さよなら、小津先生

ドラマ『さよなら、小津先生』詳細

放送期間 2001年10月9日 – 12月18日
放送局 フジテレビ
話数 11
キャスト 田村正和
ユースケ・サンタマリア
瀬戸朝香
西田尚美
京野ことみ
小日向文世
谷啓
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション

ここに、一人の男がいる。裕福な家庭に生まれ、中学時代は、バスケットボール部で活躍した。高校は進学校で、バスケは断念したが一流大学を出て、一流銀行に就職、出世し、結婚して家族を持った。何も問題のない人生を送っていた…。
小津南兵【田村正和】。小津は五十を過ぎて、初めて蹉跌を味わうことになる。勤めていた銀行のNY支店長として、本社の命令のまま、法を超えた危険なディーリングに関わり逮捕される。出所して日本に戻った時には全てを失っていた。職、名声、家族、財産。残ったのはブランドのスーツと前科者のレッテルだけ。
「俺には才能がある。必要としている企業や銀行はいくらでもある」
再就職の困難さと直面しながらも、小津はなおも、かつてのポストを追い求める。それが叶うまでの、とりあえずの仕事として、不本意な職に就く…。
小津は、東京の私立高校の臨時教師となる。小津は子供が嫌いだ。いや、人が嫌いなのだ。人を信じられなくなっていた。信じないから、人を人とは見ない。まして教育なんかに興味はない。生徒たちも、やる気がなく、校内は覇気のない空気に覆われていた。

教師は、子供に何も教えない、教えられない。このドラマは、小津と若者たちの激しくもおかしい交流をコメディタッチで描きながら、大人が子供に教えられ、成長していく人間賛歌の物語である。

出典:公式サイト
各話あらすじ
第1話

金融クライシスの波に飲まれ、職場を追われたエリート銀行員・小津が、選ばざるを得なかった高校教師の職。
そこはイマドキの子供の養殖場であった。だが、プライドと自尊心で満タンの自己中心的独善主義の固まりの小津がそれを咎めだて出来るわけがない。生徒たちには生徒たちの論理と真実があった。小津と生徒たちは、鏡に映るような己の姿を見せあい、何を学び掴んでいくのか・・・。
小津には田村正和、同僚の教師陣にユースケ・サンタマリア、瀬戸朝香、西田尚美、京野ことみ。生徒には、森山未來、忍成修吾、一戸奈未。
1年前までは、ニューヨークでバリバリの銀行員として働いていた小津南兵(田村正和)は、光陰高等学園の教壇に立っていた。贈賄で逮捕、罪を一人で被り、つい1ヵ月前に出所したのだ。教室はメールを打つ者、いちゃつく者・・・そこは「イマドキ」の10代で埋まっていた。小津は、なぜ自分がここにいるのか自問するのだった。
1ヶ月前、帰国した小津はすぐに東京の本店へ出向いたが、彼の居場所は無かった。
家に帰ると妻の静香(余貴美子)が、離婚届を持ってきた。
そんな夜、小津はホテルのバーで、騒ぎ続ける若者の一団に出くわした。注意すると、中の一人、加藤賢(ユースケ・サンタマリア)が「こいつ転落の銀行員だ。脱走したの?」と酔った勢いではしゃぎだした。それを殴り飛ばしたのは女性の足利みゅー(瀬戸朝香)だった。一団はぞろぞろと帰り始めた。「?」の小津であった。
小津は、銀行への就職活動を始めた。感触はいい。だが、不採用の知らせばかりが届く。そんな折、同期の島谷(大杉漣)が現れ、高校教師の仕事を斡旋する。
家に帰ると、絵理(水川あさみ)が言う。「ママ、この人、幽霊みたい」。その言葉を聞いた小津は決心した。静香の離婚届に判を押し、島谷の申し出を受けることにしたのだった。

第2話

パリっとしたスーツに身を固めた小津(田村正和)は、エグゼクティブ銀行員時代の癖が抜けずタクシー通勤。校門で遅刻監督をやっていたみゅー(瀬戸朝香)は呆れ果てる。小津は授業を始めるが、ほとんどの生徒達はそれぞれ好き勝手なことをやっている。怒った小津は教室から出ていってしまう。授業放棄だ。
そんな時、カトケン(ユースケ・サンタマリア)のクラスの生徒が無銭飲食したとの報が入る。あわてて現場に向かったカトケン自らが支払いをして警察沙汰にはならなかった。無銭飲食したのは浩二(森山未來)ら5人。
放課後、彼らの処分を話し合う先生達。だが生徒たちのことを考える者はいない。結局、5人が所属するバスケ部を明日の試合を最後に休止することで話がまとまった。小津は5人のことが気になる。それぞれに問題を抱えている生徒たちだ。
カトケンはマンションの自室でみゅーを待ち受けていた。「マイケル・ジョーダンのユニフォームをあげる」とみゅーを誘ったのだ。が、みゅーはボディガードに小津を誘ってやって来た。
再びチャイムが鳴った。訪ねてきたのは浩二だった。浩二は「胴上げ楽しみにな」とだけ言い残して帰って行った。
翌日、体育館でバスケの試合が始まった。浩二はうまいが、点差は開くばかり。前半で100点差付き、試合は「コールド」負けした。バスケ部はこの試合を持って休止になるはずだが・・・。

第3話

光陰学園、朝の職員室では、小津(田村正和)が、バスケ部の顧問を宣言したことが話題になった。感激するみゅー(瀬戸朝香)、うんざりする一葉(京野ことみ)・・・。ところが、小津は「つい言っちゃった」と他人事のようである。だが、授業が始まると、浩二(森山未來)、光(脇知弘)、章夫(池田貴尉)、淳(忍成修吾)らに、「放課後、体育館で待っている」と言い渡してしまった。しかし、5人は来ない。ただ、5人は、代々木公園で楽し気にボールで遊んでいるのだった。
カトケン(ユースケ・サンタマリア)は、小津が勝手に住み込むのが許せない。部屋に住むルールを決めようと言い出すが、どうやっても小津のペースは崩れない。
翌日も小津は「練習へ出てこい」と誘ったが、5人は体育館に来なかった。その次の日、小津の携帯が鳴った。島谷(大杉漣)から「お前が必要になったから、銀行に来てくれ」という電話だった。
放課後、小津はまた、体育館で5人を待った。すると、転校を控えた章夫が現れた。事業に失敗した章夫の父には、どこの銀行も金を貸してくれない。今後は高校を辞めて働けと言われている章夫。そんな彼に小津は2学期だけでもバスケやろうと誘う。その時、光が割り込み「誘惑するんじゃねぇ」と小津を突き飛ばす。「私もきっと君のように刺々しいんだな。章夫君こいつらと離れられてよかったな。私は負けてヘラヘラしてたくはないんだ」と言い放ち、小津は、その足で銀行へ向かった。
島谷によると、ある不良債権を隠蔽工作して欲しいのだと言う。小津はすぐさまやり手銀行マンの顔に戻り、バリバリと指示を始めた。島谷は「銀行に戻ってくれ」と小津に懇願する。だが、小津は・・・。

第4話

小津(田村正和)は、加藤(ユースケ・サンタマリア)に「バスケ部の連中が練習するそうだ」と報告した。驚きのけぞる加藤。だが、実際、2年1組の浩二(森山未來)、光(脇知弘)、章夫(池田貴尉)、淳(忍成修吾)も、1年の健太(勝地涼)もバスケのウエアを用意して登校していた。しかし、バスケ部員は「あんたには関係ない」と小津を拒否する。章夫だけは小津に笑顔を向ける。
小津はその帰り、章夫の家へ向かった。小津には、父親と銀行と間に融資トラブルがあることが見てとれた。小津はみゅー(瀬戸朝香)に「休部になる前に、練習試合の相手を探してくれ」と頼むのだった。
小津が家に帰ると、加藤と一葉(京野ことみ)がいる。小津は3人でバスケ部の練習計画を練り始めた。まるでビジネスの組織マネジメントを指揮するかのように的確に計画を立てる小津を見て、驚く二人。「経営もスポーツも人材管理課だ」と小津は言い放つ。
翌朝、小津は体育館をのぞいた。携帯が止められ別れた母親と連絡できなくなったと言う章夫に、小津は「うまくなりたいか?ならドッジボールのようにボールを壁に向かって投げ続けろ」と指導する。そこへ、みゅーが「練習試合が取れた」と飛び込んできた。
職員室では、佐野(小日向文世)がバスケ部を休部ではなく廃部にしようと提案。何故そんなに生徒達を信用しないのか。小津は無言で聞くしかなかった。また、まなび(西田尚美)は生徒達に廃部になることをどう伝えるか悩んでいた。
そして練習試合が始まった・・・。

第5話

小津(田村正和)は久し振りに娘の、絵理(水川あさみ)に会った。化粧の濃くなった絵理は「あんたに父親の資格はない」と言われ、苦り切る小津であった。
剛(瑛太)と未句(中川愛海)が遅刻してやってきた。佐野(小日向文世)とまなび(西田尚美)が見咎めると、剛は「一葉先生(京野ことみ)と淳(忍成修吾)が深夜デートするのはいいのかい」と開き直った。教師二人は息を飲んだ。
休み時間、小津は、加藤(ユースケ・サンタマリア)とみゅー(瀬戸朝香)に頼んで、章夫がいなくなった穴埋めのメンバーをスカウトしていた。偶然やって来た剛は、みゅーが投げたボールを、見もせず受け止めた。小津の目が光った。
そのころ校長室には、淳の父親孝正が怒鳴り込んできていた。「子供を預けているんです。明日までに納得いく説明を」と孝正は言い残し、立ち去った。
職員室では、一葉に事情を聞いていた。「誘われて、なんとなく歩きながら話を・・・。すいません」と一葉。「すいませんですむの!?君のしたことは軽率だ」と小津が口を挟んだ。いつになくきつい口調の小津であった。
加藤は、小津が一葉の件を、正論で追い詰めたのが不思議だった。小津は逆に加藤の過去を聞き出そうとした。加藤は前の学校で、ある女生徒に慕われ、距離を取ろうとしたら、根も葉もない噂を流され、結局学校を辞めざる得なかったのだと言う。「生徒と先生の距離は難しい」とつぶやく加藤。
翌日、孝正が校長室へ訪れた。一葉の処分が「訓戒」と聞いて、孝正は息子を学校を辞めさせると言い出した。責任を感じた一葉は自分が辞職すると言い出す。
何故、男子生徒から誘われて一葉はついていってしまったのか。小津は不思議だった。
また、淳も厳格な父親に甘えたことが無い子供であることを、小津は浩二から聞かされる。
そして小津、加藤、一葉は、孝正の働く証券会社の本社を訪れた・・・・。

第6話

剛(瑛太)がバスケ部に加入したが、抜きん出て上手い剛は、浩二(森山未来)たちを無視し勝手にゴールを決め、キャプテン風を吹かせ始めた。当然、光(脇知弘)たちと諍いが始まった。
加藤(ユースケ・サンタマリア)らは心配するが、小津(田村正和)は試合に勝つために、剛をキャプテンにする。剛はますます傍若無人の振る舞いである。そんな様子を見て、みゅー(瀬戸朝香)は竹刀を剛の額に振り下ろしてしまう。
佐野(小日向文世)やまなび(西田尚美)はみゅーの体罰を責めるが、みゅーは躾も必要だと、信念を通す。だが、翌日から、みゅーの授業のボイコットが始まった。
小津は、まなびにバスケ部の試合を申し込んでくれ、と頼んだ。相手は娘の絵理(水川あさみ)の高校だった。
剛のワンマン振りが続くバスケ部。健太(勝地涼)が、つい、もらした。「こんなんで勝っても、章夫先輩喜んでくれるかな」。学校を辞めていった章夫のことばかり考えている彼らに腹を立てた剛は、章夫が残していったタオルをむしり捨て、立ち去って行った。そんな剛の心の内を考える浩二。
一方、みゅーの女子バスケ部は退部希望者が出始めた。気弱になったみゅーに小津は「あの子達は我々を親だとは思っていない」と諭す。

第7話

小津(田村正和)は、静香(余貴美子)から、娘の絵理(水川あさみ)が家に寄りつかない、という話を聞いた。心配な小津は、娘に会うことを約束した。
学校では、健太(勝地涼)が、同級生から金をたかられていた。聞きつけたバスケ部の浩二(森山未来)、光(脇知弘)、淳(忍成修吾)は屋上へ走った。加藤(ユースケ・サンタマリア)も後を追った。怒った光が、健太にたかっていた生徒を殴り飛ばす。加藤は、事を荒立てず、浩二たちに教室に戻るよう指示するが、校長室に呼び出された。
佐野(小日向文世)はこの事件の現場に居合わせた加藤を責めるが、加藤は断固バスケ部生徒たちを守ろうとする。
だが、翌日、殴られた子供たちは親を連れ立って、学校に乗り込んできた。学校側の対応を協議するため、放課後職員会議が開かれた。しかし小津は絵理に会う約束をしており、気がきでない。もう、静香と絵理は喫茶店で待っている。小津は「責任は私にある。私が辞める」と立ち上がった。
小津が来ないのを冷めた顔で「来ないじゃない」と言う絵理。そして静香を残し、危ない感じの若い男と出て行った。
学校では、小津が加藤とバスケ部員を伴って、殴られた生徒の親達に謝罪を始めた。「二度と人を傷つけないと約束し、頭を下げて謝りなさい」。小津は、浩二たちに指示し、深々と頭を下げた。
小津はその足で静香と絵理の待つ喫茶店へ向うが、すでに絵理は去ったあと。激昂する静香に小津は答えられない。
一方、バスケ部のメンバーは憮然として渋谷の街にしゃがんでいた。そこへ剛(瑛太)に話し掛ける者がいた。以前の悪仲間・青山(水谷あつし)だった。青山が連れている女学生はなんと絵理だった。

第8話

生徒の暴力事件にからんで休職処分を受けた加藤(ユースケ・サンタマリア)は、小津(田村正和)の世話を、まるで奥さんのようにかいがいしく焼いている。
学校へ小津が行くと、みゅー(瀬戸朝香)が、バスケの新人戦を男子の分まで申し込んだと言う。小津の顔に、つい笑みが浮かぶ。それを聞いた浩二(森山未来)、光(脇知弘)、淳(忍成修吾)、剛(瑛太)のバスケ部員は、顔つきをきりりと変えた。
放課後の部活時間になった。部活に熱が入る。だが、健太(勝地涼)だけが沈んだ表情でその場を離れていくのだった。
それに気付き健太の後を追った一葉(京野ことみ)は、健太の顔に新しい傷があるのを見つける。一葉は家庭内の暴力だと察した。
そんな夜、絵理(水川あさみ)が光司や遙(一戸奈未)を訪ねて来た。絵里の話で、小津がバスケ部で国体にまで出場したこと、それを受験のために親にやめさせられたことが分かる。
健太は、光の家の門を叩いていた。光の父親は大物政治家で、豪邸である。健太は光に暗い表情で「泊めて下さい」と言い出すのだった。
翌日、職員室で、一葉は、自分の考えを佐野(小日向文世)たちにも話した。「ほっとけない」と言う一葉に、佐野は「家庭のことには口をだせない」と諭す。小津はそのまま、健太の家に向かった。父親の常雄と母幸江がいた。小津が「お子さんに手をあげてませんか」と訊ねると、「証拠あんのかよ」と凄むのだった。
翌日、常雄が学校に乗り込んできた。佐野は憤然と「家の問題まで解決しようなんて思い上がりだ」と小津に詰め寄る。

第9話

高校バスケット連盟が光蔭学園に対して新人戦の男子出場を認めないと通告してきた。チームのマナーが悪いからだという。小津(田村正和)、加藤(ユースケ・サンタマリア)、みゅー(瀬戸朝香)は困惑した。加藤が「連盟に掛け合ってきます」と飛び出し、みゅーも後を追った。
浩二(森山未来)たちは小津に迫った。「おれら、出られないの?」。小津は「カトケンがなんとかする」と言うのが精一杯だった。
加藤とみゅーは連盟を実質上仕切っている柳沼教諭の高校へ出向いた。柳沼はスパルタ指導で有名で、そのチームは優勝候補だった。
そんなころ、小津は娘の絵理(水川あさみ)に呼び出され喫茶店へ現れた。絵里と一緒にいたのは島谷(大杉漣)だった。島谷が「銀行に戻って来てくれ」と言う。銀行が金融再建の部署を作り、島谷と小津が呼ばれたのだ。「お前がやれ。俺は、俺のすべき場所でやる」。そう言って小津は席を立った。
加藤とみゅーは柳沼を説得していた。頑なな柳沼を攻略できずにいると、みゅーは一計を案じ、そこを飛び出した。二人は、小津や浩二たちが待っている体育館へ入った。「みんな、明日朝九時集合。道場破りだ」
翌朝、光蔭学園男子バスケ部は、柳沼の高校へ向かった。「マナーが悪いかどうか、試合で確かめて下さい」とみゅー。「マナー違反をしたら出場は辞退します」と加藤。「10分終わって10点差ついても辞退します」と小津。
柳沼は渋々認めたが、自校のチームに、浩二たちを挑発するように小声で指示した。試合が始まった。柳沼のチームは、徹底して汚い手を使ったが、浩二たちは。我慢に我慢を重ね、残り3秒で9点差まで詰めたのだ。
「新人戦でお会いしましょう」。小津は、柳沼に首を掻き切る挑発ポーズを見せ、余裕の表情で立ち去るのだった。

第10話

小津(田村正和)は、男子バスケ部の新人戦出場のために辞職することを決心した。出場決定を加藤(ユースケ・サンタマリア)を通じて練習中の浩二(森山未来)らに伝えると、5人は小津のもとへ駆け寄って来て、興奮した口振りで決意を語る。小津は、複雑な思いでそれを聞くしかなかった。
島谷(大杉漣)は、復職をさらに説得した。だが、小津は「やり残していることがある。カトケンを私の代わりにするまで・・・」と呟くのだった。
加藤の部屋では、加藤とみゅー(瀬戸朝香)が小津の高級ワインを開けていた。そこへ小津が帰ってきた。慌てる加藤。だが、小津は、「そろそろ出て行く時期か・・・」と弱気を見せるのだった。
学校に、新人戦の案内が届いた。男子の1回戦の相手は、柳沼教諭の学校だった。さらに光蔭学園の顧問の欄の小津の名前が消され、「辞職」となっている。まなび(西田尚美)、佐野(小日向文世)、一葉(京野ことみ)はじめ、学校全体が小津の辞職を知るところなった。
だが、一葉だけは、小津の深意を探っていた。「誰かのために嘘をついている」と喝破した。それを聞いた加藤は、絵里(水川あさみ)を呼び出し、「銀行行きは断ったはず」と聞き出す。

第11話

小津(田村正和)は、銀行に戻った。役員に「債務者優先の経営改革」を約束させた小津は、島谷(大杉漣)とともに、新たな仕事に着手した。
そんなころ、光蔭学園では、加藤(ユースケ・サンタマリア)やみゅー(瀬戸朝香)、一葉(京野ことみ)らが、バスケ部員の浩二(森山未来)、光(脇知弘)、淳(忍成修吾)、健太(勝地涼)、剛(瑛太)、遙(一戸奈未)らと練習に励んでいた。
職員室に戻った、加藤は、みゅーと佐野(小日向文世)に、小津から渡された指導ノートを大切にしていることを見抜かれ、厳しく追及される。加藤とともに真相を知っているまなび(西田尚美)が堪らず「白状します」と、洗いざらい、辞職の顛末を話してしまった。
それは、すぐに部員にも知らされ、みゅーと部員は、小津の銀行へ向かった。「帰ってきて」とみゅーが願う。小津は無言である。浩二が言う。「カトケンとやるよ。だから新人戦は見に来て」。小津は静かにその場を去っていった。
荷物を取りに来た小津が加藤に伝えた。「俺は、バスケットコートに忘れ物をした。あいつらに、忘れ物をさせるな」。小津は背中で別れを告げた。
それから1週間。小津たちは泊まり込みのホテルで、浩二たちはコートで、必死で自分たちのエネルギーを燃やした。

出典:FOD

YouTube関連動画


主題歌:aiko「おやすみなさい」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『さよなら、小津先生』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD

見放題
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS

レンタル
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『さよなら、小津先生』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『さよなら、小津先生』はFODで配信中!

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画

各動画配信サービス詳細

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『さよなら、小津先生』感想コメント

田村正和の格好よさがよく表れている作品だと思った。元証券マンなので「政治・経済」の特に経済分野は授業でよく取り上げていたし英語の教師よりも英語が堪能だったり。バスケットボールに詳しかったり。とにかく田村正和が格好良かった。(40代男性)

関連作品