今日のプレイリスト#24「Gerard Jan Joling(ジェラルド・ヤン・ジョーリング)」

今日のプレイリスト#24「Gerard Jan Joling(ジェラルド・ヤン・ジョーリング)」

今日のプレイリスト。24回目の今回は「Gerard Jan Joling(ジェラルド・ヤン・ジョーリング)」です。


下北沢で行きつけにしているレコード屋さん「フラッシュ・ディスク・ランチ」で購入しました。


このお店は、私が世田谷に住み始めて間もないころからずっと通っているレコード屋で、お店がある限り有効なポイントカードは、50スタンプ貯まると15,000円以下のレコードを何枚買っても半額というやばいシステムが人気のお店です。


オランダの歌手兼テレビ司会者の輝かしいキャリア

ジェラルド・ヤン・ジョーリング(1960年4月29日生まれ)は、オランダの歌手兼テレビ司会者です。彼はその高音のテノールボイスで知られ、1980年代後半に名声を博しました。彼の代表的なシングルには「Ticket to the Tropics」や「Love Is in Your Eyes」があり、アジアでも成功を収め、20枚以上のゴールドディスクやプラチナディスクを獲得しました。

 

1988年には「Shangri-La」という曲でユーロビジョン・ソング・コンテストにオランダ代表として出場しました。

 

彼の最大のヒット曲「No More Boleros」は、ヨーロッパ大陸のいくつかの国でトップ10にランクインしました。この曲は、ポルトガルのクレメンテ、ブラジルのスラ・マズレンガやアス・マルシアナス、ドイツとチェコのカレル・ゴット、ギリシャのデミス・ルソス、アルゼンチンのセミノ・ロッシ、そして南アフリカのオリバー・トーマスやジョージ・メイリングなど、多くのアーティストによってカバーされています。

 

2005年には、ジョーリングと歌手のゴードンが共演するテレビ番組「Joling & Gordon Over de Vloer」が放送され、3シーズンにわたって二人の仕事風景やユーモラスな一面が描かれました。

 

2007年には、SBS 6の「Sterren dansen op het ijs」や「So You Wanna Be a Popstar」の司会を務め、この年はジョーリングにとって再び成功の年となり、2曲のナンバーワンシングルと1枚のナンバーワンアルバム、さらに11枚のゴールドディスクとプラチナディスクを獲得しました。

 

2008年には、オランダのテレビ番組「Wie ben ik?(私は誰でしょう?)」のチームキャプテンとして出演しました。この番組では、キャプテンとゲストがヒントや質問を基に自分が誰かを当てるという内容です。もう一人のキャプテンはパティ・ブラードでした。

 

ジョーリングは、2009年にモスクワで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテストに「De Toppers」のメンバーとして出場する予定でしたが、ゴードンとの対立により一時的にグループを離れました。その後、ジョーリングの代わりにジェローン・ファン・デル・ブームが参加しました。しかし、2009年12月、マネージャーのベンノ・デ・リーウが「De Telegraaf」紙で、ジョーリングとゴードンが再びグループに復帰し、再び四人組となることを発表しました。

 

ジョーリングは、オランダのさまざまなテレビ番組で審査員としても頻繁に出演しています。2018年には「The Voice Senior」、2019年以降は「The Masked Singer」のオランダ版でその姿を見ることができます。

 

ジェラルド・ヤン・ジョーリングの輝かしいキャリアは、音楽とテレビの両方で数多くの功績を残しており、彼の魅力と才能が多くの人々に愛されています。



WAITER-Uではキャンプのみならず、音楽、本、映画もセレクトしています。

Spotifyでプレイリストも作ってますので、よかったらキャンプに行く車の中ででも聴いてみてください。


コメントを残す