35歳の少女

ドラマ『35歳の少女』詳細

放送期間 2020年10月10日 – 12月12日
放送局 日本テレビ
話数 10
キャスト 柴咲コウ
坂口健太郎
橋本愛
田中哲司
竜星涼
富田靖子
細田善彦
大友花恋
鈴木保奈美
公式SNS 公式HP
イントロダクション

1995年。
不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、望美。
家族は、バラバラになり、
初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた…。
ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。

そして、2020年。
心は10歳、だけど体は35歳。
25年ぶりに少女が目覚めた!

「もし、あなたの大切な人が、
25年ぶりに目の前に現れ、
中身は、10歳のままだとしたら、どうしますか?」

全てが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、
主人公の“時をこえた”成長物語。

各話あらすじ
第1話

幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美のぞみはその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。

病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)の目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』!実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵たえ(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次しんじ(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美まなみ(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の『35歳の少女』である自分を受け入れられず……。

現在に馴染めないまま退院を迎えた日。多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。実はすき焼きは家族にとって因縁の料理。まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。そこに望美の初恋相手・広瀬結人ひろせゆうと(坂口健太郎)が訪ねてくるが……。

出典:公式サイト

第2話

望美(柴咲コウ)は初恋の相手だった結人(坂口健太郎)の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を受けとめようとする。
しかし、眠っている間に生理が始まっていたことにショックを受ける。
母・多恵(鈴木保奈美)には子供っぽい言動を諫められ、早く今の世界になじむようせかされるが……。
父・進次(田中哲司)は引きこもっている義理の息子のことで悩み、妹・愛美(橋本愛)は恋愛にとち狂い、結人に恋人代行を依頼するのだが……。

出典:公式サイト

第3話

第2話で家族に「望美、成長するね」と宣言したがそれは簡単ではなく、望美(柴咲コウ)は元教師の結人(坂口健太郎)に勉強を教わりたいと思う。
結人と娘を近づけたくない多恵(鈴木保奈美)は望美を学習塾に通わせるが望美は勉強についていけない。
望美の父・進次(田中哲司)は引きこもりの義理の息子・達也(竜星涼)の部屋に入ろうとするが達也に100万円を要求される。
望美の妹・愛美(橋本愛)は結人に愚痴聞きの代行を依頼するが……。
望美は自分を巡り家族の溝が深まっていることから結人に相談したところ、世の中を知る為に代行業を手伝うことに……。

出典:公式サイト

第4話

望美(柴咲コウ)は母・多恵(鈴木保奈美)を鬱陶しく感じ始める。

相沢秀男(細田善彦)の自宅前で泥酔し熱唱している動画が社内に出回り、愛美(橋本愛)はプロジェクトから外される。
相沢の今カノ・林田藤子(大友花恋)の仕業だと確信した愛美はトラブルを起こす。
そして、父・進次(田中哲司)は会社から早期退社を勧められる。

週2回、結人(坂口健太郎)と勉強できるようになった望美は、中学生レベルまで学習内容を進めることができた。
通うはずだった中学を見に行き下校途中の女子中学生と意気投合。
中学生のノリの娘に口出しする多恵だが、実は望美は《反抗期に突入》したようで、新たなトラブルが……。

出典:公式サイト

第5話

望美(柴咲コウ)は急速に成長し思春期を迎えた様子に、母・多恵(鈴木保奈美)は家庭教師の結人(坂口健太郎)と娘の距離に不安を感じ始める。
妹・愛美(橋本愛)は元カレ・相沢秀男(細田善彦)への気持ちを未だに断ち切れず、父・進次(田中哲司)も悩んでいた。
義理の息子・達也(竜星涼)が荒れ、母親の加奈(富田靖子)が怪我をしてしまう。
加奈は整形費用100万円を達也に渡す、と進次に告げる。
その頃、望美は結人への気持ちが募り、多恵に交際宣言してしまう。

出典:公式サイト

第6話

結人(坂口健太郎)と望美(柴咲コウ)は同棲を始める。
結人は教師の職探しをするが採用の道は険しく、次第に追い込まれていく。
そして、望美はまだアナウンサーの夢を諦めていなかった。
会社を辞めた愛美(橋本愛)もグラフィックデザイナーを目指すが就活は難航する。
やけになってお酒のトラブルを起こした父・進次(田中哲司)も行き場を失い……。

出典:公式サイト

第7話

望美(柴咲コウ)は結人(坂口健太郎)に親に挨拶させてほしいと頼む。
しかし、結人は家族とは縁を切ったと言う。

クビになり家庭内別居中の望美の父・進次(田中哲司)は、現在の妻・加奈(富田靖子)から離婚届を突きつけられる。
引きこもりの達也(竜星涼)はなぜか大金を手にし……。
就活が難航する愛美(橋本愛)は元カレ・相沢(細田善彦)と愛美の酔っ払い動画をアップした藤子(大友花恋)と鉢合わせし2人の結婚報告を聞いて大荒れ。
そして望美に根負けした結人は望美と親を会わせることになるが……。

出典:公式サイト

第8話

取り戻すことができない25年間に怒りと絶望から望美(柴咲コウ)は姿を消し、連絡がつかなくなる。
結人(坂口健太郎)は望美を探しながら教師として働き始めるが学校の方針に馴染めずにいた。
時岡家は多恵(鈴木保奈美)によって売りに出され内覧が始まり……。

その頃、望美はすっかり別人になっていた。
ひょんなことから望美の居場所を知った結人だが、望美の変わりように何とか元の姿に戻ってもらおうと意を決し……。

出典:公式サイト

第9話

多恵(鈴木保奈美)が倒れても望美(柴咲コウ)は心を閉じたまま。
愛美(橋本愛)は多恵の日記に書かれた思いを叶えようと望美に再び会いに行くが、望美は聞く耳を持たず。
結人(坂口健太郎)は多恵が倒れたことを知り、責任を感じる。
だが、児童が不登校になり、寝たきりの父親の容態が急変し……。

出典:公式サイト

第10話

多恵(鈴木保奈美)がいなくなった家で望美(柴咲コウ)と愛美(橋本愛)は一緒に暮し始める。
父親・進次(田中哲司)と義理の息子・達也(竜星涼)もそれぞれある決意を胸に抱き、再生へ向け進もうとしている。
そんな中、デザイナーの仕事に就けずにいた愛美は、かつての恋人・相沢秀男(細田善彦)と遭遇する。
相沢は林田藤子(大友花恋)と破局しており、新しい会社で一緒に営業しようと愛美を誘う。
その頃、結人(坂口健太郎)はいじめを受けた児童の助けになれず悩んでいた。
結人は退職願を手に最期の授業に臨む。

出典:公式サイト

YouTube関連動画

エンディング King Gnu「三文小説」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『35歳の少女』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD
×
配信
なし
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu
見放題
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS
×
配信
なし
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『35歳の少女』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『35歳の少女』はHuluで配信中!

Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×

各動画配信サービス詳細

U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
FOD
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画
Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『35歳の少女』感想コメント

自分の中の役者さんたちのイメージとこのドラマの役のイメージがかけ離れていて、違和感がありました。設定は面白かったので、違うキャストで観たいと思いました。鈴木保奈美さんの白髪が一番違和感でした。鈴木保奈美さんはスーツのエレガントな弁護士のイメージです。(30代女性)

のぞみさん(柴咲コウさん)が本当に子供のように見えていました。それでも体は35才で、家族関係も変わっていた。25年も事故で眠ってたんだから、もう少し周りも優しくしてあげればいいのに、と思ってました。自分は25年記憶をなくしてるのに、家族や周りは、文句ばかりで嫌になる気持ちもわかります。妹さんは小さい頃からお母さんがのぞみさんの看病してて、愛情不足で辛そうでした。お父さんは、現実逃避で別の家族を作り、お母さん家族突然亡くなられて悲しかったです。のぞみさんは、昔から好きだった人と別れてしまったり、いろんな試練があり、でも、挫折しそうになっても結局前向きに生きていく。25年私には記憶がないんだから、そんな25年間が嫌なら私にちょうだいよ。と家族に言ってる言葉が印象的でした。最後はのぞみさんに影響されながら、みんな前に向いて進んで行き、のぞみさんのアナウンサーの夢も叶い、亡くなったお母さんも喜んでいるんじゃないかと思います。(40代女性)

“10歳で事故に遭い昏睡状態になり25年後に10歳の心のまま35歳となって目覚めるという、これまでに見たことのなかった設定で興味深く毎回見ました。柴咲コウさんの35歳の体で10歳の少女の心のままの演技がとても上手いと感じました。そして反抗期等を経て少しずつ成長していく様子も巧みに演じられていたと思いました。同級生役の坂口健太郎さんが彼女と接するうちに自分を見つめ直し変わっていく姿も良かったです。”(50代女性)

10歳の時に起こした自転車事故により25年間眠り続けていた主人公が目を覚ましたところから始まるストーリーであり、自分の外見だけでなく、10歳当時に思い描いていた幸せな未来が訪れていないことに戸惑う主人公に胸が痛み、外見が35歳でありながら心は10歳という難しい役柄演じる柴咲コウさんの演技力に惹きこまれました。回を重ねる毎に遅れていた成長が訪れる姿が見られ、反抗期ですら喜びと受け取り涙する姿に25年という間に持ち続けていた不安がどれほどのものだったのかと痛感しました。途中、自分を見失う主人公が見られましたが、母親の死が再び家族を繋ぎ合わせる結末に悲しみが溢れます。身を持って幸せを繋ぎ合わせたと感じさせた母親の大きさに気づく主人公の姿には涙が止まりませんでした。止まっていた家族の時間が動き出し、それぞれが前を向いて歩きだす結末に心震えた作品であり、家族の存在の大きさに改めて気づかされた作品です。(30代女性)

事故で、25年も眠り続けていた少女の珍しいドラマでしたので魅了されました。体は成長しましたが、心は10歳のままなので、これからどんな人生を歩んでいくのかと心配にもなりました。お母さんも仕事をしながら毎日病院に駆けつけていたので素晴らしい母の愛を感じました。(50代女性)

最初はどのような少女なのかよく分かりませんでしたが、事故に遭ったという設定で、合点がいきました。女王の教室の遊川和彦さんの作品なだけに結構思い切った演出があり、母親も亡くなるのは辛かったですが最後まで楽しめました。(30代男性)

「35歳の少女」を見て、主演の柴咲コウさんが難しい役なのに普通に少女のように見えたので流石だなと思いました。演技力が素晴らしいとずっと思っていたので、これほどだとは思いませんでした。どういう気持ちで演技していたのか聞いてみたいです。(40代男性)

記憶喪失のようなことが起きてしまうことってあるのですが、35歳なのに中身は10歳のままで不思議な感覚だったと思います。女子高生の制服を着ていたときに、みんなで楽しそうにしていたのですが、いつまでも子供の気持ちを忘れないことって楽しいです。ですが精神的にまだ子供なのでややこしく気持ちが追い付かなかったです。(30代女性)

柴咲コウさんの9歳の無邪気な演技が素晴らしかったです。望美とその家族の再生のストーリーを見ながら家族とは何かなど考えさせられました。昔はとても優しかったお母さんがどんどん自分で抱え込んで厳しくなっていくところが切なくなりましたが、娘への想いも感じました。(30代女性)

柴咲コウと坂口健太郎が同級生と言うのがちょっと違和感を感じました。口ひげのある坂口健太郎がとても格好良かったです。鈴木保奈美のグレイヘアもとても似合っていました。母親役とても良かったです。田中哲司のお父さん役もなんだかいい味が出てて良かったです。(50代女性)

関連作品