今日のプレイリスト#1 「Tokimeki Records」

今日のプレイリスト#1 「Tokimeki Records」

都会の夜を鮮やかに彩る、Tokimeki Recordsの魅力


今日のプレイリストでは、WAITER-Uが厳選した楽曲をご紹介いたします。今回は「Tokimeki Records」です。

Tokimeki Recordsは、2019年に始まったユニットで、懐かしの名曲をカバーするレーベルです。


このレーベルには、Mimeのヴォーカリストである"ひかり"や"Hannah Warm"をはじめ、日本人シンガーのMarian CarmelやアジアのシンガーであるFroyaが参加しています。


懐かしのJ-POPの名曲を見事に都会の夜が似合う雰囲気に


2020年6月には、竹内まりやの「Plastic Love」や中森明菜の「OH NO, OH YES!」を収録した7インチレコード「OH NO,OH YES!」がリリースされ、予約受付前から問い合わせが殺到し、即日完売となりました。さらに、この7インチレコードはオリコンチャートの30位にランクインし、Spotifyではカイリー・ミノーグのカバー曲「Turn It Into Love」がアジア9カ国のNew Music Fridayにセレクトされました。


Tokimeki Recordsは、シンセを強調したエレクトロ・ブギーなサウンドと官能的な歌声を持つシンガーたちによって、アダルトでメロウな夜のストーリーが音楽で表現されています。都会の夜に浸る人々にとって、このノスタルジックな音楽プロジェクトは心地よいひとときを提供してくれることでしょう。


Tokimeki Recordsは、80-90年代の往年のシンガーから最新の曲まで幅広いカバー曲を手がけることで知られています。2019年に本格始動し、現在までに多くのカバー曲をリリースしてきました。また、2021年には初のオリジナル楽曲「SLEEP PARTY」をタイのシンガー・mindfreakkkを客演に迎えてリリースし、さらなる注目を浴びました。さらに、2022年秋には初のオリジナル・アルバム『透明なガール』のリリースも予定されています。


Tokimeki Recordsのディスコグラフィには、竹内まりやの「Plastic Love」やオリビア・ニュートン・ジョンの「Physical」など、数多くのカバーソングが含まれています。彼らのライブやイベントも精力的に行われており、2021年11月30日に開催された「トキメキ倶楽部」は東京キネマ倶楽部で大成功を収めました。


Tokimeki Recordsの活動は、音楽ファンの注目を集めており、魅力的なカバーソングやオリジナル楽曲、そして熱いライブパフォーマンスが多くの人々に支持されています。今後も彼らの最新情報や活動をチェックして、音楽の魅力に浸ってみてはいかがでしょうか。


WAITER-U PLAYLISTはこちらから。