都心から30分の横浜にある牧場「こどもの国」

都心から30分の横浜にある牧場「こどもの国」

横浜で牛やラバが見れるとは思いませんでした。ここは田園都市線の長津田から出ていると東急こどもの国線の終点。「こどもの国」です。


こどもの国は、東京都心からたった30キロで、1959年(昭和34年)4月、当時の皇太子殿下(現上皇陛下)のご結婚を記念して、全国から寄せられたお祝い金を基に、1965年(昭和40年)5月5日のこどもの日にこどもの国は開園したそうです。


広さ約100ヘクタール(約30万坪)で、外周道路は4キロ、内周道路は2.4キロあり、雑木林を抜けるように散策道路が縦横に通っています。園内には「ゆうぐひろば」「じゆうひろば」「ミニSL『たいよう号』」「園内バス『あかポッポ号』」などがあり、横浜一長い「110mローラーすべりだい」や「せせらぎ」「つり橋」「サイクリングコース」「ボートのりば」など、さまざまな遊び場が用意されています。


園内の牧場は「株式会社雪印こどもの国牧場」が経営し、エサをあげることができる「ウシ・ヒツジのぼくじょう」や、動物とふれあえる「こどもどうぶつえん」、ポニー牧場などがあります。横浜でここまで本格的に牧場に来た気分になれるとは思っても見ませんでした。


日本の野鳥の「オシドリ」

牧場の中に野鳥が放し飼いされていて、鳥たちと触れ合える空間があるのですが、そこでこんなキレイな鳥を見つけました。


この鮮やかさ、絶対にワビサビを重んじる日本の鳥ではないだろうと思いながら、Google Lensで調べてみると、まさかの日本の野鳥「オシドリ」でした。


北海道から本州の比較的広い範囲に生息をしていて、寒い季節になると日本の南側に移動してくる渡り鳥のようです。


都心からたった30分程度で体験できる非日常。こここどもの国にもキャンプ場やBBQ場があるようなので、WAITER-Uで発信しているYouTube「WAITER-Uのつくいさん」チャンネルでもぜひ活用させていただこうかと思います。