若者たち2014

ドラマ『若者たち2014』詳細

放送期間 2014年7月9日 – 9月24日
放送局 フジテレビ
話数 11
キャスト 妻夫木聡
瑛太
満島ひかり
柄本佑
野村周平
広末涼子
斉藤由貴
橋本愛
長澤まさみ
蒼井優
吉岡秀隆
ほか
公式SNS 公式HP Twitter
イントロダクション

このドラマは、ある作品をベースにしている。それは…
1966年にフジテレビ系列で放送された青春ドラマ『若者たち』。登場するのは貧しい5人の兄弟(田中邦衛、橋本功、佐藤オリエ、山本圭、松山省二)。幼いころに両親を亡くし、兄弟だけで力を合わせて生きてきた。このドラマでは、5人兄弟がたくましく生きてゆく姿を通し、まだ残る戦後の傷跡、社会の貧困、学歴社会、学生運動など当時の社会問題を鮮烈に描き、若者はもちろん、多くの人々の共感を呼び、世代を超えて支持された。また同じぐらい、その主題歌「若者たち」(当初タイトル「空にまた陽が昇るとき」)は、強烈な印象を放って多くの人に影響を与え、今も人々の記憶に深く刻まれている。
しかし、今回のドラマは当時の作品をベースにしつつも、あくまで“今の社会”を切り取った現代版として、また兄弟だけではなく、彼らと関わる者たちとの青春群像劇として制作される。

出典:公式サイト
各話あらすじ
第1話

佐藤旭(妻夫木聡)、ひかり(満島ひかり)、陽(柄本佑)、旦(野村周平)の兄弟は、東京・下町の年季が入った一軒家に暮らしている。4人のほかに、次男の暁(瑛太)もいるが、ある事情により家を離れていた。
彼らは早くに両親を亡くしているため、長男の旭が親代わりとして兄弟たちを育ててきた。昔かたぎで頑固な旭は、お前たちを養ってきたのは自分だ、と口癖のように言うが、兄弟たちにはそれが煩わしい。
工事現場で働く旭が昼食を買いに通う総菜店では、澤辺梓(蒼井優)が働いていた。
長女のひかりは、大学病院の新生児集中治療室(NICU)で看護師として勤務していた。そこには、以前佐藤家の近くに住んでいたこともあり、兄弟が信頼している医師の新城正臣(吉岡秀隆)も勤務していた。
大学で勉強よりも芝居に打ち込む陽は、座長として劇団を引っ張るが、自分と団員たちの熱量の違いにイライラを募らせる。
事情により高校を中退した旦は、高校卒業の資格“高卒認定”を取るために予備校に通う日々を送る。そこには、謎めいた美少女の永原香澄(橋本愛)も通っていた。
一方、ある場所から出てきた暁に、タバコを吸い作業着を着た屋代多香子(長澤まさみ)が声をかけてきた。突然、「あなたが母を殺したんだろう」と言われた暁は・・・。
兄弟5人がさまざまな事情や問題を抱える佐藤家に、やがて思いも寄らない出来事が起こり――。

第2話

出所した佐藤暁(瑛太)が戻ってきたことで、佐藤家は大混乱となる。旭(妻夫木聡)と陽(柄本佑)は同居は認めないと言い、旦(野村周平)は暁のせいで高校を中退するはめになった、と怒りをあらわにする。ひかり(満島ひかり)はそんなやりとりを見つめていた。
そのうち陽が、問題はまるで罪を悔いている様子がない暁の態度だと指摘。それに対して暁は、陽の言う罪を悔いる様子とは何なのか、自分は2年刑務所にいて十分罪は償っている、と言い返す。すると旭が暁に、まず3000万円をだまし取った後に亡くなった屋代昌江(根岸季衣)の家族に謝罪に行けと命じる。しかし、暁は聞き流すと旭のへそくりを手にして家を出て行く。
その後、屋代家を訪ねたのは旭だった。昌江の遺影の前で手を合わせた旭に、娘の多香子(長澤まさみ)は、なぜ暁が来

第3話

佐藤家に戻った暁(瑛太)は、仕事もせず夜な夜なナンパを繰り返す自分を正当化する理由をまくし立てる。金持ちの女性と知り合い逆玉の輿を狙っていると自慢げに話す暁を、旭(妻夫木聡)は痛烈に批判。どれだけ大変でも人間は働く者なんだ、と暁の主張を退けるが、陽(柄本佑)は、我慢してまで働くのはアイデンティティーの喪失につながりかねない、などと反論する。そこにひかり(満島ひかり)や旦(野村周平)も加わり、いつものように言い争いが始まった。
旭は、そんな弟妹たちを、社会に出ていない半人前の考えだ、と決めつけたように言う。すると暁が、10年前に自分がこの家を出た理由を弟妹たちに教えても同じことが言えるのか、と詰め寄り、10年前のことを謝罪するまで、旭を兄だとは認めない、と言い放つ。旭は、ならば家には来るな、と怒りをあらわにするが、暁はこの家は父親が子供たちに残してくれたものだから、当然自分にも住む権利があると言う。そんな弟に旭は・・・。

第4話

佐藤旭(妻夫木聡)と澤辺梓(蒼井優)は暁(瑛太)ら弟妹に見守られながら、婚姻届けにサインをした。
1カ月後、陽(柄本佑)が演出を手がける舞台「飛龍伝」のチケットとチラシが出来上がってきた。しかし、旭は苦しい家計を助けるために芝居など辞めて就職しろ、と文句を言う。自分の就職が決まらないから、夢を諦めろというのは筋違いだ、と言い返す陽に、暁もひかり(満島ひかり)も旦(野村周平)も賛同する。
そんななか、劇団の資金30万円を劇団員の斉藤昌伸(小久保寿人)が持ち逃げするという事件が起こる。舞台の上演のために必要な経費がなくなり、陽たちは途方に暮れるが、今や女優として芝居に打ち込む永原香澄(橋本愛)は、斉藤を探そう、と諦めない。
病院にいたひかりは、同僚の内海弘喜(馬場徹)から新城正臣(吉岡秀隆)が不倫をしているらしいと聞きドキリとするが、その証拠だと言って新城のデスクから取り出した写真には自分ではない女性が写っていた。ひかりはそこに書かれた「キッカワミズキ」という名前が気にかかる。
斉藤が見つからず、資金繰りに苦労し劇団の統制も失われた陽は舞台の中止を決める。弟妹たちは仕方がないと励ますが、それを聞いた旭は、お前に覚悟がないからこうなったのだと怒り、舞台を上演しろ、と命じる。しなければ家から出て行け、と怒る旭に、弟妹たちはあ然とする。

第5話

家の前で倒れていた妻・梓(蒼井優)を慌てて救急病院に連れて行く旭(妻夫木聡)。医師の診断によると前置胎盤による貧血だという。旭は、お腹の子が早産の超低出生体重児の可能性があると聞いて焦るが、普通に出産できるケースもあると聞いてひとまず安心する。
医者の言葉にすっかり安心して、早産についても前向きに考えるようになった旭に対し、そんな軽く考えるな、と激怒するひかり(満島ひかり)。旭がどれほど兄弟たちの「親代わり」となってきたか言い張るうちに、兄弟の間で「本当の親とはなにか」について、相変わらずの言い合いとなる。
転院した赤ん坊を引き連れ、改めて新城正臣(吉岡秀隆)のもとで診てもらいたいと訪ねてくる仲川志保(中村優子)。以前からひかりが作っていた赤ん坊のアルバムを見せると、「育てる自信がないんです。・・・産まなきゃよかった・・・」と思わず漏らす。
その頃、陽(柄本佑)と永原香澄(橋本愛)は初公演の成功を祝って劇団員たちと飲んでいた。そこへやってきた旦(野村周平)は、香澄を呼ぶと、勇気を振り絞って「つきあってほしい」と告白する。そこへ陽がやってきて、香澄は・・・。

第6話

永原香澄(橋本愛)と付き合うことになった佐藤旦(野村周平)は、浮かれまくる。それを見た陽(柄本佑)は、受験でつまずかなければいいが、と皮肉を言う。
ひかり(満島ひかり)は、新城正臣(吉岡秀隆)からリサ・ローブのライブに誘われる。リサ・ローブは新城が学生時代から好きだったシンガー・ソングライターだという。嬉しいひかりは、大量のCDを買い込んで予習を始める。旭(妻夫木聡)は、そんなひかりを黙認する。
同じ頃、屋代多香子(長澤まさみ)の家の倉庫でギターを見つけた暁(瑛太)は、それをつま弾く。そこへ来た多香子は、ギターを捨てといてくれ、と頼む。暁がひかりの影響で最近ずっと聴いていたリサ・ローブの曲を弾くと、多香子は彼女の曲を聴いてギターを始めたのだ、と明かした。
ライブ当日、会場には「チケット譲ってください」と書かれたボードを持った暁がいた。チケットを取っていないにも関わらず、多香子が行きたいと言い出したのだ。そこへ遅れて多香子がやってくる。ライブ用にドレスアップした彼女に、暁は目を奪われる。さらに、ひかりと新城もやってくる。そこで、新城の携帯が鳴った。相手は妻の美穂(斉藤由貴)で、新城のマンションにいて、そばには旭もいると言う。後で連絡すると言うと、新城はチケットをひかりに渡してその場を去る。それを見送るしかないひかり。暁は、ひかりが手にしたチケットを取り上げ・・・。

第7話

ある朝、旭(妻夫木聡)と梓(蒼井優)は、子供に付ける名前をめぐって口論していた。旭のアイデアにあきれた梓は、旭ら兄弟のように「太陽」をイメージした名前にしてみては、と提案。旭は、旭と梓のように「あ」から始まって、太陽をイメージする名前を考え始める。
その頃、旦(野村周平)は、陽(柄本佑)がしていたブレスレットが香澄(橋本愛)のものと同じだと気づき、ショックを受ける。
一方、新城(吉岡秀隆)から大事な話があるので会いたい呼び出されたひかり(満島ひかり)。行き場を失った2人の関係に、ひかりは・・・。
翌朝、旭の出勤後に、梓がやってくる。洗濯物を片付けようと旭の部屋にあがった梓だが、お腹に激痛が走り倒れ込んでしまう。救急車を手配し、自分が勤める病院へ梓を連れていくひかり。慌てて駆けつけた旭は、帝王切開の手術が行われていると聞かされ・・・。

第8話

佐藤旭(妻夫木聡)は、娘・あかりの容態が安定したことに安堵する。嬉しくてあかりにあれこれ話しかける旭を、梓(蒼井優)はほほ笑ましく見る。
そんな折、香澄(橋本愛)の裸の画像がインターネット上に流出するという事件が起こる。陽(柄本佑)に事情を聞かれた香澄は、旦(野村周平)の携帯カメラで撮ったものだと明かした。
陽が問いただすと、旦はそれを認め、1枚載せたくらいじゃ誰も気付かない、と開き直る。その態度に怒りが爆発した陽は、自分のやったことの意味が分かっているのか、と旦を責め立てる。
画像はすでに香澄の学校でも話題となっていて、香澄は追い込まれる。芝居の稽古を休んだ香澄を心配して陽が自宅を訪ねると、香澄は部屋に閉じこもっているという。
陽から事情を聞いた旭が血相を変えて自宅に戻ってきた。そんな旭にひかり(満島ひかり)は、旦は追い詰められたら何をするかわからないから、叱る前に話し合おうと提案。何をするのか、と聞いた暁(瑛太)に、陽は旦が高校を退学するきっかけになったある出来事を話す。
押し入れに閉じこもる旦を引っ張り出した旭は、香澄の自宅に連れていく。応対した父(鶴見辰吾)と母(山下容莉枝)の後ろから、香澄が現れた。

第9話

暁(瑛太)は、最近、多香子(長澤まさみ)が携帯メールを受け取る度に顔を曇らせていることが気にかかる。
そんな折、暁が自宅に戻ると顔を腫らした旭(妻夫木聡)が、梓(蒼井優)に手当てをしてもらっていた。警備の仕事中、手を出してきた客と殴り合いになったのだという。梓は、父親の自覚を持つように、と旭を叱る。
別の日、旭と梓は新城(吉岡秀隆)からあかりの容態について説明を受けていた。気道が炎症を起こしているものの深刻な状況ではないと言われるが、梓は不安が晴れない。そんなふたりを、ひかり(満島ひかり)が見ていた。
一方、暁と多香子が農作業を終えた頃、多香子の携帯に「土居正登」という人物から着信があった。暁は、電話に出ずおびえる多香子に、メールの送り主と同じか、と尋ねる。多香子は、土居(鈴木一真)は著名な音楽プロデューサーで以前接点があったのだ、と答える。
同じ頃、自宅で台本の直しをしていた陽(柄本佑)は、旦(野村周平)に書き直したせりふの感想を聞く。旦は、自分のせいで香澄(橋本愛)が劇団を辞めざるを得なくなったことを謝る。
その頃、旭は夕食の支度をしていた梓に買い物を頼まれ家を出る。旭に付き合った暁は、コンビニの雑誌コーナーで土居が特集された雑誌を見つける。
ふたりが自宅に戻ると、ひかり、陽、旦、梓が食事を始めていた。多香子の不在に気づいた暁が聞くと、電話をしに行ったという。嫌な予感がした暁は・・・。

第10話

旭(妻夫木聡)は、ひかり(満島ひかり)や梓(蒼井優)が見守る中、容態の安定したあかりを抱き上げて男泣きする。
1カ月後、佐藤家のリビングで旭がはしゃいでいた。そろそろあかりの退院が決まる頃だが、そこへ新城(吉岡秀隆)から呼び出しがあったため、これは間違いない、と言うのだ。暁(瑛太)らはいぶかしがるが、旭は聞く耳を持たない。
その後、梓とともに病院を訪ねた旭に、新城はあかりの精密検査の結果を伝える。
夕方、陽(柄本佑)と旦(野村周平)は、旭が寿司を買って帰ってくるのを待っていたが、帰宅したのはひかりだった。ひかりは、兄弟たちにあかりの検査結果について話した。そこへ、寿司を手にした旭と梓が帰ってくる。
そんな頃、新城に、ある大学病院の教授職への推薦話が舞い込む。上司からそれを伝えられた新城は、少し考えさせてほしいと頼む。
同じ頃、意を決して学校へ行った香澄(橋本愛)だったが、机の中に裸の画像のコピーが入っていたために早退してしまう。
一方、仕事場にいた旭にひかりから電話がかかってくる。搾乳に来るはずの梓が病院に来ていないという。それを聞いた旭は・・・。

第11話

多香子(長澤まさみ)から、佐藤家の土地に買い手が付いたと聞かされた旭(妻夫木聡)は、土地を手放す決心をする。その決断に暁(瑛太)らは猛反発するが、旭は自分が売ると言ったら売るんだ、と譲らない。
その後、梓(蒼井優)とともに病院に行った旭は、そこで会った新城(吉岡秀隆)に土地の話をする。新たな一歩を踏み出すために売るんだろう、と新城は旭の心情を察する。
同じ頃、劇団の稽古場に向かって歩いていた陽(柄本佑)と旦(野村周平)は、自分たちの将来の不安を口にする。そんななか、稽古場の扉を開けると、そこに香澄(橋本愛)がいた。
暁は多香子とともに、多香子の兄・正一(小林高鹿)に会いに行き、土地の権利書の返却を頼むが断られる。証券マンの正一は、土地を売った金の使い道はすでに決まっているため、その代わりになる金がなければ無理だと言う。暁は、自分が多香子の母から奪った3000万円が手つかずだと切り出した。
そんな夜、旭は、ひかり(満島ひかり)、陽、旦に、土地を売ることは自分たちが旅立つきっかけになる、と話していた。そこへ、暁が帰ってきて3000万円のことを明かした。旭が、金があるなら今すぐに持ってこい、と言うと、暁はシャベルを持って家を出ていく。そのあとを旭が付いて来て・・・。

出典:FOD

YouTube関連動画


オープニング曲:森山直太朗「若者たち」

違法動画サイトの利用はウイルスに感染する危険があります!

パソコンやスマホが突然動かなくなってしまったり、パソコン内保存していたクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

上記のことを防ぐために、動画を視聴したい場合は公式の動画配信サービスを利用しましょう。

無料視聴期間もあり、安心安全に視聴ができます!

ドラマ『若者たち2014』動画配信情報

▼おすすめ動画配信サービス

動画配信サービス 配信 動画視聴

U-NEXT
×
配信
なし
31日間無料
お試しする
pt1,200付与

FOD

見放題
2週間無料
お試しする最大pt1,300付与

Paravi
×
配信
なし
2週間無料
お試しする
Hulu ×
配信
なし
2週間無料
お試しする

TELASA
×
配信
なし
15日間無料
お試しする

Amazon video
×
配信
なし
30日間無料
お試しする

TSUTAYA DISCAS

レンタル
30日間無料
お試しするpt1,100付与

ドラマ『若者たち2014』を見逃し無料視聴する!

▼ドラマ『若者たち2014』はFODで配信中!
1966年放送『若者たち』も配信中です♪

FODプレミアム
月額料金 月額976円(税込)
無料期間 2週間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 5万本以上
作品ジャンル フジテレビ系列ドラマアニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
特典 最大1,400円相当のポイント配布、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 ◯雑誌、漫画

各動画配信サービス詳細

Paravi
月額料金 月額1,017円(税込)
無料期間 2週間
課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上以上
配信作品ジャンル TBS・テレ東・WOWOWドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
会員特典 新作映画やレンタル作品を無料で
1本視聴可能なチケットを毎月プレゼント!
電子書籍 ×
Hulu
月額料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
課金 個別課金なし
配信数 7万本以上
配信作品ジャンル 日テレ系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
電子書籍 ×
TERASA(テラサ)
月額料金 月額618円(税込)
無料期間 15日間
配信数 1万本以上
配信作品ジャンル テレ朝系列ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、特撮系
電子書籍 ×
U-NEXT
月額料金 月額2,189円(税込)
無料期間 31日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 22万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,200円相当のポイント付与、対象雑誌・漫画読み放題
電子書籍 雑誌、漫画、書籍、ラノベ
Amazon video
月額料金 月額料金500円(税込)/年間プラン4,900円(税込)
※年間プランは1,100円お得
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ
アマゾンプライム特典 対象の映画・TV番組見放題
お急ぎ便、お届け指定便使い放題
Prime Music200万曲聴き放題
対象電子書籍が読み放題
TSUTAYA DISCAS
月額料金 月額2,659円(税込)
無料期間 30日間
見放題 ◎対象作品は見放題
個別課金 ◯レンタル作品あり
配信数 1万本以上
作品ジャンル ドラマ、アニメ、映画、国外ドラマ、バラエティ、R-18
特典 毎月1,100円相当のポイント付与
電子書籍 ×

ドラマ『若者たち2014』感想コメント

デキ婚、前科持ち、不倫、ニート、中退、、、様々な事情を抱える兄弟が、不器用ながらも心の奥底にある感情をむき出しにしてぶつかり合いながら、兄弟のため、愛する人のため、そして自分のために成長する物語は見ていてとても愛おしくなりました。(20代女性)

出演者の中でも妻夫木聡のファンであることから1話から毎週楽しみに観ていました。毎回兄弟それぞれが人間味溢れる内容で自分の心との闘いをしていました。特に、旭と梓との間に生まれたあかりちゃんがNICUで一生懸命生きていく姿が忘れられず自分の出産の際はそのシーンが思い出され我が子が元気で生まれてきてくれたことに感謝をしたました。放送後も時々見返しては毎回感動してしまいます。(30代女性)

ドラマの中で長澤まさみさんがギターを弾きながら歌うシーンがあり、そのシーンがとても印象に残っています。長澤まさみさんって歌も上手いんだー✨と感心した記憶があります。満島ひかりさんと二人のシーンだったと思いますが、満島さんの演技も良かったです。(30代女性)

とにかく出演者が豪華。演技派の人ばかりで見応えがあった。2014にしては昭和感?少し古いように感じたけど、家族の熱さ、絆が本当に良かった。あとは長澤まさみが綺麗すぎた…。瑛太と長澤まさみのシーンが好きで心に残ってる。(20代女性)

本作のドラマは過去に1度放送されたものをリメイクしたものだと知ったのは随分とあとになってからでした。しかしながら、題材としては時代関係なく通用するものであったために何の違和感も抱かずに観られて良かったです。(20代女性)

関連作品