【使用感レビュー】防水LEDランタン「Led Wilding Light」

【使用感レビュー】防水LEDランタン「Led Wilding Light」

皆さんはキャンプで上手く、くつろぐスペースを照らすことができなかったり、魅力的な明かりがないと感じたことはありませんか?

本記事で紹介する防水LEDランタン 「Led Wilding Light」 は、ランタン初心者でも取り扱いがしやすいことが特徴です。

自由にライトの方向をカスタマイズできるので、初めてのLEDランタンとして特におすすめ。

こんなキャンプができるよ
・暖かな光に照らされた雰囲気のあるキャンプ
・こどもが飲み物をこぼしてしまっても安心
・スマホの充電もできる

それでは早速「Led Wilding Light」の実力を見て見ましょう!

makuake:【キャンプで電源と灯りに困らない】USBでもソーラーでも充電。防水LEDランタン

防水LEDランタンの「Led Wilding Light」とは?

「Led Wilding Light」 はランタンとしての使いやすさはもちろんのこと、モバイルバッテリーとしても扱うことができます。

防水性能もあるので、トラブルの起きやすいアウトドアでもハードに使用できることが魅力です。

コンパクトでも最大1200LMの明るい光

防水LEDランタンの「Led Wilding Light」 は、コンパクトでありながら、最大1200ルーメンという明るさで照らすことができます。

光量は300LM、600LM、1200LMと3段階あるので、照らしたい範囲に合わせて調節することができます

最長約55時間連続照明が可能でソーラー充電もUSB充電も可能

いくら明るくても一晩持たないようなランタンは使い物になりません。

「Led Wilding Light」 は最長55時間連続使用ができるモデルなので、安心して扱うことができます

IPX5の防水仕様

キャンプでよくあるのが飲み物をこぼしてしまったり、外に設置していたら朝露で濡れてしまったりすることです。

そういった場面でも 「Led Wilding Light」 であれば国際的な防水規格IPX5クラスの防水機能付きで雨の中でも利用できるほどです。

さすがに川の中に落としたりしたら大丈夫な保証はないから、
通常使用の範囲で使おうね

「Led Wilding Light」 を使うメリット

そんな 「Led Wilding Light」 ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット
・ライトの色を3種類選択でき、キャンプの雰囲気を高めるライティングができる
・ライトの角度を自在に変更でき、レイアウトに合わせたセットができる
・ソーラーとUSBの2つの充電方法を併用できる

ライトの色を3種類選択でき、キャンプの雰囲気を高めるライティングができる

ライトの色味ででキャンプの雰囲気が変わってくるよ
基本的にはデフォルトの光温度1が温かい雰囲気でおすすめだよ

こんな雰囲気のあるキャンプがしてみたいね

あとはキャンプと言えば、思い出となる写真を撮ることも多いでしょう。

そういった場面でも「Led Wilding Light」 は活躍できます。

ちょっとしたものを撮る際にも、自在にライトを当てることができるので、より美しく撮影することができるんです。

料理を撮る場合は、
光が当たる反対側から撮影すると綺麗にとれるぞい

ライトの角度を自在に変更でき、レイアウトに合わせたセットができる

使ってみて良くわかるのが、ライトの向き調節が非常に操作しやすくなっているということ。

微妙な角度の調整もバッチリ応えてくれます。

マグネットもついているので、金属製品にくっつけて使うようなこともできるのが面白いです。

ソーラーとUSBの2つの充電方法を併用できる

充電方法が2種類あるので、日中は晴れた日はソーラー充電で充電して使うことができるし、曇りの日はキャンプ用のバッテリーやモバイルバッテリーで充電することもできる。

古いモデルだと充電口がmicro-usbであることもあるので、現在主流であるType-Cであることも嬉しい点です。

逆にバッテリーが余っているときは、スマホの充電をすることもできるよ

「Led Wilding Light」 を使う上で気になること

デメリット
・明かりはおしゃれでカッコいいが、ライト本体はクラシックなランタンほどの雰囲気はない
・約480gとやや重量があること

ライト本体はクラシックなランタンほどの雰囲気はない

「Led Wilding Light」 は昔ながらのクラシックなランタンの姿を求めるキャンパーには不向きです。

オイルランタンやガスランタンなどの手間がかかるランタンの方が好きという方もいるかもしれません

そういった方でも 「Led Wilding Light」 の利便性と使いやすさを知れば、クラシックな雰囲気のあるランタンにはない魅力を知ることができるでしょう。

約480gとやや重量があること

「Led Wilding Light」 はランタンとしては特別軽いとは言えません

公共交通機関を利用したソロキャンパーで軽さを重視しているような方であれば、やや気になる重さかもしれません。

オートキャンプが多い
ファミリーキャンパーの我が家では気にならないね

防水LEDランタン 「Led Wilding Light」 のまとめ

本日ご紹介した 防水LEDランタン 「Led Wilding Light」 は、キャンプに必要な性能が詰まった魅力的なランタンでした。

利便性が高く長く使えるランタンと感じましたので、ぜひ検討してみてください。

こんな方におすすめ
・レイアウトを最大限活かしたライティングがしたい
・ソーラー充電ができるランタンが欲しい
・雨の日でも安心な防水ランタンが欲しい

クラウドファンディングでの先行販売なので、期限が過ぎると購入のチャンスを逃してしまうかもしれません。

しっかりチェックしておきましょう

makuake:【キャンプで電源と灯りに困らない】USBでもソーラーでも充電。防水LEDランタン