「縦の空間」を効率的に使うギア、5050 WORKSHOP「2 Way stand」と「MINIMA Light」

「縦の空間」を効率的に使うギア、5050 WORKSHOP「2 Way stand」と「MINIMA Light」

テーブルの挟み込むだけで一気に効率がよくなる「2WAY STAND」


キャンプのサイト内はなるべく行動導線をスッキリさせて、移動距離をなるべく数歩以内に、そして探し物をする時間を最小限にすると、ただでさえ楽しいキャンプがさらに楽しさ瀑上がりします。そのためには「いかに縦の面積を効率的に使うか」が重要です。


5050 WORKSHOPの2 WAY STANDはテーブルの天板に挟んで固定して、先が2つに別れたスタンドです。先端にライトを取り付け、ポールの中央にカスタムパーツのPLATEを取り付ければ、調味料などをまとめたり、シェラカップを重ねて置ける便利な収納スペースが生まれ、文字通り「縦の空間」をとても効率的に使えます。


しっかり照らすもムーディーな光も全部出来る「MINIMA LIGHT」


良質な万年筆のような、高級感のある重みを感じるLED式ライトの「MINIMA LIGHT」

あたりを明るく照らす白色ライトになり、懐中電灯のように底から光らせて使うこともできます。懐中電灯の場合は約100メートル先まで照らすことができます。

minimalight

 

私もそうですが、どうしても蛍光灯のような白い光が苦手な方には嬉しい、暖色系(オレンジ色)に光の色を変えて、さらにはぼんやりの周りを照らすのにちょうどいい暗さにトーンを落としたモードに変えることも出来きます。

minimalight2

 

MINIMA LIGHTと一緒に使いたい「Retro Shade」「KASA SHADE」


オレンジ色にぼんやりと光るモードに切り替えたときに、もっとムーディな雰囲気な照明にするには「Retro Shade」を併せて使うと最強です。


retroshade

この明かりがとても心地良いので、私はキャンプに行った時は朝からこのライトをONにしています。


周りをある程度明るくしたいけれど、発光体が剥き出しだと眩しいという方は「KASA SHADE」を併せて使うと丁度良い塩梅になるかと思います。


「KASA SHADE」の収納時はピタッと薄く専用のケースに収納出来るので、荷物を少なく済ませたいという方にもおすすめです。

 

モバイルバッテリーにもなっちゃう

MINIMA LIGHTですがなんと2500mAh搭載のモバイルバッテリーにもなります。

専用のケーブルも付属してお届けします。キャンプでスマホのバッテリーが瀕死になったときの強い味方です。


2WAY STNADの下部には「SIERRA PLATE」「PLATE」で更に便利に。

plate

ポールの中央に「PLATE」を組み立てて設置することで調味料やトーチバーナーなどを置いておくのにとても便利な収納スペースをつくることができます。


専用のケースが付属していて、その中から各パーツを組み立てて使うのですが、他のギアではあまり感じられない、プラモデルを組み立てるような感覚になり、これはこれで話のネタにもなって面白いのではないでしょうか。

sierraplate

また、キャンプで必須アイテムといえばシェラカップかと思いますが、意外のテーブルの上に置きっぱなしにしていると作業スペースがなくなりますよね。その問題が「SIERRA PLATE」を組み立てて使うと非常にスッキリ収まります。キャンプで本格的なキッチンを作り上げているようなイメージで楽しみたい方へおすすめです。