、あきらめない人がいる。
周囲の意見に惑わされず、信念を貫く人がいる。
私たちは信じている。
この国には、そんな熱のある人が残っていると。
国民を守るためにあらゆる手を使い、戦い続ける勇気のある人がいると。
これは、国家の危機に瀕してもなお、
一筋の希望の光を見出すために奮闘する人たちの物語である。

オリジナルの登場人物でお届けする
2021年10月10日スタートの日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』。
今の時代だからこそ、
諦めずに未来を信じ続けた者たちの究極の人間ドラマにご期待ください。

各話あらすじ
第1話

2023年、東京。東山総理(仲村トオル)は、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼)のもと「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。
さらに官房長官の長沼周也(杉本哲太)が、東山が“未来の日本”を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”を発足すると発表。そのメンバーに環境省の天海啓示(小栗旬)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)も選ばれていた。目的達成のために強引な手段もいとわない天海は、自身の提案を通したいがために東山総理にすり寄り、同時に総理の抵抗勢力である政界のドン・里城副総理(石橋蓮司)をも懐柔しようとする。さらには、両者に顔が利く「生島自動車」会長兼経団連会長の生島誠(風間杜夫)を同期の常盤に紹介してもらい、近づいていく。

そんな折、ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介(香川照之)の記事が載る。この記事が原因で、一部の団体がデモを起こし、天海は事態収束のために田所と対面する。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不気味な予言を放ち、天海は翻弄される。
そんな矢先、天海は週刊誌・サンデー毎朝記者の椎名実梨(杏)に「Dプランズ」という環境ビジネスで稼ぐ企業と環境省のあらぬ癒着疑惑を突きつけられる。
一抹の不安を抱えつつ、常盤と共に趣味のスキューバダイビングに出かけた天海は、そこで衝撃的な出来事に遭遇する・・・。

第2話

田所博士(香川照之)の予測通り、日之島が沈んだ。それは関東沈没の前兆が起きたということになる。環境省の天海啓示(小栗旬)は日本未来推進会議で、対策を早急に行うように訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼)は日之島が沈んだのはただの地滑りだと真っ向から否定し、東山総理(仲村トオル)と共に会見を開き、説明を行う。
納得がいかない天海だったが、週刊誌に天海が企業から不正にお金をもらっていたという記事が掲載される。疑惑を否定する天海の言い分は聞き入れられず、環境省では謹慎処分となり、未来推進会議からも外されそうになってしまう。
絶体絶命のピンチの中、天海は田所から「解決の糸口になるかもしれない」と、海上保安庁の海底調査のデータを入手するように頼まれる。天海は経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)にデータの入手をお願いするが…。

第3話

「関東沈没が1年以内に始まる」という田所博士(香川照之)の分析報告を総理官邸で聞いた天海(小栗旬)は、対策の緊急性を強く訴える。しかし、里城副総理(石橋蓮司)は田所を詐欺学者と決めつけて相手にせず、東山総理(仲村トオル)もすぐには決断できないでいた。天海とともに危機感を募らせる常盤(松山ケンイチ)に、記者の椎名(杏)が接触してくる。彼女は田所が総理官邸に招かれたことで、ただならぬ事態が起きていると感じていた。
その夜、常盤は常盤グループ会長で父親の統一郎(小野武彦)に呼ばれる。呼ばれた先には、里城がいた。同期である天海の人間性や関東沈没説に対する見解を聞かれ……

第4話

新聞に「半年以内に関東圏沈没」の記事が出た。里城副総理(石橋蓮司)や長沼官房長官(杉本哲太)がネタ元の特定に躍起になっている中、東山総理(仲村トオル)は椎名(杏)を呼び出し問い詰めるが、椎名は東山が会見をするべきだと伝える。
その後、天海(小栗旬)とも話した東山は、会見を開くことを決意。そこで、時期や確率は明確にしなかったが、関東沈没の可能性が総理の口から語られたことで、人々は大混乱に陥る。東山の命により危機対策が日本未来推進会議に委ねられて、常盤(松山ケンイチ)を中心に迅速な対応が進んでいく。
そんな中、ワイドショーで関東沈没の現状を赤裸々に話す田所(香川照之)。それは東山が発表していない情報で、勝手な告発に常盤は怒りを抑えられない。一方で毎朝新聞にリークしたのも天海ではないかという疑念がぬぐえずにいた。
二人の仲に不穏な空気が漂う中、二人は企業からの支援を募るために、経団連会長の生島(風間杜夫)に会いに行った。
しかし、そこには思いがけない人物が…。

第5話

恐れていた関東沈没は突然始まった。首都圏を中心に深刻な打撃を受けた。沿岸部にいた天海(小栗旬)と椎名(杏)も関東沈没に巻き込まれて、その被害を受ける。
さらに、天海の妻・香織(比嘉愛未)と娘の茜(宝辺花帆美)、椎名の母・和子(宮崎美子)らが乗った避難バスが、トンネル崩落事故に巻き込まれたという情報も入る。
そんな中、東山総理(仲村トオル)は総理官邸の災害対策本部から、国民に向け全力の対応を約束する。そして、常盤(松山ケンイチ)ら日本未来推進会議のメンバーは、不安を感じながらも東山総理の指示の下、被害状況の把握や被災者の救助などの対応にあたっていた。

今や政府も国民も注目しているのは第二波がくるのかどうか。
昼夜を徹してデータの検証作業を行っていた田所博士(香川照之)が一つの結論に達する。
導き出したこととは…

第6話

日本未来推進会議に天海(小栗旬)が戻って来た。首都東京の復興に向けて、取り組む決意を誓い合う。
国民も日常を取り戻しつつあり、政府でも、復興に向けた議論が進められていた。
その復興計画をめぐり、東山総理(仲村トオル)と里城副総理(石橋蓮司)は再び対立。
関東沈没を経て、東山も里城に立ち向かう覚悟を決めていた。
しかし、東山主導のもと、未来推進会議が進めていた復興計画に突如ストップがかかる。里城が東山の覚悟を上回る奇策を講じてきたのだ。
そんな中、天海は田所博士(香川照之)に呼ばれる。
そこで伝えられたのは日本沈没、という事実。
1億2千万人の命を救うために、動かなくてはいけなくなる。
ただ、里城だけはその事実をいまだに認めていない。天海は独断で、国民の命を救うためにできることをやろうとするが、高い壁に阻まれる。
そんな中、衝撃の出来事が起こる!

第7話

日本沈没の機密情報を漏洩した疑いで、田所博士(香川照之)が東京地検特捜部に連行された。
国家機密とされていた日本沈没も里城副総理(石橋蓮司)主導のもと、なかったことにされようとしていた。
追い討ちをかけるように、著名なジェンキンス教授(モーリー・ロバートソン)も日本沈没を否定。企業の協力も得ることができず、天海(小栗旬)は、窮地に追い込まれる。
一方、Dプランズから政府に接触があり、海外の土地購入の話を持ちかけてくる。秘密裏に動くべく、その土地を東山総理(仲村トオル)は購入を決断。
そんな中、天海は椎名(杏)の協力を得ながら、田所を陥れたい人物を特定しつつあった。
その人物とは……?

第8話

アメリカの会見を受けて、中国は日本政府との移民交渉を完全に遮断。そして、世界各国も中国の動きに同調し、もはや世界との移民交渉の窓口は閉じられた。
また、日本沈没という情報が全世界に知れ渡り、日本国内でも政府や東山総理(仲村トオル)に対しての怒りやデモは日増しに高まっていた。
そんな中、中国に再度交渉しに行った日本政府は、到底不可能な条件を突きつけられる。
天海(小栗旬)と常盤(松山ケンイチ)は、何とか移民交渉を進めるために中心となって動くが、なかなかうまくいかない。八方塞がりの中、田所博士(香川照之)からは日本沈没はいつ起きてもおかしくないという話を聞かされる。

追い込まれた天海は、唯一の打開策を思いつく─
それは、中国に対しての一か八かの危険な賭け。里城副総理(石橋蓮司)の協力も得て、その賭けに出る天海だったが…。
そして、衝撃的な出来事が待ち受けていた…

第9話

東山総理(仲村トオル)を狙ったテロのニュースは、全世界に大きな衝撃を与えた。
国内の情勢が不安定と判断されて移民計画に影響することを恐れた日本政府は、早急に里城副総理(石橋蓮司)を総理代行にして世界へアピール。
しかし、移民計画が進行していた矢先に、さらに予期していなかった悲劇が起こってしまう…。
天海(小栗旬)、常盤(松山ケンイチ)ら未来推進会議が中心となって事態の打開に挑むが、状況は改善しない。そして、遂に全世界で日本人移民の受け入れ停止が発表される。
そんな中、追いうちをかけるように田所博士(香川照之)から、「日本沈没までもう時間がない」と警告される。それでも最後の一人を救うまで、天海は関東に残って立ち向かう決意をする。
そして、ついに恐れていた日本沈没が─
天海や常盤は、無事なのか…
日本人にとって希望のひととなれたのか!?

出典:公式サイト

YouTube関連動画

[新日曜劇場]『日本沈没― 希望のひと―』その学者は救世主か? 大嘘つきか? 真実に辿りつくのは誰だ 10月10日スタート!!【TBS】

『日本沈没 ―希望のひと―』12/12(日) 最終回 遂に起きてしまう、日本沈没…希望を捨てるな!!【TBS】

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD
×
配信
なし
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi

見放題
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』はParaviで配信中!

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×

各動画配信サービス詳細

U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
FOD
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』期待・感想コメント

小栗旬、松山ケンイチ、杏といった主役級の俳優が何人も揃っているので、なんといっても豪華なキャストなので映画のような壮大な作品なんではないかと期待が大きいです。テーマも日本沈没と壮大なものなので来季1番期待のドラマです。(30代女性)

原作に基づいた重厚なドラマを期待している。政・財・官・学のそれぞれの思惑が絡まった複雑なストーリー展開が楽しめそうだ。近年、エリート学生の官僚離れが危惧されているが、このドラマが官僚人気の復活の一助になることを期待したい。(40代男性)

「日本沈没」がまたドラマ化されると聞いて、懐かしい!という気持ちと共に、現代風にどうアレンジするのかなととても興味が湧いています。私のように考える中高年はきっと多いと思います。日本沈没なんて、ありえない出来事のように思うのですが、昔よりも現代はありえない出来事が次から次へと起きていますよね。気象状況しかりコロナ禍しかり。前例のない事が起きた時、どう判断してどう対処するか?自分事として、いろいろ考えさせられそう。杏さんの演技を久しぶりに見るのも楽しみです。松山ケンイチさんも大好きなので、活躍してほしいです。(50代女性)

クールに出世ばかりを狙う官僚役をイケメン俳優の小栗旬さんと、学者ながら胡散臭い行動が見え隠れする役柄をクセのある演技力がハンパない歌舞伎役者で俳優の香川照之さんの共演が楽しみながら、正反対な雰囲気を放つだけにどんな化学反応となるのかワクワクしています。(30代男性)

このドラマに出演する俳優さん達が豪華すぎて、それだけでも超期待できると思います。小栗旬さんが主演なので演技力も期待できるし、昭和を代表する小松左京さん原作の小説を現代版にどのようにアレンジしているのかも興味がわいています。(50代女性)

日本が沈没するという内容が今のコロナウイルスに翻弄され続ける現実にリンクしているだけに興味が湧いてしまい、現実の不甲斐なさをドラマでスカッとさせてくれると期待し、主演の小栗旬さんの人間の本質に迫った濃厚な演技が見られると楽しみにしている。(60代女性)

この不安感がいっぱいの時代に、ドキッとするような題名のドラマですが、不朽の名作にオリジナルを加えたドラマになるということで、大作になる予感がしています。日曜劇場の時間帯は、とても見ごたえのあるドラマが多く、このドラマもきっとそうなりそうだなあと大いに期待しています。出演される俳優陣も、小栗旬さんや、松山ケンイチさん他、まるで映画のような豪華なメンバーなので、とても楽しみです。(20代女性)

日本沈没という題名の作品で、私たちの毎日には関係していないかのように見えて、希望や期待を貰えそうな気がして今から楽しみです。辛いことがあって、乗り越えられないと思うようなことがあっても諦めない姿勢を見せてくれることを願っています。(20代女性)

原作はタイトルだけしか知らないのですが、今の日本の危機的な状況に合致していると思っており、現代でどうドラマで描いていくのかとても楽しみにしています。今まで数々の名作を作ってきた日曜劇場ならではの視点でしっかりと問題提起をしてくれることを期待しています!(30代女性)

これまでドラマはもちろん、映画、アニメや漫画にもなっている「日本沈没」。この度2023年東京を舞台に再ドラマ化です。未曾有の危機に立ち向かう主人公のやりて環境省官僚・天海啓示に小栗旬が決定。更に松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之とベテラン役者が勢ぞろいで物語だけでなく演技バトルも楽しめそうです。(60代女性)

タイトルから引きつけられるし出演しているのも小栗旬、松山ケンイチ、香川照之など実力派が揃っているなと感じました。クオリティの高い作品に仕上がりそうだなということは直ぐに理解できました。何か名言が数多く出そうな予感がするドラマです。(60代女性)

小松左京さんの名作を、現代を舞台にオリジナルのキャラクターでドラマ化されることにとても興味を持っています。日本が沈没するという事実に対して、希望を見出すことをテーマに、人々の考えや行動を丁寧に描きます。きっと優しさや誠実さや愛情を描く感動作になると思います。小栗旬さん、松山ケンイチさん、香川照之さん、杏さんたちの実力派俳優の渾身の演技にも期待しています。(60代女性)

関連作品