東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』詳細

公開日 2007年4月14日
製作国 日本
上映時間 142分
監督 松岡錠司
原作 リリー・フランキー
キャスト オダギリジョー
樹木希林
内田也哉子
小林薫
松たか子
勝地涼
平山浩行
荒川良々
寺島進
ほか
公式SNS 公式HP
イントロダクション

九州の小倉。変わり者のオトンはボクが小さい頃から別居していて、15歳で家を出るまでボクはオカンと暮らしていた。
やがて故郷を離れボクは東京の美大に通い、オカンにあらゆる迷惑をかけ続けながら、ぐうたらな生活を続けていた。だが「ボクの最低の底もつき」、ついに仕事を始める。
やがて食えるようになり、オカンを東京に呼び寄せる。オカンと共に初めて手にした我が家。気兼ねなく暮らし、オカンはボクの友達にも飯を振る舞い、楽しい生活が始まった。ところが、オカンの身体はガンに冒されていたのだった…。

出典:公式サイト

YouTube関連動画

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD
×
配信
なし
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu
見放題
2週間無料
お試しする

TELASA

レンタル
15日間無料
お試しする

Amazon video

見放題
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS

レンタル
30日間無料
お試しするpt1,100付与

映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を見逃し無料視聴する!

▼映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』はHuluで配信中!

Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×

各動画配信サービス詳細

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画
Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
U-NEXT

 

月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』感想コメント

自堕落な生活をしていたボクがイラストレーターになってオカンと生活していく日常がリアルで面白かったです。がんの治療に奮闘する樹木希林さんのお芝居がすごく印象に残りました。オカンがオトンに会う時にすごく女性らしくなるのが可愛らしかったです。破天荒のオトンの生活に驚いたけどオカンとオトンはすごくいい夫婦だなと思いました。(20代女性)

お母さんっ子で育ったマー君が、東京の美大へ進学することになり、卒業後、一緒に暮らそうと呼び寄せたオカンが、マー君に対してもその友人知人に対しても愛情あふれる人柄でみんなから慕われ、ガンで闘病するオカンを看取るまでを描いているが、観ていて、息子にとっての母親も、母親に撮っての息子も、かけがえのない存在なんだなと、娘側の立場からは少々羨ましくもなる映画だった。たまに現れるオトンも、不器用ではあるけれど、オカンのこともマー君のことも大事に思っているのが伝わって、思い出すだけで切なく、それでいて温かい気持ちになる。(40代女性)

この映画を見終わった後に持ったのはとても悲しい寂しい気持ちになりました。作品自体はすごく良いと思うのですが自分の両親がどんどん衰えていく事と重なり映画を見ているときに自分の両親のことが頭をよぎり悲しくなりました。(30代男性)

リリーフランキーさんの自叙伝が原作ですよね。本の中よりも映像化されたオカンはとにかくかわいくて面白くて愛情深い。ほんとにリリーさんはお母さんのことが好きだったんだなと涙が出ます。お母さんは立派になった息子が誇らしいだろうなー。(40代男性)

私も片親で一人っ子だったから親が死んでしまうことを何より恐れていた。子供の頃には自分にとって圧倒的な保護者が、歳を取れば老いるし病気もする。逆に保護する立場にもなる。物悲しさもあるけどそれが大人になるってことなんだなと映画を見ながら思った。(40代女性)